ブログトップ

青葉塾 塾長ブログ

<   2013年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

人生を生きる7


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2013年4月30日(火)

1442号

「人生を生きる7」

墓参りを終え、途中、京都に寄りました。

岡崎、平安神宮の近くの疏水です。
c0171889_20494554.jpg


円山公園のしだれ桜です。
c0171889_20503420.jpg


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2013-04-30 20:50 | 大野木塾長 | Comments(0)

人生を生きる6


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2013年4月28日(日)

1441号

「人生を生きる6」

米子のとなりは境港です。
漁港として有名な境港です。
魚もここ北海道とはかなり違います。
「メバル」
少なくとも苫小牧では揚がりませんね。
c0171889_001438.jpg
c0171889_0162.jpg



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2013-04-28 00:00 | 大野木塾長 | Comments(0)

人生を生きる5


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2013年4月27日(土)

1440号

「人生を生きる5」

秀峰「大山」です。
大山(だいせん)は、鳥取県のおもに大山町にある標高1,729mの火山。鳥取県西部の旧国名・伯耆国の名称を冠して伯耆大山(ほうきだいせん)とも呼ばれる。
古来より日本四名山に数えられた。また、登山家 深田久弥選出の日本百名山の一つであり、日本百景にも選定されている。

c0171889_11173712.jpg
c0171889_11181268.jpg



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2013-04-27 11:18 | 大野木塾長 | Comments(0)

人生を生きる4


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2013年4月26日(金)

1439号

「人生を生きる4」

敦賀から北陸道に入ります。
もう午後9時過ぎになっています。
北陸道から名神高速、中国自動車と
乗り継いでいきます。
この日は高速のSA(サービスエリア)で
一泊です。
まあ車中泊ですね~

翌日、朝一に起きて米子に向かいました。
この日はまずまずのお天気です。
桜がもう盛りでした。

c0171889_14582790.jpg
c0171889_14581645.jpg
c0171889_14591139.jpg



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2013-04-26 14:59 | 大野木塾長 | Comments(0)

人生を生きる3


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2013年4月25日(木)

1438号

「人生を生きる3」

敦賀港です。
苫小牧を出てからわずか20時間!
飛行機ならば大阪まで2時間程ですが
それは船です。
今は、高速フェリーで20時間です。
昔は30時間かかっていました。
30時間ということは、フェリーの中で
二晩泊まることになります。
それからみれば20時間は驚異的~

フェリーの旅は本を読んだり、のんびり日本海を
眺めながらお風呂に入ったり(露天風呂もあり!)
船のシアターで映画を見たりしているとアッという間に
過ぎてしまいます。
映画は「はやぶさ」をしていました。
あの人工衛星、探査機のはやぶさです。
よかったです~
そう考えると船旅は、逆に贅沢な旅なのかもしれませんね。
苫小牧を出て20時間
翌日の午後8時30分に敦賀に入港しました。

敦賀です。
c0171889_1322111.jpg


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2013-04-25 13:22 | 大野木塾長 | Comments(0)

人生を生きる2


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2013年4月24日(水)

1437号

「人生を生きる2」

新日本海フェリーです。
「すずらん」です。
全長224.5m
幅26m
総トン数 17382t
トラック158台
乗用車58台

大きなフェリーです。
c0171889_16505383.jpg
c0171889_16512540.jpg

c0171889_16524681.jpg


途中、秋田沖で北行きのフェリーとすれ違います。
c0171889_16521428.jpg


日本海に沈む夕日です。
c0171889_16512518.jpg



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2013-04-24 16:55 | 大野木塾長 | Comments(0)

人生を生きる1


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2013年4月23日(火)

1436号

「人生を生きる1」

この春休み、生まれ故郷に
お墓参りにいってきました。
親父が亡くなってからはや13年です。
母親が亡くなったのは私が二十歳の時ですから
もうだいぶ昔の話となってしまいました。

順番からいけば、今度は私~!
のんびりしているヒマはありませんね。
人生、日々を精一杯生きていかねばなりません~!

せっかくの機会ですから
ちょっと寄り道をしながらの旅となりました。

苫小牧東港です。
夜、午後11時30分に出航です。
今回はフェリーです。
c0171889_16255465.jpg



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2013-04-23 16:26 | 大野木塾長 | Comments(0)

女(なんじ)は3


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2013年4月22日(月)

1435号

「女(なんじ)は画(かぎ)れり3」

力が足りないかどうかは、力の限り努力してみなければわからない。おまえは初めから見切りをつけてやろうとしない。


これは良くあることです。
自分で自分の限界を決めてしまうのです。
幾分、自己防衛も入っているだけに
なおやっかいです。

受験に例えればよくわかります。

苫小牧であればトップ高は苫小牧東高です。
あと少し、頑張れば届きそうです。
しかし、二番手校の苫小牧南であれば
大丈夫となった時点で、もう安心してしまい
勉強もほどほど・・・

逆に、あと少し頑張れば公立校に届きそうです。
でも、地方(郊外)の公立校であれば、
毎年、定員割れしているいるし、別に
私立でもいいとなった時点で、打ち止め~!

「別に勉強しなくてもはいれそうなので塾もやめます・・」

もとよりやりたくない勉強から解放~!
勉強もしなくなります・・・

自らを限ってしまっているのです。

何ともったいないことでしょう。
そもそも高校受験は落ちる方が難しいテストです。
最後の最後まで粘って逆転合格など
じつによくあることなのです。
それを、戦う前からギブアップ宣言~!


悲しいことです・・・

なんともったいないことでしょう・・・

一生のうちで真剣に勉強に向かえる
最後のチャンスをみすみす逃してしまうのです。

高校に受かろうが、落ちようがそんなことは
長い人生からみれば小さなことです。
それを、何かと理由をつけて回避する・・
悲しいことです・・・

少なくとも塾の子供たちには
正々堂々と正面から受験という大きな壁
(ほんとうな小さな壁ですが・・)に
挑戦してほしいと思います。




一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2013-04-22 14:21 | 大野木塾長 | Comments(0)

北国の自然


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2013年4月21日(日)

1434号

「北海道の自然」

今日は寒い一日となりました。
朝一はとてもいい天気だったので
水くみをかねて、ドライブにいってきました。

1,羊蹄山です。
喜茂別町からとりました。
c0171889_1754393.jpg


2.遠くに洞爺湖が見えます。
オロフレ峠です。
c0171889_1754528.jpg


3.地元、苫小牧の樽前山です。
錦岡あたりで車窓からとりました。
c0171889_1755689.jpg


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2013-04-21 17:55 | 大野木塾長 | Comments(0)

女(なんじ)は2


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2013年4月20日(土)

1433号

「女(なんじ)は画(かぎ)れり2」

冉求曰く、(ぜんきゅういわく)
子(し)の道を説(よろこ)ばざるに非(あら)ず、
力(ちから)足(た)らざればなり。 

子(し)曰(のたま)わく
力足らざる者は中道にして廃(はい)す。
いま女(なんじ)は画(かぎ)れり。 論語

論語編です。
「女(なんじ)は画(かぎ)れり」です。
今日はその本文です。

読みがな、がなければ絶対に女(おんな)ですし、
画(かぎ)れり、も読めませんね。

訳です。
冉求(ぜんきゅう)が言った。
※冉求は孔子の弟子
「先生の説かれる道を喜ばないわけではありませんが、ただ、何分にも私の力が足りませんので、行うことができません」 先師が言われた。「力が足りないかどうかは、力の限り努力してみなければわからない。力の足らない者は中途で倒れるまでのことだが、今、おまえは初めから見切りをつけてやろうとしない。それではどうにも仕方がないよ」

致知出版「論語」一日一語より


力が足りないかどうかは、力の限り努力してみなければわからない。おまえは初めから見切りをつけてやろうとしない



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2013-04-20 17:28 | 大野木塾長 | Comments(0)