青葉塾 塾長ブログ

ブログトップ

<   2014年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

知床編第二弾3 日の出


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2014年9月30日(火)

1802号

「知床編第2弾3 知床日の出」

知床編第二弾の3です。

写真の日時が前後しますが、いつも朝、苫小牧を出ると
ウトロの道の駅につくのはもう夕方、暗くなってからです。
その日は星空のきれいな夜でした。
ふと、知床峠に登れば朝日が見えるかも~

閃きました。

ホテルに泊まっていれば、朝食もあって
そんなに早くチェックアウトすることも
できませんが、そこは車中泊~!
気楽なものです。
そうと決まったら朝の4時にはウトロをでなくてはなりません。
午前5時には日の出になるはずです。
知床横断道を峠に向け上がっていきます。
あたりは、まだ漆黒の闇のなかです。

だんだんんと白んできました!
感は当たりました!
すばらしい~!

午前4時35分
c0171889_10171833.jpg


午前4時41分
c0171889_10254685.jpg


午前4時52分
c0171889_10272952.jpg


午前4時55分
c0171889_10182872.jpg


午前5時01分
c0171889_95175.jpg


午前5時08分
c0171889_10194991.jpg


一年前の9月23日です。
とりあえず寒かった記憶があります。



気温三度だったような・・

でもすごいと思ったのは、うちだけでなく、
他にも車が約十台~
知っている人は知ってるんだ~と
思いました。

相方がいれば今年も行くか~
となっていたほど感動しましたよ~
とても残念・・・悲しいすね

マージャンと同じですね~
面子が大事!?
メンバーが気のあった連中だったので
楽しかったな~
ずっと昔ですね~!


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Topzemi-aobajuku | 2014-09-30 10:37 | 大野木塾長 | Comments(0)

進路編7


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2014年9月29日(月)

1801号

「進路編7」

進路編の7です。

総合Aも終わり、学校祭も終わり・・
ようやく中3生は勉強に集中できる
時期となりました。
これからが勝負ですね。

入試は来年の3月4日(水)です。
いまから実力点がとれれば良いのですが・・
そうでない人も結構、いるはずです。

中3生は総合A,B、Cの平均点が
実力点となり申点点との相関で12月の
三者懇談が行われるため、今とれないと・・・
となりがちですが・・・


まったくそんなことはありません。

ただ、内申点は上がりません~
逆にいえば内申点は下がりません~
もちろん、1教科で3点分が上下しますから
内申は上下しますが、大きくランクの幅を
越えることはないのです。
ランク幅は20点ありますからランク幅を
越えるには7教科分アップ(ダウン)する必要が
あります。9教科で7教科分が上がる・・
かなり無理がありますね~

ランクは変わらないのです。

ならば~

そうです。実力点をアップさせるしか
ありませんね。
その実力点も来年の3月4日に取ればいいのです!
そういった強い気持ちも必要ですね。

3月までにはまだまだすることはありますよ!
己を信じて、頑張ることです。


さらには・・
わが子を信じて
頑張らせることです!
親が信じずして誰が信じるのでしょう・・
大切なことは、親御さんが
わが子を信じることです。





一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Topzemi-aobajuku | 2014-09-29 14:30 | 大野木塾長 | Comments(0)

知床編第二弾2


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2014年9月28日(日)

1801号

「知床編第二弾2」

知床編の第二弾その2です。

知床横断道を抜けてウトロ側から羅臼側に入ります。
昨日の熊ノ湯温泉の写真は午前7時前です。
朝日がまぶしいですね~

横断道をおりるとすぐ右手に道の駅「らうす」があります。
c0171889_10535743.jpg

c0171889_10541310.jpg


道の駅の前は直線道路です。
c0171889_10543270.jpg

c0171889_1054437.jpg

c0171889_10545612.jpg


すぐ前はオホーツク海、すぐ前に国後島が見えます。
c0171889_10552057.jpg



横断道をおりるとそこが羅臼の町です。
羅臼漁港です。
c0171889_10554654.jpg


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Topzemi-aobajuku | 2014-09-28 10:56 | 大野木塾長 | Comments(0)

知床第二弾1


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2014年9月27日(土)

1800号

「知床編第二弾」

今日から知床編の第二弾です。
前回はあいにくの雨模様でしたが
その一週間後はいい天気となりました。
一年前の9月22日~23日です。

斜里からウトロに向かう途中でオホーツク海に沈む夕日です。
c0171889_2028115.jpg

c0171889_20282263.jpg
c0171889_20283147.jpg


苫小牧を朝に出てもウトロに着くころは夕日の時間となります。
知床、遠い~!
その距離にめげず、二週続けての知床行きでした。





前回はぼけた写真となった羅臼側の熊ノ湯温泉です。
無料の露天風呂です。

道路標識
c0171889_20294938.jpg



渓谷にかかる橋
c0171889_20301463.jpg



橋から上流を
c0171889_20303432.jpg



橋を渡ると看板が
c0171889_20304693.jpg



少し歩くと更衣室と男女別のお風呂が
地元のみなさんのおかげでとてもきれいです。
快適~!
c0171889_2031964.jpg




一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Topzemi-aobajuku | 2014-09-27 20:31 | 大野木塾長 | Comments(0)

進路を考える6


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2014年9月25日(木)

1799号

「進路を考える6」

今日は進路編の6です。


例年、2月の第3日曜日が入試日です。
そして2月末には合格がでます。
ここにも問題があります。
本人にとっては人生の岐路となります。


と書きました。引き続き苫小牧高専の続きです。

何が問題なのか?
考えてみたいと思います。

普通、高専の受験者は、公立高校にも願書を出しています。
(まれに高専だけの生徒もいますが、ごくまれなケースだと
思います。)

公立校の入試日が例年、3月3日~5日です。
その合格発表は3月16日~18日です。

高専の合格発表は2月末です。
そして、入学の確約書を出すのが3月の10日前後です。
平成25年度は3月1日合格発表、
3月11日が「入学確約書」もしくは
「辞退届書」を提出することになりました。


つまり、公立校の受験はできるが、
その合格がでる前に高専の入学を決めなくては
ならないのです。


「公立に落ちたら・・・」とか

「せっかく受かったから高専にいけば・・」とか

「どうしよう・・・」

となるケースがでてきます。


高専を辞退したのに、公立校に落ちたら
目も当てられませんね~

ここが人生の岐路~!?



ランクもあって公立、絶対安心くんならば
たいして悩みもせずに、辞退ができますが
公立の倍率が高い年などには、合格が微妙な生徒
は大いに心配することになります。


提言1 気軽に高専は受けないこと!
受ける場合は、あくまで高専が第一希望のときが良いと思います。
へたに受かると余計な心配がでてしまいます。

提言2 高専に行きたい場合は適性をよく考えよう!
高専に入った後は中学時代のランク、成績はあまり関係ないように思います。
「思考力」と「粘り」がない子は苦労する可能性が大~!

提言3 就職は道外が多数!
高専にいった場合は、結局は地元に就職するケースはまれです。
たまに、出光興産とか市役所、北電といったケースもありますが、
ごくごく少数です。

何が問題?  


わが子は親元(地元)に帰ってこない~! 
老後は親だけ~!

所詮は、中堅都市の苫小牧
大企業はあるにはあっても・・

結局は、多くの生徒は地元を離れて就職することになります。

高専編でした。


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Topzemi-aobajuku | 2014-09-25 15:07 | 大野木塾長 | Comments(0)

進路を考える5


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2014年9月23日(火)

1798号

「進路を考える5」

秋分の日ですね。
苫小牧は穏やかな天気となっています。

昨日が章子先生の四十九日でした。
葬儀に際しましては、多くの皆様がご多忙ななかご会葬くださり、また、ご丁重なお供物も賜りました。また今回の法要に際しましても過分のお供物を賜っております。お蔭をもちまして法要も滞りなく相営み忌明仕りました。皆様のご芳情に厚く御礼申し上げます。







今日は進路編の5です。

引き続き苫小牧高専です。
推薦です。
本人の意志が固く、高専を第一希望とする場合は
まずは推薦ですね。推薦枠が定員の50%もあります。
さらに内申も「第3学年の合計が36以上」・・・
つまりはオール4でOKです。オール4がDランクの上ですから
Cランクあれば推薦枠に入ります。
もしくは3か年の総合計が108以上となっていす。

前回、書かせていただいたようにしっかり話し合うことが
必要です。光と影を念頭において考えなくてはなりません。

推薦を考えない場合は、一般入試です。
定員200名のうち推薦で約100名が決まってしまいますから
実質的には定員100名です、そのため、一般入試の倍率は高くなります。
2013年度でみれば
募集定員100名に対して志願者数は208名
受験者205名です。
2倍ですね~!
高校入試ではかなりの高倍率です。
合格は二人に一人!!!


しかし・・・



でも・・・


そうはならないですね~




定員100名に対し、合格者は145名!
実質倍率は1.4倍です。
それでも高いことにはかわりませんが・・


え~! ですよね。

そうです。
合格しても高専に行かずに公立校上位校に流れてしまうのです。

例年、2月の第3日曜日が入試日です。
そして2月末には合格がでます。


ここにも問題があります。
本人にとっては人生の岐路となります。


また続きます。



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Topzemi-aobajuku | 2014-09-23 11:34 | 大野木塾長 | Comments(0)

知床4


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2014年9月20日(土)

1797号

「知床4」

今日は知床編の4です。

今日の苫小牧は秋晴れのいい天気となっています。
相方の章子先生がいれば、
「とうちゃん、どっか連れてってね~」
となるようなスカッ-としたいい天気です。
旭岳では紅葉が見頃ですし、
知床ではサケも上がってきて
熊さんも元気なようです。

オタズネマップ港!
ユニークな名前に思わずシャッターを
羅臼です。
c0171889_11255742.jpg




知床横断道の羅臼側にある熊ノ湯温泉
天然の無料の温泉です。
お湯は熱めです。最高ですよ~
男女別の更衣室があるので安心です。
道路側に駐車スペースがあって、橋を渡っていきます。
橋と、橋からの川です。
c0171889_11262068.jpg

c0171889_11263129.jpg


知床の帰りに、屈斜路湖が見えました。
391号線、野上峠からです。
c0171889_11265229.jpg



屈斜路湖は砂湯が有名ですね。
c0171889_1127510.jpg

c0171889_11271961.jpg

c0171889_11274845.jpg


帰りに阿寒を抜けて241号線から
神秘の湖「オンネト-」に寄っていきました。
c0171889_11273984.jpg




帰ってくると、走行距離は1000㎞以上になります。
この時は天気的にはイマイチでしたが、雄大な北海道を
駆け抜けてきました。





一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Topzemi-aobajuku | 2014-09-20 11:27 | 大野木塾長 | Comments(0)

進路を考える4


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2014年9月19日(金)

1796号

「進路を考える4」

今日は進路編の4です。

青葉塾では明日は、中学部の中間対策の勉強会です。
基本は午後1時30分~6時20分となっています。
約5時間ですが、ちょうどいいくらいでしょうか。
部活生の場合は、参加できる時間に始め、終了は
午後9時30分です。
どちらの場合もテストを受ける子どもたちに頑張って
もらわなければなりませんね。


さて、苫小牧高専の続きです。
昨日、自習室に塾生が来ていました。
タイムリーなことに高専の3年生です。
中学時代から青葉塾に通い、早いもので
もう高3生となってしまいました。
その彼に退学の件を聞いてみました。

「3年生になるまでに何人やめたの?」と私

「やめさせられたの3人で、自分でやめたのが
一人です。いま、上から2人おりてきています。」と彼

※高専は2年続けての留年はできません。
2年目には自動退学となってしまいます。


やはり・・・

一学科の定員が40名ですから、現時点で
4名・・・10%ですね。
それをどう見るかは、いろいろですが、
やはり厳しい数字と言わざるを得ません。

本来、学業とはそうあるべきだとも思いますが・・・


続きます。


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Topzemi-aobajuku | 2014-09-19 16:04 | 大野木塾長 | Comments(0)

進路を考える3


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2014年9月18日(木)

1795号

「進路を考える3」

今日は進路編の3です。

交互に記事を書くのは意外と大変です。
思考を180度変えなくてはなりません。
これが、意外に大変なのです。

苫小牧高専の続きです。

「禍福はあざなえる縄のごとし」ともいいます。
陰陽といった考え方もありますね。
そうです~ 高専の光と影!
今回は「影の部分」=陰にスポットを当ててみましょう


前回はいわば、「光の部分」=陽です。


しかし、「陽」があれば必ず「陰」の部分もあります。
これはあくまで個人的な感想ですので、ご了承下さいね。

高専には青葉塾からも毎年、合格しています。
世間的に名の通った企業に就職し家庭を持っている
卒塾生もいますし、塾の先生として私たちの
お手伝いをしてくれた子も何人もいます。


それでは・・・



「陰」の部分を何点か・・・


1、ばりばりの理系の学校であるということです。
何が問題なの?・・・とお考えになるかもしれません。

もちろん、その学科に興味をもって進学していくわけです。
卒業後の就職も進学も良さそうですね~

しかし、所詮は中学生です。
将来、やりたいことが決まっている子など100人中
何人いるのでしょう?

多くの子どもたちは、

「親が言うから・・」とか

「おもしろうそうだ・・・」とか

「A君なら推薦してあげるよ・・・」とか言われ

漠然と進学していくことになります。
ここが問題です。
何となく進学していくと・・・


高専では、かなり専門的なハードな学習が待ち構えています。
実はこの時点で心が折れてしまう子がでてしまいます。

普通科であれば、追試や補習で何とか進級、卒業へと
導いてくれますが、高専では一定以上の学力が求められます。
単位不認定での留年はごく普通のことになっています。
厳しいですね。普通校では考えられないことです。

多感な年頃です。
仮に留年となれば、一級下の連中と同級生となります。
つらいですよね・・・

もしくは高校に入ってから自分のやりたいことは
高専にはない!と思うこともありますね。

しかし、もう普通科にはもどれません。
やりたくもない(と思うようになった・・)
ばりばり理系を5年間も勉強していくしかないのです。
つらいですよね・・・


2.1にも書いたように単位認定が厳しいのです。
勉強していかないと、ついていくことができません。
その年度によっては、合格ラインが低くなるときも
あります。自分の実力以上の学校に入ってしまったら
結構、大変ですね。
高校の勉強、特に高専の数学はハードです。
中学とは別の世界がそこにはあるのです。


大きくは以上の理由で高専をやめていく生徒は何人もいます。
塾の卒塾生でやめた子もいます。
やめるにしても高3まで辛抱できたなら、高卒認定がもらえますので
そのまま、大学や専門学校に進学も可能です。

問題はもっと早い時期に留年してしまうケースです。
そうなるとやはり、通信制の高校に行くなり
別の高校に入り直して高認を得る必要があるのです。

何ということでしょう。
高専に合格する学力を持った子ならは
苫東や苫南にも十分に合格し、楽しい高校生活を
エンジョイできたはずです。
少なくとも、出席日数が足りていれば
普通校であれば学校が助けてくれます・・
留年することはほぼありません!


続きます。


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Topzemi-aobajuku | 2014-09-18 14:47 | 大野木塾長 | Comments(0)

知床3


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2014年9月17日(水)

1794号

「知床編3」

今日は知床編です。

羅臼から知床半島の先端に向かって走ります。
道は途中で行き止まりです。

半島を一周できればよいのですが、それはできません。
目指すは相泊(あいどまり)温泉と
瀬石(せせき)温泉です。
「北の国から2002遺言」でのロケにも使われたそうですが
番組はみていません。

外はあいにくの小雨です。

相泊温泉です。海岸の防波堤の下にあります。
お湯加減はいい感じです。
まわりは360度開放~!
入る勇気はありませんでした・・

c0171889_9334596.jpg

c0171889_934343.jpg

c0171889_934202.jpg



瀬石温泉です。海の中です!
満潮、干潮で入れるときがあるように思います。
ちょうど、潮が引いてきていました。
お湯加減はやはりぬるい感じでした。
c0171889_9344572.jpg

c0171889_935012.jpg

c0171889_9351650.jpg



知床世界遺産ルサフィールドハウスです。
c0171889_9353454.jpg



番外編は、羅臼の「まるみ食堂」です。
素朴ですが、豪快なお店です。
c0171889_9355673.jpg

c0171889_936864.jpg



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Topzemi-aobajuku | 2014-09-17 09:36 | 大野木塾長 | Comments(0)