ブログトップ

青葉塾 塾長ブログ

<   2017年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ラスト3


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら



2017年2月26日(日)
2340号

「ラスト3の最終回」

今日は中3対象のラスト3の最終回でした。
日新校、拓勇校同時に予想問題に取り組みました。
午前9時スタートです。
最終は午後3時過ぎですからほぼ本番と
同じローテーションです。
試験も、国語に始まって、数学、社会、午後からは
理科、英語と入試本番と同じです。
結果も出ました!

まずまずでしょう~
入試まであと一週間ほどです。
気合いを込めて乗り切りましょう!


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2017-02-26 22:45 | 大野木塾長 | Comments(0)

合格だ


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら



2017年2月25日(土)
2339号

「合格だ~」

今日は、国公立大学の二次試験日です。
受験生のみなさん、頑張って下さい!
そんな中、昨日は、シュンくんのお母さんが
御礼にとお越し頂きました。
有り難うございました。

シュンくんも中3からだったでしょうか・・・
中2の秋だったかもしれません・・
当初、サッカーが面白くて、
なかなか勉強に集中ができませんでした。
が、もともと力がある子だったのです。
ランクが微妙だったこともあり、高校受験時には
少し、心配もしていたのですが、無事、第一希望に
合格~!めでたし~めでたし~!
で、卒塾かと思っていたのですが、
きっと、お母さんが本人の性格を心配されたのだと
思います。
高校入学後も通塾してくれたのです。
当初から「北海学園に~」とは聞いていたのですが・・
如何せん、のんびり屋さんなもので
高校でもサッカー部に入って大活躍~
塾では最重要科目の英語に絞って勉強していました。

そして・・・

受験の2月です。
本人に聞くと
北星学園を2学科、北海学園も4学科も受験するとのこと
受験料だって大変です。
ちなみに北海の受験料は30000円です。
どこでもそれぐらいはかかります。
併願として第二希望も書けるようですが、それであれば
第一希望で合格の場合は第二はないようですので
きっとそれぞれに願書を出されたのだと思います。
もう大変です。

その北海の今年度の合格発表が昨日、24日だったのです。

結果~




ほぼ全勝~!

1学科だけだめだったようですが、
本人の第一には無事、合格~!
おめでとうございます!


これはまさにお母さんの勝利~!
きっと本人がそれに気づくにはもうしばらく
かかるように思いますが・・
息子の性格を知り抜いたお母さんだからこその合格です。
きっと、本人的には、サッカーもあるし・・・
勉強も好きな方じゃないし・・・
めんどいなぁ~
と思っていたはずです。
間違い有りません・・・


やっぱり勉強、継続です。
そして早めのスタートです。

特に、高校合格後は、多くの場合は
バラ色~、もう天国~であっという間に
高校生活が過ぎていきます。
大学受験の場合、センター出願は高3の9月です。
そして、AO入試はもう11月は始まります。
受験を考えると高校生活は2年と思っていたほうがいいのです。
高校受験終わった~、やった合格~、高1は遊んで~のんびり・・・
では「出遅れて」しまうのです。


とうことで、青葉塾は高校生も指導しています!

卒塾生のみんなも高校部で待っているよ~!


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2017-02-25 10:55 | 大野木塾長 | Comments(0)

受験も佳境


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら



2017年2月23日(木)
2338号

「受験も佳境~」

国公立大学の二次試験も今週末に予定されています。
中学生は私立高校入試、高専入試も終了、公立高の
推薦合格も発表になり、残すは本丸~3月7日の公立高
入試だけとなりました。いよいよです!

さて、青葉塾は3月が新年度スタートです。
それに伴い、高3、中3はこの2月で卒塾です。
そんな中、高専5年生のダイキくんも卒塾です。
昨日が最後の塾だったのです。
お迎えにいらしたお母様からは御礼にとお菓子もいただきました。
有り難いことです。長い間、通塾いただき有り難うございました。
無事、次なるステップに送り出せて、わたしたちもホッとしています。
彼は中3になって塾に来ました。
無事、高専に合格し早、5年です。
青葉塾が気に入ってくれたようで、高専の卒業まで
通ってくれたのです。有り難いですね~
そのダイキくんもこの4月からは室工大の三年生に編入です。
去年の7月には編入試験に向けてテスト勉強、面接練習と
しっかり取り組ませていただきました!
良かったです。
そんなダイキくんも含め、現中3のみんな、高3のみんなとも
お別れです~!

人生は出逢いと別れ・・・という言葉もあるくらいですから
卒塾生のみんなには次なるステージで頑張ってほしいと思います。
笑顔で終われるように、受験生は
「勉強~勉強~!」
あとしばらく頑張りましょ!

一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2017-02-23 13:45 | 大野木塾長 | Comments(0)

チラシ完成~


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら



2017年2月18日(土)
2337号

「折り込みチラシ完成~」

春季講習~!
3/21(火)スタートです。

青葉新学期~!
3/6(月)開講です。

外部募集のチラシできました!
まず、2/22(水)の民報に入ります。
宜しくお願い致します~


と同時進行で、中2,中1の期末対策日です。
午後二時スタート~
最終は午後九時半です!
今日もお弁当持ちで頑張っている子もいます!
エライです!
勉強にコツはあるかもしれません・・・
が・・・・
その前にまずは「やること~!」です。
私たちはそのお手伝いをしているだけなのです。

みなさんも、ガンバってください!


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2017-02-18 20:44 | 大野木塾長 | Comments(0)

苫南変更後


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら



2017年2月16日(木)
2336号

「志願変更苫南」

志願変更が発表になりました。
順にみてみます。

今日は苫南です。

1/28に次のように書きました。

定員は200名です。うち推薦枠は40名です。
平成26年 志願者232名(うち推薦志願者46名)
平成27年 志願者241名(うち推薦志願者52名)
平成28年 志願者204名(うち推薦志願者38名)
平成29年 志願者199名(うち推薦志願者33名)
志願者は昨年度比-5名です。現時点でもう定員割れ~!苫東が過去4年では最高の志願者となったのとは反対です。4年間で最低の志願者です。となれば予想は昨年とほぼ同じです。志願変更で増えるはずです。しかし、予想では~+10名程度でしょう。そんなに多くはありません。一度、決めた志望校です。志願変更はなかなかしにくいものなのです。+15名以上の志願変更はないと思います。仮にあったとしても+15で214名です。あ~でも14人もまだ落ちる・・・・とお考えになるのが普通ですね。しかし、苫東ほどではありませんが苫南も当日欠席がでるのです。
すばり、ほぼ全員合格です~!落ちても1~2名ほどでしょう・・・落ちる方が難しい!二年続けての定員割れ二次募集も十分ありそうです。ラッキー!あとは、推薦枠ですが、苫南は枠を残して合格を出しています。(枠が40名なので志願者33名なら全員合格となるはず・・・にはならないのが苫南ですのでしっかりと対策を講じることが必要です)
現時点で浮かれてはいけません。そんな時こそ、心を引き締めて勉強に取り組む必要があります。高校合格はまだまだ「過程」でしかありませんよ~


の変更後ですが、一気に216名となりました。+17名です。予想以上に増えました。少し緊張感がでてきました。が・・・・状況は1/28とほぼ同じでしょう・・・仮に・・・昨年と同数の欠席がでれば(昨年は24名と例年より多かった)定員割れ、二次募集、受験者全員合格~!となりますし、その可能性もまだ十分いあるとみます。一つには、苫高専です。このブログには書いていませんが昨年の高専、志願者が一昨年より減りました。その結果、実は不合格者数が少なかったのです。ということで高専合格→入学→公立辞退で欠席が増えたのは間違い有りません。

そして、今年、苫高専の志願者は去年より実は少ないのです。ということは、今年の苫高専も不合格者数は少ないはずです。図式的には実は去年と同じ構図となっているのです。ただ、その欠席は苫東になるかもしれません。(苫東の欠席が増える可能性も十分ある)それを考慮しても、実は苫南、例年、約15名の欠席がでています。それに入学辞退を入れると・・・やっぱり、「落ちる方が難しい~!」状況です。落ちて、1~2名・・・ 。 さらには二次募集1~2名の可能性もありです。

ただ、浮かれることなく、今やるべきことに集中することが大切です。頑張って下さい。



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2017-02-16 10:59 | 大野木塾長 | Comments(0)

苫東変更後


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら



2017年2月15日(水)
2335号

「志願変更苫東」

志願変更が発表になりました。
順にみてみます。

まずは苫東です。

1/27に次のように書きました。

平成26年 志願者316名
平成27年 志願者321名
平成28年 志願者310名
平成29年 志願者325名
志願者は昨年度比+15名です。過去4年では最高の志願者となりました。といっても大きな増加ではありません。一昨年と比べると+4名です。志願変更はどうでしょうか。苫南の倍率が高ければ志願変更はほぼないように思いますが、今年も苫南が低倍率になりました・・・やはり、合格ライン上の生徒が苫南に志願変更を考えるように思います。しかし、予想では10名程度でしょう。そんなに多くはありません。一度、決めた志望校です。志願変更はなかなかしにくいものなのです。15名以上の志願変更はないと思います。あればラッキーです。となれば、合格ラインは若干、上昇でしょうか。合格者平均ランクはC、合格者の道コンSSは56でしょう。このあたりは大きな変化はないように思います。ただ気分的に昨年比+15名が重いように感じるかもしれません。が、例年通り、Eランク合格もありそうです。その場合(D,Eランク)でも当日210点以上あれば大丈夫でしょう。Cで190点台で大丈夫でしょうか。志願変更で-10名の315名、当日欠席で約45名で、30名の不合格と予想します。となれば、実質不合格者は26~27名程度となりそうです。


で~ 311名です。-14名です。当初、10名程度の減少と予測しましたがそれより少し多かったようです。多い~と思う方が気分的にはいいと思います。最終の志願状況は今月末になりますがこれでほぼ確定でしょう。
昨年同時期の志願者が304名(最終で305名)ですのでそれよりは多くなりましたが、ほぼ昨年並みという結果になりました。昨年の合格最低点は170点台だったようですから・・1/27に書いたとおりでしょうか。まず210点を目指しましょう。でもCで190点の後半でも十分勝負はできるように思います。が、当日の難易度によって合格ラインは上下します。こどもたちからも「先生、何点取ったら大丈夫ですか?」と聞かれますが・・・それはだれにもわかりません。
当日、テレビで「今年の合格ライン~!」と放送されますが、それも予想の域をでるものではありません。ただ、この記事にあるような例年の合格ラインというものはありますので、あくまでそれに沿ったものであって、それ以上のものでも、それ以下のものはないのです。
戻しましょう。当日欠席は40名程です。311名で受験します。
当日欠席で41名、311-41=270名 270-定員240名=30名の不合格、辞退があって-2名で28名の不合格・・当日欠席にもよりますがやはり、26名~33名程度の不合格はでます。
裁量対策の英作の練習等は必要ですが、より大切なことは理社、英数の共通問題をきちんと得点することです。極論すれば~「裁量ができなくても苫東受かるぞ~!」
頑張って下さい!



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2017-02-15 14:30 | 大野木塾長 | Comments(0)

会報発行


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら



2017年2月13日(月)
2334号

「会報12号発行~」

本日、会報12号の発行日です。
昨日の中3生ラスト3の受講者、
中2・中1の期末対策の出席者
には配布済みです。
ただし、日新校です。
他の生徒には今日から配布しますので
ご確認下さい。
新年度希望、懇談希望の用紙も入っていますので
返信宜しくお願いします。

春季講習会の募集要項が完成しています。
近々、ホームページにアップ予定です。
ご希望があればお届けしますので
ご連絡下さい。
宜しくお願い致します~


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2017-02-13 15:24 | 大野木塾長 | Comments(0)

春季完成~!


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら



2017年2月10日(金)
2333号

「春季要項完成~」

春季講習会の募集要項が完成しました~
3/21(火)スタートです。

ご希望があればお届けします!
宜しくお願い致します~!


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2017-02-10 11:03 | 大野木塾長 | Comments(0)

コメント


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら



2017年2月8日(水)
2332号

「コメント」

受験生からコメントがありました。
ありがとう~!
少しは役に立ったようで
なによりです。
自分を信じて「頑張って」ください!
きっと大丈夫です!


意外に多くのみなさんがご覧になって
いただいているようです。

新規に入塾されるご家庭で
「ずっと見てました~」
とお話頂けるケースもありますし、
塾生のお宅でも結構、ご覧頂いていいるようです。
有り難いことです。


さらには、同業者の塾屋さんも結構ご覧になっているようで・・・

「お宅(青葉塾)のあの記事のことで他塾さんが、
自分とこのブログに、お宅の悪口書いてたよ~」
とご丁寧に教えていただける塾屋さんもいます。

「そうなんですか~」てなものですが・・

有り難いやら~
のお話です。
受験情報などはそのまま使える内容になっているので
いつもどうしようかとも考えつつも・・・

まあ、いいか~
てっ感じです。

同業者の塾屋さんは、確かに競争相手ですが
それぞれに自塾のこどもたちのため、私塾として
頑張っておられるわけですから、
基本、リスペクトしなければなりません。
ただ、色々な塾がありますので・・・
ただ、原則、共存ですね~
それぞれの私塾が地域のため、そして自塾の
子供たちのためにしっかり指導させていただくことが
大切です。それぞれの持ち場でベストを尽くすことです。
それが、ひいては世のため人のため~になるはずですね~
かっこいい~!

毎年、秋に行っている私学説明会も同じです。
公教育とは違った良さが、私教育(私学)には
あります。その選択肢は多い方がいいはずです。
その思いで、昨秋も、立命、日大、道栄、駒澤と
各高校の先生に来塾していただき、お話をしていただきました。
11月末のブログにあるはずです。

話がそれましたね。
2332号です。
2322÷365日=6.3・・・ですので
このブログでも、もう6年、毎日書いたことになります。
このブログの前にも違うサイトで書いていました。
それはどこにいったのでしょう・・・
もうわかりません・・
なかなか毎日の更新ができませんから
もう10年以上になりますね。
ご苦労様です。
できるだけ、有意義な記事を交えてこれからも
書いていこうと思っています。
宜しくお願い致します~


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2017-02-08 14:39 | 大野木塾長 | Comments(0)

推薦入試


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら



2017年2月7日(火)
2331号

「推薦対策~」

少しでも参考になればいいのですが・・

推薦対策を~

胆振東学区において
トップ高である苫小牧東以外の高校は
すべて推薦入試の枠があります。
かく言う苫東も推薦枠があった年度もあるのですが・・
もう昔の話です。

さて、苫南、苫西は定員の20%、
白老東は定員の30%程度
苫小牧工業、苫小牧総合経済は定員の50%程度の
推薦枠があります。

制度として,「推薦枠」があるわけですから
まず、基本は、「推薦を頼む」ことが第一です。

第一希望なわけですから、推薦で本番の前に
合格が決まれば、親も子も一安心ですね。
さらに、推薦で落ちたとき(校内推薦でなく本番)
のデメリットは実はまったくない~のです。
ただ、本人的には精神的なダメージはあるはずですが
全く考慮する必要はありません。

そこで、推薦となれば、「面接」です。
これをクリアーする必要があります。
登別明日中高でもまったく同じです。
まずは各高校から「志望してほしい生徒像」が
発表されていますから、面接では「その生徒」を
演じる必要があります。
大切なことは「演じる」ことです。

結構、過激な意見ですが、これこそ「本音トーク~」
面接会場は学校祭、学芸会の舞台だと思うことです。
その舞台で、「いい子」になるのです。
仮に、あなたが「おとなしい控えめな性格」だとしても
それはそれ、面接では「明るく元気なもう一人のあなた」を
演じるのです。
ただ、それには練習も必要です。
是非、学校で、各ご家庭で面接練習をしてあげて下さい。

うちの塾生は気軽に「面接練習してください~」と声をかけて
くれます。いいことです。

さて、もう一つ、「作文」です。
作文が難しく感じる理由は簡単です。
普段、作文なんて書いてないからです。
せいぜい一年に一回か二回、休み中の読書感想文くらいです。
それも時間制限もなく、資料を見ながらかくこともできます。
構想もじっくりと考えることもできます。
ところが、試験の小論、作文となるとかってが違います。
その場で、時間制限のなかで書きあげる必要があります。

さらには、採点の基準ですが・・
作文を客観的に採点することは難しいはずです。
ただ、作文の形式、語句の使い方、誤字脱字など
国文法的な形式的採点は可能です。
しかし、文の内容については○×式の採点は
どうでしょうか・・・
どうしても優良可的な採点になるはずです。

ただ、13日(推薦面接日)まで時間がありませんが、
その練習は必要です。時間を決め書き上げるのです。
さらに書きあげた作文を添削してもらえると
いいのですが・・・難しいかもしれません。
今年は苫南の推薦はいませんが、過年度では、自己ピーアール文の
添削を頼んでくる子にはフォローアップとして何回も塾で対応させて
いただきました。

あかねさんもうまくいかなかったら、連絡してくださいね。
コメントを書いてくれた勇気に~
手助けできることは協力したいと思います。
塾生でなくとも大丈夫ですよ~
ただ、すぐに「推薦の要件」もよく読んで、「練習」してください。
作文も「時間を決め書き上げる」練習も必要です。
頑張って下さい~!

最後に・・・
仮に推薦でだめでも、本番はきっと定員割れ・・・
推薦になるくらいですからきっとランクはCあたりだと思います。
そうでれば、倍率がでても、そのランクで合格間違いない~!
自信ももって本番にのぞんで下さい!



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2017-02-07 12:28 | 大野木塾長 | Comments(1)