人気ブログランキング |

<   2019年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

十五の春特別編   

2019年 11月 14日


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

新しく「ブログ村」です。応援のワンクリックをお願いします。


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!


新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら

2019年11月14日(木)
2615号 「十五の春特別編」

特別編です。苫小牧高専です。
以前の記事との違いは、入学時には「創造工学」一学科となり
二年時に各専門の学科に分かれることになります。
入学後一年かけて、自分の適性をじっくり考えることができますので
いいことだと思います。
また、下の記事で「Cランク程度」となっていますが、
252点のDランクが推薦基準です。
基準は決して高くはありません。
ここ2年、推薦の志願者は多くありませんので
「ねらい目」ではあります。
定員200名ですが、地元、苫小牧出身者は例年60名程度だそうです。
では~


「十五の春 特別編」

前回の記事と矛盾するかもしれませんが
一点だけ・・・


苫小牧には、苫小牧高専があります。
就職難のこのご時世に、高専だけは引く手あまた!
昔より減ったといっても、学生一人に対して5社以上もの求人が
あるようです。
高専は5年制ですから、卒業は短大卒となり、大学への編入も
大学3年生への編入となります。
苫小牧高専の一学科の定員は40名、五学科あります。
就職難も手伝って、堅調な人気の高専です。
しかし、入ってからの勉強が大変です。
普通科と違って、途中での変更もできません。
そのため、卒業時にはだいたい一割にあたる4名~5名が
脱落してしまいます。(無論、年度によって変わります)

そんな高専ですが、推薦基準はCランク程度となっています。
そのため、意外と入学時のハードルが高くはないのです。
しかし、中途な気持ちで入学して、こんなはずじゃなかったと
ドロップアウトしてしまう子ども達がいます。

よく、お母さん方から
「下の方で入るより・・・」と聞きます。
しかし、普通科であれば、苫東に下の方で入っても
本人の努力で何とかなっていきます。
また、ほどほどにやっていていも卒業はできます。

しかし、高専は、入る人を選びます。
ほどほどにやっていたら卒業はできません。
一度、留年して、二度目は退学です。
本来、そうあるべきなのですが、中学とのギャップの大きさに
付いていけない子がでるのです。

高専志望の場合は、その点をよく考慮していただきたいと思います。

終了です。ご覧頂き有り難うございました。

一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-11-14 15:39 | 大野木塾長 | Comments(0)

テスト   

2019年 11月 14日



テスト

by Topzemi-aobajuku | 2019-11-14 15:15 | Comments(0)

十五の春10   

2019年 11月 12日


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!


新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら

2019年11月12日(火)
2614号 「十五の春その10」

いよいよ最終回です。

「十五の春10」

いろいろと書いてきました。
もう10回目となりますので最終回とします。

個人的な考えとしては
合格の可能性があって、本人もそれを望み
また落ちた場合の金銭的な問題、
気持ちの問題がクリアーされるならば、
断固、第一希望校に挑戦すべきと考えます。


二度とない人生、「あのとき・・・」と思うよりは
その時々にベストを尽くすべきであると思います。
仮に受験に失敗したとしても、それはそれ、
まだまだリベンジの機会は一杯あります。
さらには、落ちていった私立の方が良かったという場合もあるはずです。
人生に失敗はないといった考え方もあるほどです。

親としても、落ちたら・・・などど考えず、
まずは目の前の勉強に頑張らせるべきです。
きっと、お子さんは大きく成長できるはずです。
また親御さんも成長できるかもしれません。

教育は共育でもあります。


とは言いつつ・・・
落ちるのは・・・
ランクを下げて苫南、苫西なら合格したのに・・
落ちて私立は・・・もったいないし・・・

はもっともです。
苫小牧では苫東、苫南、苫西、白老東と
序列ができあがっています。
Dランクでの苫東は微妙でしょう。
同じくEランクでの苫南も微妙・・・
となるとDランクの子が苫南にすれば・・
ほぼ大丈夫でしょう。
同様にEランクの子が苫西にすれば・・・
ほぼ大丈夫でしょう。
現実に、ランクのない子から落ちるのが入試です。

ならば、安全策をとってランクを下げるのか・・・
でも、行きたいし・・・
となると堂々巡りです。

今一度、その高校でなければならないのか?
落ちても後悔しないか?
そして「伸びしろ」です。
総合的に判断することが必要になってきます。
でも、だれにもその結果はわからないのです。
結果オーライのケースが多くても・・・
それはわかりません。
その年々の運、不運もあります。
入試ですから「絶対」はないのです。
自分を信じ、頑張る。
わが子を信じ、頑張らせる。
それしかないのかもしれません。


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-11-12 14:53 | 大野木塾長 | Comments(0)

十五の春9   

2019年 11月 11日


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!


新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら

2019年11月11日(月)
2613号 「十五の春その9」

いよいよ佳境に入ってきました。

「十五の春9」

十五の春は挑戦の春!

その前に合格可能性を吟味しなければなりません。
合格するための内申ランク、実力点、
そして伸びしろ!

高校入試の場合は、最終の三者懇談は12月です。
冬休みまでには志望校を決めなければなりません。
建前上は・・・・


最終的な願書を出すのは、三学期が始まってからになります。
日程上は、年が明けてからでも間に合うはずです。
しかし、そうはなりません・・・・
それは単純に事務処理上の問題です。
まあ、担任の先生次第だといってもよいかもしれません。

話を戻しますが、12月に決めるとすると
入試本番まで、実はゆうに2ヶ月、3ヶ月も期間があるのです。
高校入試の場合、倍率は高くはありません。
大学入試と比べてです。
倍率が高くないということは、実はまだまだ逆転の可能性を
秘めているということにつながります。
入試までの2ヶ月間、必死に勉強に取り組む・・
そこに、伸びしろがでてくるのです。

しかし、三者懇談ではそのことはあまり考慮されていないようです。
三者懇談時点のランク、実力点で、「君はここだね~」
的な決め方になっているようです。

しかし、その後の冬休み、三学期の頑張りで、大きく伸びる生徒もいるのです。
その伸びしろを見なくてはなりません。

しかし、そのためには経験に裏打ちされた指導力、洞察力が必要となります。
さらには、それは実際に教えている先生でなければわからないものでもあります。

担任が体育や音楽の先生であれば、それはわからないのです。
それは、その担任が悪いわけではありません。
伸びしろは、その子の全体像をみて、教科指導をしなければ
わからないものだからです。

学校の進路指導は、その「伸びしろ」に関しては・・・・

続きます。

一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-11-11 17:55 | 大野木塾長 | Comments(0)

十五の春8   

2019年 11月 08日


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!


新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら

2019年11月8日(金)
2612号 「十五の春その8」

公立の学費は月額9900円です。入学金は5650円です。
方や、私学をみると・・・
立命館慶祥は月額56000円、入学金350000円
札幌光星は月額44960円、入学金332000円
札幌日大は月額39200円、入学金266000円
北海道栄は月額41900円、入学金200000円
駒大苫小牧は月額37800円。入学金180000円
※2019年度をベースでですので20年度は変更の場合あり。
基本的には間違ってないはずですが・・・あくまで参考までに。

この学費の差が私学を苦しめてきたといっても過言ではないかもしれません。
かたや(公立)月額約1万円、かたや(私立)約4~5万円
これが三年間続くわけですからバカになりません。
しかし、現在、「就学支援金制度」があります。
年収の目安として「~910万未満」は月額9900円が支給されます。
年収で900万ですからかなりの額です。
多くの生徒は支援金の対象となるはずです。
で、公立校は実質「無料」です。
私学も「9900円は支給」ですので各月額から9900円減額して
考えることができます。
さらに部活で優秀な子、ランクがA、B、C以上で学力が優秀な子には
多くの学校で、公立を落ちた場合でも「特待生認定」がでます。
で、学費が「実質無料」になったり「実質、半額」になるケースがでるのです。

で、学費の差がなくなった~
先生も総じて熱心~
進学実績もそこそこ~
(公立のランクを下げるよりは、その私学にいった方が進学実績がいい高校もあり)
ならば、公立だめでも第一希望校に挑戦してみようか・・・
といったご家庭がでてくるのも自然な流れです。

しかし、ここで大事な視点があります。
学費の面だけでみていますが、
私学にはそれぞれ「建学の精神」があります。
個々の学校が独自の学校運営をされています。
立命館慶祥の取り組みなどは、とうてい公立ではできません。
どうみても「楽しそう」ですし・・・
また、多くの私学も独自の取り組みをされています。
もちろん「勉強」も大切ですが「その高校でしかできない部活」
「その高校でしかできない体験」があるのです。
学費の差が縮まったこと、さらに私学のユニークな指導が相まって

十五の春は、挑戦の春!

となると今春の札幌です。
難関、東西南北ですが、
札幌南、札幌北、札幌西、札幌東の各定員は320名です。
4校合わせて1280名です。
そこに最終志願者は・・・


何と~1855名です!

1855-1280=575名の不合格です。
倍率は1.45倍ですが・・
結果としてオール5のAランクの生徒でもバタバタと・・・
不合格になっているのです。

では、わが苫小牧をみてみましょう。
苫小牧東、苫小牧南、苫小牧西、白老東が人気普通科、
これに苫小牧工業、苫小牧総合経済を加えると
総定員は1040名です。
苫東、苫南では多くの欠席がでるので、
受験者は1105名です。
最終不合格者でみると1105-1040=65名の不合格です。

続きます。

一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-11-08 10:58 | 大野木塾長 | Comments(0)

十五の春7   

2019年 11月 07日


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!


新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら

2019年11月7日(木)
2611号 「十五の春その7」

バックナンバーの続きです。

「十五の春8」

学費のハンディが私学を苦しめてきたといっても過言ではないかもしれません。
かたや(公立)月額約1万円、かたや(私立)約3~4万円
これが三年間続くわけですからバカになりません。
以前の記事に書いたように卒業するまでの学費負担は私学の場合
公立より約100万円違います。
大変です。
ダイハツのミライースが買えちゃいます!

その流れが、高校無償化で少し変わったように思います。
無償分に、各高校が出している特待生の奨学金を加えると
学費の差がなくなった高校も出てきました。

学費の差がなくなった~
先生も総じて熱心(私学は熱心です)~
進学実績もそこそこ~
(公立のランクを下げるよりは、その私学にいった方が進学実績が
いい高校もあります)

ならば、公立がだめでも第一希望校に挑戦してみようか・・・
といったご家庭がでてくるのも自然な流れです。

うちでもそう考えます。

ならば、十五の春は、挑戦の春!

続きます。

一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-11-07 14:36 | 大野木塾長 | Comments(0)

十五の春6   

2019年 11月 05日


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!


新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら

2019年11月5日(火)
2610号 「十五の春その6」

前回の生徒数の件ですが、気になったので調べてみました。
平成30年度です。
1.東海大付属札幌 
一学年定員280名 三学年定員840名 生徒数961名
2.立命館慶祥
一学年定員305名 三学年定員915名 生徒数952名
3.札幌日大
一学年定員314名 三学年定員942名 生徒数1220名
4.北嶺(高校での募集はなし)
一学年定員120名 三学年定員360名 生徒数370名
5.札幌第一
一学年定員400名 三学年定員1200名 生徒数1298名
6.札幌光星
一学年定員360名 三学年定員1080名 生徒数1348名
7.北海
一学年定員385名 三学年定員1155名 生徒数1378名
8.旭川実業
一学年定員325名 三学年定員975名 生徒数1062名
9.稚内大谷
一学年定員90名 三学年定員270名 生徒数290名
10.帯広大谷
一学年定員260名 三学年定員780名 生徒数810名
11.北海道栄
一学年定員140名 三学年定員420名 生徒数426名

以上の11校が定員充足率100%以上の高校です。

北海道内私立高校51校で
一学年定員は11574名です。
三学年定員は34722名です。
総生徒数は29921名です。
充足率は86%です。
これをどうみるかですが・・・
札幌だけが別格でしょうか・・
地方では現実に定員割れ、もしくは低倍率で
「落ちる方が難しい」状況となっています。
そのような現状での「十五の春」です。

続きます。

一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-11-05 17:47 | 大野木塾長 | Comments(0)

十五の春5   

2019年 11月 03日


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!


新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら

2019年11月3日(日)
2609号 「十五の春その5」

青葉塾では11/9(土)、16(土)と中学生の期末対策勉強会です。
午後4時から9時30分までお弁当持ちです。
5時間は勉強できます。
先生つき!
ただ、今回は希望者となっています。
塾生は一回100円、2回200円です。
12/7のクリスマス会のカンパにあてさせていただきます。
毎回、持ち出しですので今年はとんとんになるかもしれません~
みんなの参加を待っていますよ~
外部生は一回1100円、2回で2000円で参加できます。
※ご希望の方はお電話、メールでお知らせ下さい。

苫小牧では期末の日程が分かれました。
14,15日で終わる学校と21,22日にある学校です。
となると2回目の勉強時にはもう期末が終わってしまうのですが・・・
それでも参加してくれる子がいます。エライです!
方や、希望者になったことを理由に・・・
きっとお母さんには・・・
「家で勉強するから!」
といっているのでしょう・・・
欠席の子もいます・・・
※用事の子もいますので・・・
ただ、優先順位の問題だとも思いますが・・・
でも、それでもいいと思っています。
大切なことは「勉強すること」です。
家でやろうが塾でやろうが同じです。
勉強は「自分でやるもの」なのです。
塾も学校の先生もそのお手伝いをしているだけなのです。
週明けには中3は総合C、そして来週からは期末です。
もう勉強しかありません。頑張って下さい。

さてシリーズの続きです。
ただ、データが古いので・・・
参考までにお願いします。


「十五の春7」

さて、前回の続きです。
ランクを下げてでも公立高に合格することが善・・・
無理に受験したために、落ちて私立に行くことは悪・・・
道新の記事にはそんなニュアンスがあったようにも思います。
私立に行くことは悪?!

現在、私学はどこも生徒が集まらず(定員になっている私学の方が少ない)
生徒募集に苦戦しています。

道内の私立高校(全日制)の数は53校です。
そのうち、定員に対する在籍生徒数の割合(充足率)
を見てみると100%にいっているのは何校あるかご存じですか?
分母は、53校です!



平成23年度のデータですが、

3校!

希望学園(北嶺中高)
札幌大谷
札幌光星
の3校だけです。

しかし、充足率が90%以上の高校が10校ありますから
上位13校はまずまず生徒を集めているといえます。
13÷53ですから約25%の私立高校は何とかなっていることになります。
しかし、残りの75%の私立は生徒集めに苦戦していることになります。
ちなみに、苫小牧の多くの子ども達が受験することになる私学は3校です。
駒大苫小牧高校、充足率73%
北海道栄高校 充足率65%
苫小牧中央  充足率51%
もう一校の苫小牧商業高校は厳密には専門学校になります。
高卒資格を得るために、有朋高校(通信制)での単位認定が必要になってきます。

話を戻します。
そのため、どこの私学も一所懸命です。
学校説明会はこまめにやって、中学校訪問、さらには学習塾訪問・・・
そんな時代ですから、学校での進学指導、生徒指導も
おおむね、とても熱心です。
しかし、少し前までは大きなハンディがありました。
学費です。

平成30年時点で、北海道栄はほぼ100%です。
(これは定員を140名に削減した結果でもあります)
他には立命館慶祥、札幌日大、北海など
以前の記事には専修学校も入っていたのかもしれません。
平成30年時点で私立高校は51校です。
うち定員を100%(100%以上)の学校は11校です。


続きます。

一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-11-03 20:16 | 大野木塾長 | Comments(0)

十五の春4   

2019年 11月 01日


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!


新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら

2019年11月1日(金)
2608号 「十五の春その4」

今年ももう11月です。11月は霜月ですが、ここ苫小牧では最低気温がようやく10度以下になったくらいですのでまだまだです。さてシリーズその4です。今回、バックナンバーをベースにして、加筆、訂正しながら書いていますので、記事のデータ等がその当時のものとなりますのでその点に注意してご覧下さい。

「十五の春6」

進路指導において、心がけていることがあります。
まずは本人の気持ちです。本人はどこに行きたいのか?
まずはこれが一番です。
進学後の進路まではっきりしているケースはほとんどありませんが
まずはその高校に行きたいといった気持ちが一番です。
しかし、時には本人ではなく、子どもがお母さんの気持ちを汲んだ
場合もありますので、よく聞くことも大切になってきます。

そこで、希望校が決まります。
次には、合格可能性を判断します。
受かるか、落ちるか・・・
その見極めです。8割方はわかります。しかし、あとの2割はわかりません。
しかし、それは誰にもわからないのです。
親も、本人も、私たちも、そして学校の先生にもわからないのです。

しかし、たまにそのことを勘違いしている先生がいらっしゃいます。

「A高校を受けたら、きっと落ちるからB高校にしなさい!」
「お母さん、無理だわ~」

余計なお世話ですね。
しかし、相手は学校の先生、まして内申書を書いてくれる担任となると
話はやっかいになってきます。
※全ての先生がそうではありません。そのことを考慮してご覧下さい。

権力を持った人、ここでは先生ですが、まずは「謙虚」であることを
心がけなくてはなりません。往々にして、態度や言葉が横柄になって
しまいます。

話を戻しますが、実は合否の可能性はわかってもその結果までは
だれにもわからないのです。
毎年、受験生をかかえ、各種データを分析し、その合否のシュミレーション
をしている私たちでさえわからないのです。

きっと、ダメだろう・・・と思っていた子が合格すること・・・・
実は結構あります。

それがまさしく入試だと思っています。

だからこそ、可能性がある限り、本人がそれを望む限り
最後まで頑張らせることが大切だと思っています。
また、そのことを保護者の方々にもお願いしています。

まさにその通りです!
続きます。


一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-11-01 14:59 | 大野木塾長 | Comments(0)