ブログトップ

青葉塾 塾長ブログ

志願状況7


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


2019年2月1日(金)
2492号 「公立高校志願状況その7」

春から青葉塾は進化します!
「Aoba Reborn!」
①3月入塾は3月分月謝→無料!
②講習会から入塾で→講習料無料!
といった特典もあります。
詳しくは資料請求を!

1月はあっという間に過ぎ去り、はやくも2月です。
2月は如月です。
日本では旧暦2月を如月(きさらぎ、絹更月、衣更月と綴ることもある)と呼び、現在では新暦2月の別名としても用いる。「如月」は中国での二月の異称をそのまま使ったもので、日本の「きさらぎ」という名称とは関係がない。「きさらぎ」という名前の由来には諸説ある。

十五の春は、挑戦の春です。
平成31年公立高校入試の志願状況が発表になりました。
今日はその7です。
いわば番外編です。

今日は千歳高校です。
千歳高校は苫小牧からみれば、「校区外」になります。
千歳高校には
普通科(定員240名)
国際教養(40名)
国際流通(80名)
の三学科からなっています。

普通科は学区の「しばり」があるので
石狩学区以外からの受験者は定員の5%となっています。
しかし、一昨年、昨年と普通科は二次募集がでました。

今年は初回で296名(5%で19人)となっています。
5%の枠が12人ですから、ここから7名も不合格です。
定員が240名ですので単純に296-240=56名もの
不合格です。これは結構、厳しい数字です。

苫小牧市の西部地区からみると「なんで、千歳~」になるのですが、東部の沼ノ端、青翔地区からみれば、苫小牧南に行くことを思えば・・・かえって近いのです。それでいて、合格ラインは苫南とほぼ同程度です。道コンSS50です。しかし、進学実績は生徒数も多いこともあるのでしょうが、苫南より上~なのです。となると、選択肢として「おもしろい」ことになります。そのあたりが浸透したのでしょうか・・・また、2年連続の定員割れ、二次募集のせいでしょうか・・・今年は大変です。といっても、実は25名程度の当日欠席が見込めますので実際は30名ほどの不合格となります。でも、大変ではあります。

今年の千歳の普通科は苫南より大変!
校区外の枠はCにアップする・・!?
きっと最終は10~15名ほど減るようには思いますが
でも、ここ二年間のようなわけにはいきません。
まさに、点数勝負です。
実は二年ほど続けて青葉塾から受験者がいたのですが
今年はいないので・・・今年は余分な心配がない~
です・・・



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング
# by Topzemi-aobajuku | 2019-02-01 16:41 | 大野木塾長 | Comments(0)

志願状況6


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


2019年1月31日(木)
2491号 「公立高校志願状況その6」

春から青葉塾は進化します!
「Aoba Reborn!」
詳しくはお電話で!

十五の春は、挑戦の春です。
平成31年公立高校入試の志願状況が発表になりました。
今日はその6です。
苫小牧総合経済高校です。

流通経済が定員80名、
国際経済、情報処理が各定員40名で
総定員は160名です。

それではみてみましょう。
「当初」は1回目の志願状況、
「最終」は推薦も決まり、まさに最後の志願状況です。
「-」は志願変更での減です。
総経も苫工同様に職業科です。
普通科から職業科(専門課程)への志願変更でできなため
実質は学科間での変更となっています。
つまり総志願者数はほぼ変化なしなのです。
このあたりは苫工と同じです。
つまり今回の総志願者数でほぼ決まりです。

総経です。定員は160名です。
平成26年 当初162名 最終162名 0名 
最終不合格者1名 
平成27年 当初153名 最終155名 +2名 
最終不合格者0名 二次募集あり。
平成28年 当初178名 最終178名 0名 
最終不合格者16名!
平成29年 当初167名 最終168名 +1名 
最終不合格者4名
数が合いません・・・が・・・
定員160名で168名なら8名が不合格ですが・・
そうです。当日、欠席です。
29年度は4名が欠席ですので、実質の不合格者は4名なのです。
ただ、総経の欠席は多くはありません。
例年、1名~3名程度です。
平成30年 当初168名 最終168名 +1名
最終不合格者6名
そして
平成31年 当初163名 最終  名  名
最終不合格者  名

どうでしょうか・・・平成26年に最終162名がありましたがその年は結局、不合格者は1名でした。となると~今年も「運がいい~」!現時点での不合格者は3名ですが当日欠席が3名としたら二次募集の可能性もあります。これはもう~やはり~!「落ちる方が難しい!」と思った方がいいです。後は、160分の1の確率(それはそれですごい確率です・・・落ちるのが1名程度でしょう)にならないように、今できること、今やるべきことをやりきることです。頑張って下さい。
合格はもう見えています!


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング
# by Topzemi-aobajuku | 2019-01-31 09:59 | 大野木塾長 | Comments(0)

志願状況5


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


2019年1月30日(水)
2490号 「公立高校志願状況その5」

入会案内 完成~!
今春は「Aoba Reborn

十五の春は、挑戦の春です。
平成31年公立高校入試の志願状況が発表になりました。
今日はその5です。
苫小牧工業です。
人気の苫工です。
進学を考えない場合、管内では抜群の就職実績を誇っています。
(苫小牧高専は別物ですが・・・)
そのあたりに人気の秘密があるようです。

定員は240名ですので1学科40人で6学科あります。
人気は「電子機械」ですが、難易度も高いので
ここ数年は敬遠されぎみのようです。
何と二年続けて二次募集もでました。
が、三度目はなかったようです。
しかし~意外にも・・・・

それではみてみましょう。
「当初」は1回目の志願状況、
「最終」は推薦も決まり、まさに最後の志願状況です。
「-」は志願変更での減です。
普通科から職業科(専門課程)への志願変更でできなため
実質は学科間での変更となっています。
つまり総志願者数はほぼ変化なしなのです。
このあたりが普通科と大きくことなります。
つまり今回の総志願者数でほぼ決まりです。

苫工です。定員は240名です。
平成26年 当初246名 最終246名  0名 
最終不合格者0名 二次募集がでました!
平成27年 当初293名 最終292名 -1名 
最終不合格者36名
平成28年 当初329名 最終329名  0名 
最終不合格者74名!
平成29年 当初289名 最終288名 -1名 
最終不合格者24名
平成30年 当初272名 最終272名  0名
最終不合格者18名

平成31年 当初274名 最終  名   名
最終不合格者  名

どうでしょうか・・今年も運がいい~現時点での不合格者は34名ですが当日欠席が15~20名ほど見込まれます。となれば実際は15名ほどしか落ちません!「先生、それでもまだ15名も落ちるんですか・・」とお考えになるかもしれませんが、平成26年は別にして、この5年間ではほぼ昨年同様の志願者数となっています。平成28年と比べると50名も違うのです。「チャンスだ~」「俺は運がいいぞ~」と思って、あと一ヶ月ひたすら勉強です。もう一点書くとすれば、人気の電子機械ですが、現時点で+9ですので、電子機械だけ定員割れの可能も十分あります!定員割れしなくとも第二希望で合格がでるはずです。第二希望に電子機械を書いた人はお楽しみです

後は総合経済です。
続きます。

一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング
# by Topzemi-aobajuku | 2019-01-30 14:43 | 大野木塾長 | Comments(0)

志願状況4


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


2019年1月29日(火)
2489号 「公立高校志願状況その4」

新年度、青葉塾はAoba Reborn!

十五の春は、挑戦の春です。
入試にはいろいろなドラマがあります。

「この子は厳しいな・・・」

「あの子もダメ元だね・・・」

といって送り出した子が
見事に合格~!
といったことはよくあることなのです。

その実、入試の結果は誰にもわからないことなのです。

「絶対、無理~」
といった子が受かること・・・
結構、あります・・・
が、その逆はあまり、記憶がありません。

大学入試と違って高校入試は大きな倍率にはなりません。
大概が、1.2倍~1.4倍あたりです。
たまに1.8倍とかになるときもありますがそれは例外です。
大学入試のように実質倍率が3倍とかになると
やはり力のある人が実力通りに合格します。
しかし、1.2倍程度であれば、「落ちる方が難しい」
のです。
ただ、最低ランクであったり、実力点が足らない場合は
不合格の可能性はあります。
その可能性を、本人が、またそのお宅がどう考えられるのか、
そこに行き着きます。

「入試はやってみなければわからない」のです。
可能性は常にあります。
道コンの合格可能性は、あくまでそのテスト時点の可能性にしか過ぎません。
今日からでもまだ入試まで一ヶ月もあるのです。
まだまだやるべきとは一杯あります。
塾屋さんは子供たちを叱咤激励し、
その可能性を追い求めるのみなのです。

しかし、その挑戦を可とするのか、
不可とするのかはその子自身、
またそのご家庭の考え方なのです。

中には「落ちてもいいから挑戦してみな~」
といったご家庭もあるでしょうし、

「やっぱり私立はお金もかかるし・・」
「無理しなくてもいいんじゃない・・」
といったご家庭もあるのです。

そこにはもう入れません。
いろいろと資料を提示しお話しすることはできます。
ただ、やっぱり、それは予想でしかありません。
誰にもわからないのです。
ただ、どちらにしてもはっきり言えるのは
「頑張ること!」
「頑張らせること!」
なのです。
受験生のみなさん、
あと一ヶ月、まずは努力あるのみです!
頑張ってください!


さて、平成31年公立高校入試の志願状況が発表になりました。
今日はその4です。

今日は白老東です。
定員は80名ですので学年2クラスです。

「当初」は1回目の志願状況、
「最終」は推薦も決まり、まさに最後の志願状況です。
「-」は志願変更での減です。

白老東です。定員は80名です。
(平成26年、27年は定員120名です。)
平成26年 当初155名 最終155名  0名 
最終不合格者31名
平成27年 当初120名 最終120名  0名 
最終不合格者-3名(二次募集)
平成28年 当初74名 最終79名  +3名 
最終不合格者-4名(二次募集)
平成29年 当初95名 最終95名  0名 
最終不合格者7名
平成30年 当初96名 最終98名  +2名
最終不合格者18名
そして今年
平成31年 当初76名 最終  名   名
何と言うことでしょう~!
現時点で、定員割れです。
志願変更で3~5名ほど増えると思います。
が、当日欠席も考えると・・・
となると~
やはり定員割れは濃厚です。
受験生はほぼ全員合格でしょう!
昨日も書きましたが公立を!って場合はチャンスです。
志願変更も間に合うはずです。
平成26年は31名が不合格で、
27年、28年と定員割れ全入で、
昨年は18名の不合格がでたのに・・・
今年はまた、定員割れの可能性大です。
年々の運、不運を感じざるを得ません。
ということで、今年は受験自体を楽しんできて下さい~!
合格間違いなし!

続きます。

一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング
# by Topzemi-aobajuku | 2019-01-29 10:34 | 大野木塾長 | Comments(0)

志願状況3


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


2019年1月28日(月)
2488号 「公立高校志願状況その3」

「平成31年入会案内」できました。
3月4日(月)開講です。

「春季講習要項」できました。
3/18(月)開講です。
「春だけクラス」、「春だけ個別」と選択できます。
近々、ホームページにアップします。
お急ぎの方はお問い合わせ下さい。

塾生は本日より順次、配布していきます。
今年は「Aoba Reborn !」


十五の春は、挑戦の春です。
平成31年公立高校入試の志願状況が発表になりました。
今日はその3です。

今日は苫西です。
苫南は新設校(といっても開校43年目ですが)で、
その前は普通科は苫東、苫西しかありませんでした。
また、苫西には商業科もあったのですが、これは
現在の苫小牧総合経済に統合され、総経が開校したのです。
開校したのが1990年(平成2年)ですのでこちらも
そろそろ開校30周年となります。

それでは同じように過年度をみてみます。

「当初」は1回目の志願状況、
「最終」は推薦も決まり、まさに最後の志願状況です。
「-」は志願変更での減です。

苫西です。定員は160名です。
平成26年 当初172名 最終177名 +5名 
平成27年 当初179名 最終194名 +15名
平成28年 当初176名 最終180名 +4名 
平成29年 当初173名 最終173名  0名
平成30年 当初183名 最終184名 +1名

そして今年、平成31年は
平成31年 当初181名 最終

前年度比で-3名です。前年並みです。単純に21名の不合格ですが・・・どうでしょうか・・・ここ2年ほど志願変更はほとんどありませんでした。今年は、苫東、苫南ともそんなに大きな(大変な)倍率でないことを考えればほぼ志願変更はないように思います。が白老東が定員割れですのでここで白老に変えると白老東の合格はほぼ間違いなしです。どうしても公立にこだわるなら志願変更もありでしょう。が、現時的には、志願変更は難しいかもしれません。予想は+2名です。最終は183名で当日欠席6名、183-6=177名の受験、不合格は17名あたりでしょうか・・・・どちらにしても15名~20名の不合格はでそうです。気合いが必要です。
ラインは前年並みで落ち着くはずです。合格平均ランクはFの上、Eの下あたり、道コンSSは44でしょう。まず、当日150点を目指しましょう。150点あればほぼ大丈夫でしょう。

続きます。

一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング
# by Topzemi-aobajuku | 2019-01-28 11:14 | 大野木塾長 | Comments(0)