人気ブログランキング |

<   2019年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

十五の春3   

2019年 10月 29日


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!


新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら

2019年10月29日(火)
2607号 「十五の春その3」

今回、バックナンバーをベースにして、加筆、訂正しながら書いてみます。
記事を書いた当時と、自分自身の基本的スタンスは変わっていないはずです。
しかし、記事のデータ等がその当時のものとなりますのでその点に注意してご覧下さい。


「十五の春5」

成績上位層のお母さん方は、やはり熱心です。
進学情報など、受験に関連していることにはことさら熱心です。それは、当たり前のことですし
とてもいいことだと思います。勉強不足の先生なんかより、詳しいお母さん方も多くいらっしゃるはずです。たくさんの学校があって、中学3年生の担任をしている先生がたくさんいらっしゃるわけですから、すべての先生が受験情報に長けているわけではないはずです。普通に考えてもそれは当たり前のことです。基本、中3の担任は中2からの持ち上がりのはずですので毎年、中3の担任をしているわけではないのです。

そうなると、各ご家庭ではどうすればよいのでしょうか。
大事なわが子の一回限りの高校受験です。
また、どこに進学するかによって、その後の進路も大きく変わっていきます。
その決定は、学校でも、学習塾でもないはずです。
やはり最終的なご判断は、各ご家庭の判断にお任せするしかないように思います。
学習塾も、学校側も必要な情報を提示し、その可能性のお話しをするしかないはずです。

しかし、過去において、私どもの塾の受験生で、「こんな成績だと落ちるからやめなさい!」
と強く指導を受け、ランクを下げたケースや・・・「そう言われましたが、先生、どうでしょうか?」
と相談を受けることはよくあることなのです。

勉強している(受験の実情をよくご存じ)お母さん方は、待てよ、とお考えになるのですが、学校という権威の後ろ盾を持った担任の言をそのまま鵜呑みにするお母さんも少ないないのです。


結構、前の記事ですが、十分、今でも通用しますね~
続きます。


一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-10-29 14:48 | 大野木塾長 | Comments(0)

十五の春2   

2019年 10月 27日


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!


新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら

2019年10月27日(日)
2606号 「十五の春その2」

今回、バックナンバーをベースにして、加筆、訂正しながら書いてみます。
記事を書いた当時と、自分自身の基本的スタンスは変わっていないはずです。
しかし、記事のデータ等がその当時のものとなりますのでその点に注意してご覧下さい。


「十五の春3」

十五の春を考えるシリーズの3です。
民主党政権になり、高校無償化により私立に対する垣根が低くなったように思います。
ここ苫小牧では、全国的に有名な駒大苫小牧高校が2年ほど前から、特待生認定をどんどん出しています。私立専願にする場合は、中位以上の成績で特待認定がもらえ奨学金がでます。返還の必要もありません。無償化による年間12万円ほどの補助金とあわせると、実質、学費が無償となるのです。これは効きました。当塾でも苫西なら大丈夫といった生徒が、学校推薦、特待認定で駒澤に進学していったケースがでてきました。以前では考えられないことです。
以前は私立は学費が高いので、何としても学費の安い公立に入ってもらわなければ・・・といった風潮がありましたが、私立の特待制度、また高校無償化の補助金によって、駒澤ほどではありませんが、他の私立でも成績上位の生徒は、学費がかからないようになっています。
北海道の場合は公立高では授業料は年額118800円です。駒大苫小牧が321600円、道内で一番高い、立命館慶祥で年間682000円となっています。他には、札幌第一で372000円、札幌日大で394800円、北海で380400円となっています。2011年度実績。
私立は公立の3倍、立命館慶祥に至っては公立の6倍の学費がかかります。さらには高校は3年間ですから、入学金も加えると約100万円もの差がでることになります。長く、この差が公立高の人気を支え、私立と公立の大きな差となっていたのです。

※駒大苫小牧では中3の2学期、5教科で17点以上で全額免除となります。(専願入試ですが)
オール3で15点です。あと4が2つで全額免除ですので、だいたいFランク相等です。受験生にとっては「美味しいお話」ですね。



「十五の春4」

十五の春シリーズです。いままでのまとめをしてみます。
中学では安全主義の進路指導、つまり、十五の春は泣かせないといった指導。学習塾は、進学実績のために一ランク上の進学をすすめているので十五の春に泣く子がでてくるので悪。構図としてはそんな感じでしょうか。道新の記事はそんな感じだったと思います。典型的な、マスコミ的な記事です。しかし、それは一面にしかすぎないと思います。一番のポイントは、最終的に決められるのは各ご家庭だということです。中学の先生も、学習塾の先生もあくまでは第三者だということです。無論、合格することが一番ですが、まず学費の面で、公立と私立の差が縮まっているということでしょう。それによって、保護者側の「だめでも・・・・」の思いが以前よりも強くなっていることを見逃してはいけません。

※価値観が多様化していることも間違いがありません。私学はそれぞれに「建学の精神」があり、学業以外に部活で顕著な特色をもった学校は一杯あります。勉強が苦手な子でも、その部活が優秀であれば今は「特待」がばんばん来ます。勉強は好きじゃないし・・・部活したいな~であれば、「特待」に乗らない手はありませんね。ただ、塾屋の立場でいえば、勉強できるときに勉強してほしいな~とも思います。部活で特待になっても、ずっと部活で生きていくことはできないはずです。いずれ、社会に出てお父さん、お母さんにならなければいけないのです。
続きます。


一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-10-27 21:50 | 大野木塾長 | Comments(0)

民報に掲載~   

2019年 10月 26日


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!


新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら

2019年10月26日(土)
2605号 「びっくり!」

今回、青葉塾ではAIを使った対話型学習システム「すらら」を導入しました。
今月、地元の新聞社、苫小牧民報さんの取材がありました。
当初は、いつ記事になるかは未定です・・・的なお話でしたので・・・
まあ、お蔵入りかな・・・
などと思っていたのですが・・・

今日になって、本日の苫小牧民報にその記事が載ると連絡があったのです。

そして、何と~!

青葉塾の記事は「トップページ!!!」
たまげました!

新聞の中にほんの数行、小さく掲載されると思っていたのですが・・・
それでも、有り難いな~と思っていたのですが・・・
何とトップページに写真付き!!!
本当に~
有り難うございます!

みなさんもご覧になってください!


一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-10-26 23:46 | 大野木塾長 | Comments(0)

十五の春1   

2019年 10月 25日


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!


新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら

2019年10月25日(金)
2604号 「十五の春その1」

このブログはもう十年以上続けています。
今回、バックナンバーをベースにして、加筆、訂正しながら書いてみます。
記事を書いた当時と、自分自身の基本的スタンスは変わっていません。
しかし、記事のデータ等がその当時のものとなりますのでその点に注意してご覧下さい。

「十五の春1」

十五の春を泣かすな・・・

十五歳で無事、中学を卒業して晴れて高校生となります。
無論、高校生になる道を選ばず、実社会に出ていく子ども達もいます。しかし、それはほんの僅かな数となっているようです。必然、ほとんどの子ども達は高校生になっていきます。義務教育と違い、高校進学には入学試験があります。ここ北海道では、地方の郡部ではほとんどが定員割れ・・・十五の春は泣きません~!

しかし、札幌圏や旭川、帯広、苫小牧など大きな地方都市では、そうはいきません。十五の春に泣く、ことになる子ども達もでてきます。先週でしょうか、北海道新聞にそれに関する記事がありました。ご覧になった方も多かったように思います。
道新は地方新聞ですから本州の皆さんにはわからないかもしれませんが・・・

道新の記事では、以下のような論調です・・・
「十五の春は泣かすべきでない!」、そうなのに、ことさら、合格実績作りのために難関校や上位校受験をけしかける「学習塾は、けしからん」的な論調であったように思います。

十五の春に泣くことは悪・・・・?!

この点を考えてみたいと思います。しかし、あくまで個人の意見としてご覧下さい~


「十五の春2」

今春の札幌上位四校の倍率を見てましょう。

平成24年2月28日最終発表です。
定員 志願者数 不合格予定数
札幌東 320名 417名 97名
札幌西 320名  428名   108名
札幌南 320名  412名   92名
札幌北 320名  431名   111名

単純に不合格予定数は408名です。
しかし、当日欠席も出ているはずですから
実際の不合格数は400名以下のはずです。
それにしても400名ですのですごい数です。

苫小牧を見てみましょう。
苫小牧は胆振東学区です。
地域一番校は苫小牧東校です。
同じく最終志願状況です。

苫小牧東 定員280名 志願者422名
不合格予定数 142名!です。
但し、実際は苫小牧高専との併願組が大量欠席しますかか
例年40~50名の欠席がでます。
しかし、今年はそれを引いても90名近くが不合格となっているはずです。


※苫東は当時は280名だったのですが、現在は定員240名となっています。

十五の春に大量不合格者がでています。
それは善?
それは悪?


続きます。

一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-10-25 16:51 | 大野木塾長 | Comments(0)

進路説明会その2   

2019年 10月 24日


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!


新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら

2019年10月24日(木)
2603号 「進路説明会 in Aobaその2」

10月19日土曜日、青葉塾では高校入試に向けた進路説明会を行いました。
今年も多数のご参加を頂きました。
ご参加頂きました保護者の皆様、忙しいところ有り難うございました。

今日はその中から興味深いデータを書いてみます。

実際、入試で何人落ちているの・・・?

「あの学校は○○人も落ちたそうよ~」
「○○さんも落ちたみたい・・・」
などなど、毎年、怪情報が飛び交う・・・のですが・・・
3月時点では一部の教育関係者のみが知る!!
といったところでしょう。

次年度入試がスタートするころになってようやく
「怪情報」が「確定情報」となってでてきます。

では~

苫小牧東 定員240名 不合格者29名
苫小牧南 定員160名 不合格者9名
苫小牧西 定員160名 不合格者18名
白老東  定員80名 不合格者0名
※二次募集あり
苫小牧工業 定員240名 不合格者22名
苫小牧総合経済 定員160名 不合格者0名
※二次募集あり
市外校の鵡川、追分。厚真。穂別の各高校は
すべて定員割れでしたので、不合格者は0名でしょう・・

胆振東学区 公立高校総定員1240名
不合格者総数は68名です。
定員割れしている学校もあるので
入学者(二次も含む合格者)は1135名です。
1135名が受かって68名が落ちてる・・・
これをどう見るか・・・ですが・・・
どうでしょうか・・・

結論から言いますと・・・

落ちる方が難しい!!!

ランクがあって、実力点もそこそこある子は~
ほぼ・・大丈夫!!
高校入試は落ちる方が難しいのです。
でもそれは苫小牧だからのことでもあります。
※この点は、後日、また書きます。

当日、説明会では、各高校の当日欠席者数、
ランク、点数などさらに細かなデータをお知らせしました。
ただ、倍率がでている以上、100%はありません。
入試ですので、「落ちるときもある」のです。

もちろん、十五の春は桜満開~!
がいいに決まっています。
塾屋のわたしたちも子供たちと「満開=合格」目指して
頑張っているのです。
子供たちも、親御さんも、そして塾の先生もみな同じです。
「頑張って合格してほしい」のです。
幸い、青葉塾ではこの2年間、公立高校合格率100%です。
3年間にひろげると101名受験して合格者は100名です。
合格率は99%です。すごいですね~
受験の神様が応援してくれたに違いありません!

青葉塾にはいろいろな生徒がきます。
入塾をランクで切ったりはしていません。
そんな中で多くの子供たちが希望校に合格していっての
合格率ですので、本当に良かったと思います。
青葉塾では今の成績は関係がありません・・
「やる気があればきっと大丈夫」と信じているからです。
「努力あればこそ人は成長するのです」
信じられないかもしれませんが、こちらからお願いして
塾をやめていただくケースもあります・・
勉強ができる子も、苦手な子も、青葉塾で鍛えられ?
それぞれが成長してくれるのです。

で、高校入試を迎えます。
多くの子供たちは合格して卒塾していきます。
しかし、残念ながら不合格・・・
大丈夫だろうと思っていても落ちるときもあるのです。
とても残念ですが、それが入試なのです。

もう少し「十五の春」を考えてましょう。
続きます。


一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-10-24 11:01 | 大野木塾長 | Comments(0)

進路説明会その2   

2019年 10月 24日


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!


新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら

2019年10月24日(木)
2603号 「進路説明会 in Aobaその2」

10月19日土曜日、青葉塾では高校入試に向けた進路説明会を行いました。
今年も多数のご参加を頂きました。
ご参加頂きました保護者の皆様、忙しいところ有り難うございました。

今日はその中から興味深いデータを書いてみます。

実際、入試で何人落ちているの・・・?

「あの学校は○○人も落ちたそうよ~」
「○○さんも落ちたみたい・・・」
などなど、毎年、怪情報が飛び交う・・・のですが・・・
3月時点では一部の教育関係者のみが知る!!
といったところでしょう。

次年度入試がスタートするころになってようやく
「怪情報」が「確定情報」となります。

では~

苫小牧東 定員240名 不合格者29名
苫小牧南 定員160名 不合格者9名
苫小牧西 定員160名 不合格者18名
白老東  定員80名 不合格者0名
※二次募集あり
苫小牧工業 定員240名 不合格者22名
苫小牧総合経済 定員160名 不合格者0名
※二次募集あり
市外校の鵡川、追分。厚真。穂別の各高校は
すべて定員割れでしたので、不合格者は0名でしょう・・

胆振東学区 公立高校総定員1240名
不合格者総数は68名です。
定員割れしている学校もあるので
入学者(二次も含む合格者)は1135名です。
1135名が受かって68名が落ちてる・・・
これをどう見るか・・・ですが・・・
どうでしょうか・・・

結論から言いますと・・・

落ちる方が難しい!!!

ランクがあって、実力点もそこそこある子は~
ほぼ・・大丈夫!!
高校入試は落ちる方が難しいのです。
でもそれは苫小牧だからのことでもあります。
※この点は、後日、また書きます。

当日、説明会では、各高校の当日欠席者数、
ランク、点数などさらに細かなデータをお知らせしました。
ただ、倍率がでている以上、100%はありません。
入試ですので、「落ちるときもある」のです。

もちろん、十五の春は桜満開~!
がいいに決まっています。
塾屋のわたしたちも子供たちと「満開=合格」目指して
頑張っているのです。
子供たちも、親御さんも、そして塾の先生もみな同じです。
「頑張って合格してほしい」のです。
幸い、青葉塾ではこの2年間、公立高校合格率100%です。
3年間にひろげると101名受験して合格者は100名です。
合格率は99%です。すごいですね~
受験の神様が応援してくれたに違いありません!

青葉塾にはいろいろな生徒がきます。
入塾をランクで切ったりはしていません。
そんな中で多くの子供たちが希望校に合格していっての
合格率ですので、みなが頑張りました。本当に良かったと思います。
青葉塾では今の成績は関係がありません・・
「やる気があればきっと大丈夫」と信じているからです。
「努力あればこそ人は成長するのです」
信じられないかもしれませんが、こちらからお願いして
塾をやめていただくケースもあります・・
勉強ができる子も、苦手な子も、青葉塾で鍛えられ?
それぞれが成長してくれるのです。

で、高校入試を迎えます。
多くの子供たちは合格して卒塾していきます。
しかし、残念ながら不合格・・・
大丈夫だろうと思っていても落ちるときもあるのです。
とても残念ですが、それが入試なのです。

もう少し「十五の春」を考えてましょう。
続きます。


一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-10-24 11:01 | 大野木塾長 | Comments(0)

進路説明会その1   

2019年 10月 22日


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!


新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら

2019年10月22日(火)
2602号 「進路説明会 in Aobaその1」

10月19日土曜日、青葉塾では高校入試に向けた進路説明会を行いました。
いつもは、期末が終わって一段落ついた11月末に実施していたのですが、
その時点ではもう三者懇談の直前になりますので、選択肢を増やすために
今年は一ヶ月早く実施しました。中3生対象です。
その準備もあって、怒涛の日々が続いていました。
説明会が終わっても、次から次からです・・・
怒涛の日々は継続中です!

さて、説明会です。
今年も、子供たちと一緒に多くのお父さん、お母さんが参加いただきました。
有り難いことです。中3にもなると、子供が恥ずかしがって「こないで~」
となりがちなのですが、今年も多数のご参加を頂きました。
参加頂きました保護者の皆様、忙しいところ有り難うございました。
親は「わが子の応援団」ですのでこういったときはご参加頂き、入試の実情を
わが子と共有することは本当に大切なことになります。
しかし、お仕事で参加できないご家庭もあったはずです。
ご希望があれば随時、時間をとってお話ができますので
その場合は、気軽にお知らせ下さい。

少しは参考になったでしょうか・・・
データに関してはどこにも負けてはいないと自負しています。
でも・・ですね。参考になったのであれば良かったのですが・・・

で、代表の私です。
c0171889_23195819.jpg


文系担当の安藤先生
c0171889_2321092.jpg


英語担当のタク先生
c0171889_23212353.jpg


数学担当の丸本先生
c0171889_23215314.jpg


c0171889_23223271.jpg


ご参加いただき有り難うございました。


一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-10-22 23:22 | 大野木塾長 | Comments(0)

秋色その14   

2019年 10月 15日


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!


新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら

2019年10月15日(火)
2601号 「秋色その14」

秋色その14の2です。
支笏湖です。
c0171889_1745946.jpg

c0171889_17452999.jpg

c0171889_17455132.jpg

c0171889_17461788.jpg



一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-10-15 17:46 | 大野木塾長 | Comments(0)

苫小牧民報   

2019年 10月 08日


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!


新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら

2019年10月8日(火)
2600号 「苫小牧民報」

冷たい雨が降っています。
ストーブも使い始めました。
一気に秋です。

そんな中、5日(土曜日)の苫小牧民報に青葉塾の記事が載っていました!!
最近は、新聞もあまり読む時間もないのですが、たまたま見つけました~
トップページなので、ふと目がいったのです。

「苫小牧で新たな経済モデル創出に」
「情報通信軸に7事業視点」
「AI活用の教育教材など」


がタイトルにあったものですから、
「あれ・・青葉塾のことかな・・」
と思ったら、ありました!

「苫小牧市内で30年以上の歴史を持つ学習塾トップゼミ青葉塾(日新町)は、すららネット(東京都)が提供するAI活用の対話型デジタル教材を拓勇教室で導入。子供たちの学力向上に向け学び方データを分析し、その効果を検証する」

新聞記事のままです。
どうも、ありがとうございます~
しっかり紹介していただきました。
実は、明日、拓勇教室に取材にいらっしゃいます!

青葉塾でも広報しなくっちゃ~と「折り込み」チラシの準備をしています。
何と~「フルカラー」です。
あこがれの「フルカラー」~!
苫小牧市からのバックアップも頂きましたので
広くお知らせして、今回の「実証事業」に多くの子供たちが
参加してくれることを期待しています。

「教育に変革を、子供たちに生きる力を」

「すららネット」スタートしました。
あと10名までシステム管理料無料となります。
詳しくは青葉塾ホームページをご覧下さい。

秋色その14です。
支笏湖から恵庭に抜ける白扇の滝です。
c0171889_10305844.jpg

c0171889_10294769.jpg

c0171889_10311754.jpg

c0171889_10313853.jpg



一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-10-08 10:31 | 大野木塾長 | Comments(0)

秋色その13   

2019年 10月 06日


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!


新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら

2019年10月6日(日)
2599号 「秋色その13」

秋らしくなってきました。
街路樹も少しずつ秋色になってきています。
あっという間に10月です。
さて、ラクビー日本代表勝ちました!
最後の攻防は見応えがありました。
ここまできたら、次戦も勝利して
念願のベスト8に進んでほしいものです。
ガンバレ、日本!

秋色その13です。
定番、支笏湖にもどります。
c0171889_17284575.jpg


c0171889_17285619.jpg


c0171889_17292161.jpg


c0171889_17294265.jpg


一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-10-06 17:30 | 大野木塾長 | Comments(0)