ブログトップ

青葉塾 塾長ブログ

<   2016年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

連休


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!




2016年4月29日(金)
2182号

「連休」

全国的に連休のスタートです。
しかし、北海道は寒い一日となっています。
後半でドライブにでも~

と阿寒湖の観光案内所に電話したら

「外は10㎝くらい雪が積もっています~
圧雪ですよ~!
この二三日は溶けないかもしれませんし~
夏タイヤでは危ないかも~」
道東は天気予報通り、冬のようです。

アウトですね・・・
道東には行けません・・・

もう早々と夏タイヤです!



三年ほど前の五月の連休には知床に
行ってきましたが・・・
知床の道の駅は真っ白でした。
さすがは北海道ですね~
2013年4月30日です。
ウトロです。
c0171889_1839356.jpg

c0171889_18393098.jpg

c0171889_18403125.jpg

c0171889_18405055.jpg



行くとすれば道南でしょうか・・・




一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2016-04-29 18:41 | 大野木塾長 | Comments(0)

子育て


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!




2016年4月28日(木)
2181号

「子育て」

以前ですが月刊誌「致知」にあのイチロー選手のお父さんである鈴木宣之氏とヴァイオリストの五嶋 節さんの対談が出ていました。
対談のテーマは「子供の天分をどう伸ばすか」
その道で大きな成功を収めたお二人の子供達、子育てにかけたお二人の色々な示唆に富んだお話があります。その中でも鈴木氏の最後の言葉に、子育ての要諦があるように思いました。

鈴木氏 「・・・、仕事と大人の付き合いに明け暮れて家に帰れば寝るだけでは、子供を持った男の人生としては中途半端です。溺愛でいいんです。少なくとも、二十歳になるまでは徹底的に子供に付き合ってあげることですね。それが、子供の天真を見いだし、発揮させる鍵になると思います。」と締めくくられています。

鈴木氏は「溺愛でいいんです」とおっしゃっています。
「親はわが子の応援団長なのです」 子供のすべてをそのままに受け入れ、どんなときにも味方であり続けること。それこそが、子育ての要諦ではなかろうかと考えています。

その鈴木氏、イチロー選手がオリックスに入団が決まったとき、プロ野球選手である前に、立派な社会人であってほしいという願いを込めて「品格ある野球人」という色紙を送られたそうです。まずは、人としても立派であってほしいとの願いが込められていますね。「溺愛」と「甘やかすこと」とは別のもののようです。そのあたりが難しいところでもあります。



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2016-04-28 14:43 | 大野木塾長 | Comments(0)

万事素直


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!




2016年4月26日(火)
2180号

「万事素直」

落語のお話ですが・・・

五代目柳家小さん、さん
小さん師匠の口癖は

「万事素直」
「あいつぁー素直そうだから
 いいぞ、伸びるぞ~」てな
ことをよくおっしゃっていたそうです



素直・・・
素直な心があればこそ
すーと心にしみいっていく

勉強とてまったく同じです。
おれが、おれがと
自分のやり方に固執し
ひとの言うことを聞かない・・
よくいえば個性
悪く言えば、わがまま

基本を押さえた上で
初めて個性は生きていくもの

ピカソのデッサンを見たことが
あります。
精緻な、それはそれは見事な
写実の業だと思いました。
そのデッサン力があって
彼の自由奔放な画風がある・・

万事素直

大切な言葉です。



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2016-04-26 15:16 | 大野木塾長 | Comments(0)

掃除


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!




2016年4月25日(月)
2179号

「掃除」

函館で桜が咲き始めたようです。北国の遅い春がもうそこまで来ています。

かつて松下政経塾で、早朝の掃除をすべきかどうかの激しい議論になったことがある。ある塾生が、「みんなで相談して、多数決によって掃除をしない意見が過半数を占めれば、掃除をしなくてもよろしいか」と、松下幸之助に質問したことがある。

 その時、松下幸之助は、「これは多数決で決めるようなことではない。責任者の私の決断である。例えみんなが反対であっても、やらなければならないことはやる」と言った。

上甲晃 一日一語 4月17日号

上甲さんは幸之助さんが松下政経塾を立ち上げるにあたり、幸之助さんが塾頭、上甲さんは副塾頭として幸之助さん直々にご指名を受け、松下電器本社から派遣されその後10年にわたり政経塾にたずさわった方です。本も何冊も出しておられます。当塾からも上甲さんの「青年塾」を一年にわたり受講させていただいたこともあります。また、講演も何回も拝聴させていただきましたが、まさに「志」の人です。

上甲晃プロフィール

昭和16年10月 大阪市に生まれる
昭和40年4月 松下電器産業株式会社に入社
※広報、電子レンジ販売などを担当
昭和56年 財団法人松下政経塾に出向
※理事・塾頭、常務理事・副塾長を歴任
平成8年4月 松下電器産業株式会社を退職
平成8年5月 (有)志ネットワーク社を設立
平成9年4月 「青年塾」を創設



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2016-04-25 11:12 | 大野木塾長 | Comments(0)

青春


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!




2016年4月24日(日)
2178号

「青春」

青春とは心の若さである
新年と希望にあふれ
勇気にみちて日に新たな
活動をつづけるかぎり
青春は永遠にその人のものである

松下幸之助



幸之助さんがあの「松下政経塾」を設立したのは
氏が84歳のときです。
「日本には国家百年の計がない」と日本の将来を憂い
有為の人材を送り出すことを目的とされたようです。
幸之助さんは1894年生まれです。
1894年は日清戦争ですね。
明治生まれの気骨をお持ちだったのでしょう。
それを思えば、まだまだ「青春」をがんばらねばなりませんね。




一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2016-04-24 23:45 | 大野木塾長 | Comments(0)

三万六千五百日朝


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!




2016年4月23日(土)
2177号

「三万六千五百日朝」

三万六千五百日朝(棟方志功)

なんという言葉だろうか。
百年生きたって僅か三万六千五百日朝だ。
一朝だってムダにしてはならないんだと、
腹にしみわたるような言葉だ。
 坂村真民


百歳生きること・・
これとて大変

80歳、生きて
二万九千二百日朝

80歳は、男性の平均年齢を
越えていますが・・
これとて大変


西洋数字で
29200朝

一日が1朝
知らないうちに
多くの朝を
過ごしてしまったようです

何気ない一朝ですが
八十年で29200日
百年36500日と
実は大きな数ではないようです
人の一生なんてほんの一瞬のようなものかもしれません

その一瞬をどう生きるのか・・・

21日の道新夕刊に、映画字幕翻訳家の戸田奈津子さんの記事がありました。もう79歳だそうですが、今までに1500本以上の映画字幕を手がけられたそうですから、きっとほとんどの人が戸田さんの字幕をみているはずです。
「みんな18歳だった」今回、参政権が18歳になるにあたり各界で活躍されている方が18歳のとき何を思っていたのか、それがそれからの人生にどういった意味を持ったのか、インタビュー形式での記事です。

「この仕事を目指してからプロになるまで20年もかかりました。なぜ途中で諦めなかったかって?いくら考えても他にやりたい仕事がなかったからです。・・・私の人生は映画好きから全てが出発しました。好きなことが見つからなくて迷っている若者も多いけど、きっと人生の途中で見失っただけ。原点に戻って好きなことを探してほしい。人間はやっぱり「好きこそ物の上手なれ」だから」





一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2016-04-23 10:24 | 大野木塾長 | Comments(0)

三十年前その3


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!




2016年4月22日(金)
2176号

「三十年前・・その3」

お役目は無事、終了し



時は流れ・・・



この春、そんな彼の奥さまからお問い合わせがありました。

彼もりっぱなお父さんになっていたのです。
お子さんが、春季講習会に参加していただいたのです。
そのお申し込みにお父さんとなった彼も来てくれました。

何年ぶり・・・
というよりは・・・
何十年ぶりでしょう


十五歳で卒業ですから・・・
それからでも二十七年、八年も経っています。

もう、びっくりですね~
そして今回、継続して塾に通っていただけることになったのです。

ありがたいことです。

「有ることが難し」ことが有り難いですから
本当に有り難いことです。
心して指導に当たらせていただきます!
もちろん、今いる塾生のみんなも同じです!

青葉塾は今年でもう三十年になります。



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2016-04-22 15:01 | 大野木塾長 | Comments(0)

三十年前その2


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!




2016年4月21日(木)
2175号

「三十年前・・その2」

もう三十年も前の話ですが・・
当時は一人で、西へ東へと家庭教師に走り回っていました。

家庭教師であれば、一日に4コマあたりが限界です。
移動の時間もありフルに動いてもそこには自ずと限界があります。
まして、人気講師~!?だったものですから、
すでに家庭教師は満員御礼状態です。
もう時間は一杯!
もう取れる時間帯がありませんでした。

で、いつ頃だったでしょうか・・



そんな中、彼のお母さんから
「先生、回数を増やしていただけませんか」
とお願いされたのです・・・

テスト前だったのでしょうか・・・
何か、その必要性があったような・・
もう詳しいことは忘れてしまいました。


「それじゃ、学校に行く前に
午前6時からやりましょう~・・・か・・・」

といったお話になったのです。


何と~!
朝練~!

ならぬ・・朝勉~!


ただ、夜が遅いお仕事ですので、朝は苦手・・・
午前6時に行くには午前5時には起きなくては
なりませんね・・


しかし、彼のお母さんも、彼も
やる気満々~!


有り難いことです。

行きました!

午前5時に起き!
朝ごはん前に!



指導が一回90分とすれば、午前6時半からでは
学校に間に合いませんからやっぱり、
午前6時からだったような気がします・・・


後にも先にも朝から家庭教師に行ったのは
それっきりです。


そんな彼が四十歳過ぎとなって・・・




続きます。



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2016-04-21 15:56 | 大野木塾長 | Comments(0)

三十年前その1


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!




2016年4月20日(水)
2174号

「三十年前・・その1」

お父さんは今年、四十三歳だそうです。

そのお父さんが中学一年生の時に
家庭教師に行っていたそうです・・・

私は中2ぐらいだったように記憶していましたが
そうだったようです。
三十年前に中学生だった彼がそう教えてくれました。
彼が高校受験まで家庭教師にいっていたのです。

優秀な生徒でした。
野球部でエースで四番!
定期テストでも常に400点以上~
宿題も完璧~!
理解度、抜群~!

そんな彼ですから、あちこちからお話があったようで
最終的には野球の強豪校に、特待扱いで
進学していったように記憶しています。

中3で十五歳とすると・・・
それからでも二十八年ですか・・・

もう三十年も前の話ですね。
当時は今のような教室もなく、一人で、西へ東へと
家庭教師に走り回っていました。

何と言っても教え方がいいものですから~!?
成績もぐんぐん上がるわ~!?
子供たちとの相性もばっちり~!


で、家庭教師は満員御礼状態です。
もう時間は一杯!


続きます。



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2016-04-20 16:21 | 大野木塾長 | Comments(0)

育成は祈り


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!




2016年4月18日(月)
2173号

「育成は祈りである」

 育成は祈りである
人を育てることほど難しいものはない。
校舎、教師、制度を整えても
解決する問題ではない。
一人ひとりの心に火をともす心の仕事なのだ。
 石川 洋



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2016-04-18 15:17 | 大野木塾長 | Comments(0)