人気ブログランキング |

青葉塾 塾長ブログ


1986年開塾~!青葉塾長ブログです
by Topzemi-aobajuku
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
お気に入りブログ
最新のコメント
キヨトさん、コメント有難..
by Topzemi-aobajuku at 19:51
お久しぶりです。 尾道..
by 井上 清登 at 11:03
ゆうちゃんママからコメン..
by Topzemi-aobajuku at 16:37
コメント有難うございます..
by Topzemi-aobajuku at 00:59
こんにちは。苫小牧にたま..
by 元の本籍は苫小牧 at 17:16
貴重な情報を有難うござい..
by Topzemi-aobajuku at 17:46
たまたま拝見したのですが..
by 既受験者の親です at 22:32
お世話になってます。 ..
by 古田幸世 at 17:34
明倫教室…  新年度から..
by 通りかがりの者 at 19:23
すごく不安が軽くなりまし..
by あかね at 19:21
相互リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2019年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧


志願状況6


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


2019年1月31日(木)
2491号 「公立高校志願状況その6」

春から青葉塾は進化します!
「Aoba Reborn!」
詳しくはお電話で!

十五の春は、挑戦の春です。
平成31年公立高校入試の志願状況が発表になりました。
今日はその6です。
苫小牧総合経済高校です。

流通経済が定員80名、
国際経済、情報処理が各定員40名で
総定員は160名です。

それではみてみましょう。
「当初」は1回目の志願状況、
「最終」は推薦も決まり、まさに最後の志願状況です。
「-」は志願変更での減です。
総経も苫工同様に職業科です。
普通科から職業科(専門課程)への志願変更でできなため
実質は学科間での変更となっています。
つまり総志願者数はほぼ変化なしなのです。
このあたりは苫工と同じです。
つまり今回の総志願者数でほぼ決まりです。

総経です。定員は160名です。
平成26年 当初162名 最終162名 0名 
最終不合格者1名 
平成27年 当初153名 最終155名 +2名 
最終不合格者0名 二次募集あり。
平成28年 当初178名 最終178名 0名 
最終不合格者16名!
平成29年 当初167名 最終168名 +1名 
最終不合格者4名
数が合いません・・・が・・・
定員160名で168名なら8名が不合格ですが・・
そうです。当日、欠席です。
29年度は4名が欠席ですので、実質の不合格者は4名なのです。
ただ、総経の欠席は多くはありません。
例年、1名~3名程度です。
平成30年 当初168名 最終168名 +1名
最終不合格者6名
そして
平成31年 当初163名 最終  名  名
最終不合格者  名

どうでしょうか・・・平成26年に最終162名がありましたがその年は結局、不合格者は1名でした。となると~今年も「運がいい~」!現時点での不合格者は3名ですが当日欠席が3名としたら二次募集の可能性もあります。これはもう~やはり~!「落ちる方が難しい!」と思った方がいいです。後は、160分の1の確率(それはそれですごい確率です・・・落ちるのが1名程度でしょう)にならないように、今できること、今やるべきことをやりきることです。頑張って下さい。
合格はもう見えています!


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-01-31 09:59 | 大野木塾長 | Comments(0)

志願状況5


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


2019年1月30日(水)
2490号 「公立高校志願状況その5」

入会案内 完成~!
今春は「Aoba Reborn

十五の春は、挑戦の春です。
平成31年公立高校入試の志願状況が発表になりました。
今日はその5です。
苫小牧工業です。
人気の苫工です。
進学を考えない場合、管内では抜群の就職実績を誇っています。
(苫小牧高専は別物ですが・・・)
そのあたりに人気の秘密があるようです。

定員は240名ですので1学科40人で6学科あります。
人気は「電子機械」ですが、難易度も高いので
ここ数年は敬遠されぎみのようです。
何と二年続けて二次募集もでました。
が、三度目はなかったようです。
しかし~意外にも・・・・

それではみてみましょう。
「当初」は1回目の志願状況、
「最終」は推薦も決まり、まさに最後の志願状況です。
「-」は志願変更での減です。
普通科から職業科(専門課程)への志願変更でできなため
実質は学科間での変更となっています。
つまり総志願者数はほぼ変化なしなのです。
このあたりが普通科と大きくことなります。
つまり今回の総志願者数でほぼ決まりです。

苫工です。定員は240名です。
平成26年 当初246名 最終246名  0名 
最終不合格者0名 二次募集がでました!
平成27年 当初293名 最終292名 -1名 
最終不合格者36名
平成28年 当初329名 最終329名  0名 
最終不合格者74名!
平成29年 当初289名 最終288名 -1名 
最終不合格者24名
平成30年 当初272名 最終272名  0名
最終不合格者18名

平成31年 当初274名 最終  名   名
最終不合格者  名

どうでしょうか・・今年も運がいい~現時点での不合格者は34名ですが当日欠席が15~20名ほど見込まれます。となれば実際は15名ほどしか落ちません!「先生、それでもまだ15名も落ちるんですか・・」とお考えになるかもしれませんが、平成26年は別にして、この5年間ではほぼ昨年同様の志願者数となっています。平成28年と比べると50名も違うのです。「チャンスだ~」「俺は運がいいぞ~」と思って、あと一ヶ月ひたすら勉強です。もう一点書くとすれば、人気の電子機械ですが、現時点で+9ですので、電子機械だけ定員割れの可能も十分あります!定員割れしなくとも第二希望で合格がでるはずです。第二希望に電子機械を書いた人はお楽しみです

後は総合経済です。
続きます。

一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-01-30 14:43 | 大野木塾長 | Comments(0)

志願状況4


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


2019年1月29日(火)
2489号 「公立高校志願状況その4」

新年度、青葉塾はAoba Reborn!

十五の春は、挑戦の春です。
入試にはいろいろなドラマがあります。

「この子は厳しいな・・・」

「あの子もダメ元だね・・・」

といって送り出した子が
見事に合格~!
といったことはよくあることなのです。

その実、入試の結果は誰にもわからないことなのです。

「絶対、無理~」
といった子が受かること・・・
結構、あります・・・
が、その逆はあまり、記憶がありません。

大学入試と違って高校入試は大きな倍率にはなりません。
大概が、1.2倍~1.4倍あたりです。
たまに1.8倍とかになるときもありますがそれは例外です。
大学入試のように実質倍率が3倍とかになると
やはり力のある人が実力通りに合格します。
しかし、1.2倍程度であれば、「落ちる方が難しい」
のです。
ただ、最低ランクであったり、実力点が足らない場合は
不合格の可能性はあります。
その可能性を、本人が、またそのお宅がどう考えられるのか、
そこに行き着きます。

「入試はやってみなければわからない」のです。
可能性は常にあります。
道コンの合格可能性は、あくまでそのテスト時点の可能性にしか過ぎません。
今日からでもまだ入試まで一ヶ月もあるのです。
まだまだやるべきとは一杯あります。
塾屋さんは子供たちを叱咤激励し、
その可能性を追い求めるのみなのです。

しかし、その挑戦を可とするのか、
不可とするのかはその子自身、
またそのご家庭の考え方なのです。

中には「落ちてもいいから挑戦してみな~」
といったご家庭もあるでしょうし、

「やっぱり私立はお金もかかるし・・」
「無理しなくてもいいんじゃない・・」
といったご家庭もあるのです。

そこにはもう入れません。
いろいろと資料を提示しお話しすることはできます。
ただ、やっぱり、それは予想でしかありません。
誰にもわからないのです。
ただ、どちらにしてもはっきり言えるのは
「頑張ること!」
「頑張らせること!」
なのです。
受験生のみなさん、
あと一ヶ月、まずは努力あるのみです!
頑張ってください!


さて、平成31年公立高校入試の志願状況が発表になりました。
今日はその4です。

今日は白老東です。
定員は80名ですので学年2クラスです。

「当初」は1回目の志願状況、
「最終」は推薦も決まり、まさに最後の志願状況です。
「-」は志願変更での減です。

白老東です。定員は80名です。
(平成26年、27年は定員120名です。)
平成26年 当初155名 最終155名  0名 
最終不合格者31名
平成27年 当初120名 最終120名  0名 
最終不合格者-3名(二次募集)
平成28年 当初74名 最終79名  +3名 
最終不合格者-4名(二次募集)
平成29年 当初95名 最終95名  0名 
最終不合格者7名
平成30年 当初96名 最終98名  +2名
最終不合格者18名
そして今年
平成31年 当初76名 最終  名   名
何と言うことでしょう~!
現時点で、定員割れです。
志願変更で3~5名ほど増えると思います。
が、当日欠席も考えると・・・
となると~
やはり定員割れは濃厚です。
受験生はほぼ全員合格でしょう!
昨日も書きましたが公立を!って場合はチャンスです。
志願変更も間に合うはずです。
平成26年は31名が不合格で、
27年、28年と定員割れ全入で、
昨年は18名の不合格がでたのに・・・
今年はまた、定員割れの可能性大です。
年々の運、不運を感じざるを得ません。
ということで、今年は受験自体を楽しんできて下さい~!
合格間違いなし!

続きます。

一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-01-29 10:34 | 大野木塾長 | Comments(0)

志願状況3


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


2019年1月28日(月)
2488号 「公立高校志願状況その3」

「平成31年入会案内」できました。
3月4日(月)開講です。

「春季講習要項」できました。
3/18(月)開講です。
「春だけクラス」、「春だけ個別」と選択できます。
近々、ホームページにアップします。
お急ぎの方はお問い合わせ下さい。

塾生は本日より順次、配布していきます。
今年は「Aoba Reborn !」


十五の春は、挑戦の春です。
平成31年公立高校入試の志願状況が発表になりました。
今日はその3です。

今日は苫西です。
苫南は新設校(といっても開校43年目ですが)で、
その前は普通科は苫東、苫西しかありませんでした。
また、苫西には商業科もあったのですが、これは
現在の苫小牧総合経済に統合され、総経が開校したのです。
開校したのが1990年(平成2年)ですのでこちらも
そろそろ開校30周年となります。

それでは同じように過年度をみてみます。

「当初」は1回目の志願状況、
「最終」は推薦も決まり、まさに最後の志願状況です。
「-」は志願変更での減です。

苫西です。定員は160名です。
平成26年 当初172名 最終177名 +5名 
平成27年 当初179名 最終194名 +15名
平成28年 当初176名 最終180名 +4名 
平成29年 当初173名 最終173名  0名
平成30年 当初183名 最終184名 +1名

そして今年、平成31年は
平成31年 当初181名 最終

前年度比で-3名です。前年並みです。単純に21名の不合格ですが・・・どうでしょうか・・・ここ2年ほど志願変更はほとんどありませんでした。今年は、苫東、苫南ともそんなに大きな(大変な)倍率でないことを考えればほぼ志願変更はないように思います。が白老東が定員割れですのでここで白老に変えると白老東の合格はほぼ間違いなしです。どうしても公立にこだわるなら志願変更もありでしょう。が、現時的には、志願変更は難しいかもしれません。予想は+2名です。最終は183名で当日欠席6名、183-6=177名の受験、不合格は17名あたりでしょうか・・・・どちらにしても15名~20名の不合格はでそうです。気合いが必要です。
ラインは前年並みで落ち着くはずです。合格平均ランクはFの上、Eの下あたり、道コンSSは44でしょう。まず、当日150点を目指しましょう。150点あればほぼ大丈夫でしょう。

続きます。

一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-01-28 11:14 | 大野木塾長 | Comments(0)

志願状況2


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


2019年1月27日(日)
2487号 「公立高校志願状況その2」

春季講習要項できました。
3/18(月)開講です。

「春だけクラス」、「春だけ個別」と選択できます。
近々、ホームページにアップします。
お急ぎの方はお問い合わせ下さい。
今年は「Aoba Reborn !」


十五の春は、挑戦の春です。
平成31年公立高校入試の志願状況が発表になりました。
今日はその2です。

矛盾するかもしれませんが・・
高校入試は落ちてもいいのです。もちろん、落ちたら、自分の全人格が否定されたような大きなショックを受けるとは思います。しかし、その前提もあります。「自分で本当に真剣に頑張ったのか・・」自分自身が8割方でもそう思えるようであれば落ちても大丈夫です。次のステップで必ずリベンジもできます。それが進学であれ、就職であれ、間違いありません。第一、自分の第一希望校に入ることが正解かどうかは誰にもわからないのです。最近は以前ほどではありませんが、今でも高校に入ったものの、「何か合わない・・・」等々いろいろな理由でやめてしまう生徒がいるのです。ならば、大切なことは何でしょうか・・・
そのときどきで「全力を尽くす」ことなのです。できようが、できまいが、そのときどきを真剣に生きるのです。そういった生き方、考え方ができればどこに行っても大丈夫です。入試はそういった生き方の訓練に最適の機会なのです。だからこそ、「頑張るべき」なのです。

さて、今日は苫小牧南です。
今年は大きな変化ありました。
まず、定員が200名から160名に一クラス減となりました。
さらに進学校が採用している「裁量問題」に、英語の傾斜配点と
大きな変化がありました。
志願者181名です。
うち10%枠(16名)に2名ですので、校区外はほぼ影響はありません。
例年と比べてみましょう。

平成31年 志願者181名/定員は160名に減
平成30年 志願者187名/定員は200名
平成29年 志願者199名
平成28年 志願者204名
平成27年 志願者241名
平成26年 志願者232名

実は過去三年間も苫南は定員割れ、全員合格となっていました。が、間口減により今年は定員が160名ですので今年は定員割れは難しそうです。しいて平成26年度に近いようですが、この年は志願変更で-2名、230名が受験し、当日欠席16名、不合格者14名となっています。
感じとしてはこの年に近いと思います。が、昨日、苫東-5名と予想したので苫南は5名程度増えるのでないかと思います。
ずばり+5英の志願者186名、当日欠席16名で170名受験、10名が不合格・・・でしょうか・・
合格ラインは、合格者平均ランクはD、合格者の道コンSSは50。このあたりは大きな変化はないように思います。苫東同様に、Eランクの合格もあるはずです。Fの子もいるはずだと思いますが、どうでしょう・・裁量ですから・・・きっと子供たちは・・・取れないと思います。得点差がつきにくいテストとなるはずです。となればCランク以上での受験者はランクだけで大丈夫でしょう。点数でいえば、当日180点もあれば大丈夫。最低点はきっと150点台だと思います。受験生のみなさんは、変に心配せず、今やるべきことに集中してください。思いの外・・・楽勝だと思います。昨年の欠席が22名でしたので、実は、定員割れの可能性もあります!どちらにしても不合格は5名~10名程度でしょう。

明日は苫西です。
志願変更をお考えになっている場合は気軽にお問い合わせ下さい。


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-01-27 16:01 | 大野木塾長 | Comments(0)

志願状況1


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


2019年1月26日(土)
2486号 「公立高校志願状況その1」

青葉塾、「平成31年度入会案内」ができました。
今年はAoba Reborn !です。

昨日、面談にいらした小学生のご家庭に
第一号をお渡ししました。
早速、体験入塾のお申し込みを頂きました。
ありがとうございます!
塾生には28日以降、順次配布していきます。
また、外部生でご検討頂ける場合は郵送等可能ですので
気軽に「資料請求」をお申し付け下さい。
ホームページ上の「お問い合わせフォーム」から
簡単にできます。


十五の春は、挑戦の春です。
平成31年公立高校入試の志願状況が発表になりました。

昨日、授業で中3の塾生のみんなに「記事書くからね~」と
約束しましたので・・・大胆予想を今年も書いてみたいと思います。

まずは苫小牧東です。 定員は240名です。
志願者311名です。
うち10%枠(24名)に17名ですので、校区外はほぼ影響はありません。
例年と比べてみましょう。

平成31年 志願者311名
平成30年 志願者371名
平成29年 志願者325名
平成28年 志願者310名
平成27年 志願者321名
平成26年 志願者316名

このように過年度と比べるとほぼ、例年並みです。少ないぐらいです。
昨年が突出して大変だったことを思えば、今年は天国~!
道コンデータでは昨年はBランクでの不合格もあったようですので
今年はそんなことはない・・・はずです。

さて本題です。
例年並みとなるとだいたいのラインもでてきます。
志願者は昨年度比-60名です。平成28年とほぼ同じです。平成28年度は志願変更で-5名で最終は305名で受験となっています。当日欠席が40名で、実質の不合格数は25名です。
どうでしょうか。ほぼ、これと同じ流れと予想します。苫南の倍率も決して高くない状況ですので志願変更はほぼないように思いますが、それでも若干名が変更するはずです。今年も苫南が低倍率になりましたので、やはり、合格ライン上の生徒が苫南に志願変更を考えるように思います。予想では-5名程度でしょう。そんなに多くはありません。一度、決めた志望校です。志願変更はなかなかしにくいものなのです。10名以上の志願変更はないと思います。しかし、増えることもあるかもしれません。が、実は過去6年間、すべて減っているのです。合格ラインは、合格者平均ランクはC、合格者の道コンSSは56でしょう。このあたりは大きな変化はないように思います。
ただ、例年通り、Eランク、Dランクの合格もあるはずです。その場合(D,Eランク)でも当日210点以上あれば大丈夫でしょう。Cで190点台で大丈夫でしょうか。志願変更で-5名の306名、当日欠席で40名で、26名の不合格と予想します。となれば、実質不合格者は20~22名程度となりそうです。ただ、ランクがあっても、どちらにしても点数をとらなければなりません。楽勝にはなりません。あと38日、ベストを尽くしてください。

順次、各高校をアップしていきます。
明日は苫南です。
志願変更をお考えになっている場合は気軽にお問い合わせ下さい。


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-01-26 10:32 | 大野木塾長 | Comments(0)

一所懸命


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


2019年1月18日(金)
2485号 「一所懸命」

一つの所に力を集めてがんばることを
「一所懸命」という
指の先の小さい力でも針の先の一点に
集まると固いものを貫く力になる
君の力を一点に集中してがんばれば
そんなことだってできる

東井義雄


子ども達の 「がんばりました~」
と親や先生が考えている
「がんばりました~」
には微妙な差があります。
微妙というより、大きな差といった方が
よいかもしれません。

子ども達は
「僕はがんばった~」と考え

親の方は、「まだまだ~」と考えています。

ボタンの掛け違いはしょっちゅうおきています。
そこで、親はいつも「足らないんじゃない~」
といらいら・・・・

親にとっても子どもにとっても不幸なことです。

確かに、子どもがひたすら勉強!ということになったら
いいのですが・・・・
現実にはなかなか大変・・・・

ならば、親の方が考え方を変えたほうがよいように思います。

「一所懸命」頑張れる体制、環境を整えてあげるのです。

「一所懸命」頑張れるように、わが子を信じ、応援してあげるのです。

非難からは決してプラスのエネルギーは生まれてきません。
わが子を信じ応援してあげることです。
それが一番かもしれません・・



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-01-18 22:27 | 大野木塾長 | Comments(0)

合格


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


2019年1月17日(木)
2484号 「合格です」

今日は、登別明日中高等学校の合格発表日です。
今年は1.5倍でしたので、そこそこの倍率です。

合格です!!!

これで、明日連続合格継続です!

一名だけの受験の年度もありますが
受験生全員合格、今年も継続できました~!
幸先がいい~!

ってことで~「続け~!」です。

塾長自らの「面接練習~」がきいたに違いがありません!

っと・・・きっとだれもほめてくれないはずですので・・・
・・・まさに自画自賛です・・

でも・・・安藤先生の作文対策もきいたはずですし~
タク先生も面接練習をしてくれましたし~
青葉塾全体で応援した結果ですね~!


まあ、でも~

よかったです。
ほっとしました。
おめでとうございます~!


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-01-17 14:35 | 大野木塾長 | Comments(0)


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


2019年1月14日(月)
2483号 「根」

根気
根性
性根

それが人間を決定する

東井義雄

すべての根本は、まさに「根」・・・
心せねばなりません。



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-01-14 16:50 | 大野木塾長 | Comments(0)

必勝


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


2019年1月13日(日)
2482号 「必勝」

今年も「必勝」です。
c0171889_155674.jpg


定番、隆太先生がイラストを入れてくれました。
c0171889_15563755.jpg


三学期が始まって、受験生の「寄せ書き」となります。
結構、大きいのです。
c0171889_1556543.jpg


いよいよです。頑張りましょう!



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2019-01-13 15:52 | 大野木塾長 | Comments(0)