人気ブログランキング |

<   2010年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

勉強会

c0171889_0371830.jpg
c0171889_037294.jpg
c0171889_0373813.jpg
c0171889_0374849.jpg


平成22年9月10日(金)
1196号

「勉強会」

当日、泊まったホテルは横浜中華街の
すぐそばの、ダイワロイネットホテル横浜公園
このホテルはたいへん良かった!
横浜に行かれる方にはお勧めです。
中華街に隣接して、横浜スタジアムもあるのです。
by topzemi-aobajuku | 2010-09-10 23:36 | 大野木塾長 | Comments(0)

勉強会の会場

c0171889_013138.jpg
c0171889_014827.jpg
c0171889_02052.jpg
c0171889_021284.jpg


平成22年9月9日(木)
1195号

「勉強会の会場」

横浜に行って来ました。
今日は午前7時30分過ぎには家を出て
人間ドックにいってきました。
お昼に帰って、午後一の哲恵塾の授業があって
午後4時過ぎからは大切な打ち合わせ
その後は授業と、慌ただしい一日となりました。
勉強会の会場は横浜パシフィコです。
今年は、過去最高の3428名もの塾生が集まりました。
by topzemi-aobajuku | 2010-09-09 23:47 | 大野木塾長 | Comments(0)

帰りました

平成22年9月8日(水)
1194号

「勉強会」

たった今、帰ってきました。
明日は、朝一で先生方と人間ドック!
また、整理してご報告したいと思います。
by topzemi-aobajuku | 2010-09-08 23:57 | 大野木塾長 | Comments(0)

勉強会

平成22年9月7日
1193号

今日もこちらはいい天気です。
でも、暑い~
これから行ってきます。
詳しい内容等は後日、書きたいと思います。
約3000名もの塾生が集まる大きな勉強会です。
楽しみですね。
by topzemi-aobajuku | 2010-09-07 09:14 | 大野木塾長 | Comments(0)

勉強会

明日から横浜で勉強会があります。
稲盛和夫さんが主宰する盛和塾の全国大会が
横浜パシィフィコで開催されます。
そのため、今は神奈川に来ています。
やはり、暑い~
北海道とは違った暑さですね。
こちらは暑い分、電車に乗っても
お店に入ってもどこもクーラーが
よく効いています。
その分、外に出たときの外気が
強烈ですね。
また、書きます。
by topzemi-aobajuku | 2010-09-06 23:59 | 大野木塾長 | Comments(0)

実力テスト対策

昨日と今日は中学3年生対象の総合A対策でした。
日新校、拓勇校と同時実施です。
この時期からは、受験生は泥縄方式でやっていくしか
ありません。
できなくても、できなくとも
歯を食いしばり、やっていくしかありません。
その努力が報われるとは限りません。
しかし、やるべきときには、やるしかないのです。
それしか、己の能力を高めることはできないと思っています。
あと180日、ともにがんばろう!
by topzemi-aobajuku | 2010-09-05 22:47 | 大野木塾長 | Comments(2)

芋掘り

c0171889_15301991.jpg
c0171889_15303844.jpg
c0171889_15311081.jpg
c0171889_15312170.jpg
c0171889_15313416.jpg


平成22年9月4日(土)
1190号

「いもほり」

心配していた雨も上がり
今日の苫小牧は朝からいい天気となりました。
青葉農園の収穫に行って来ました。
総勢20名弱
小学生から髙校生までいもほりです。
参加者には袋一杯のお芋が!
残ったお芋で18日には収穫祭ですね。
ご参加いただいた保護者の皆様
ありがとうございました!
塾生のみんなもご苦労様でした~
by topzemi-aobajuku | 2010-09-04 15:32 | 大野木塾長 | Comments(0)

長月

平成22年9月3日(金)
1189号

「長月」

今年も早いものでもう9月です。
9月は長月(ながつき)です。
長月の月は「つ」です。
八月は葉月(はづき)ですが、
葉月の月は、「づ」です。

日本語は難しいですね。
「つき」なのか「づき」なのか?
1月の睦月から12月の師走まで
一度、確認してみてください。
意外とあやふやな所もあるように
思いますよ~


本州同様、9月入っても
苫小牧は暑い日が続いています。
普段の夏とはまったく違います。
ここまで、苫小牧は暑くなることは!
まったくあり得ない!

修錬館の隣の電気屋さん
昨日の午後、屋根に登って
ペンキ塗りです。
照り返しもあって暑いなか
「ご苦労さんです~!」
と声をかけたところ

「クーラーを付けることにしたので
室外機を置く場所だけ塗っているんですよ~」
とのこと

この9月なって
専門店の電気屋さんが
クーラーを付ける!

それだけ暑い苫小牧です。

これまた、二日ほど前の終礼時

丸本先生が佐々木先生に

「扇風機、余っていません?」

よくよく聞くと、
暑さに耐えきれず
扇風機を買いにヤマダ電機など
あちこちに買いにいったところ



どこも売り切れ!
在庫なし!
再入荷の予定なし!


早い時期から苫小牧では
品切れとのこと。


うちの物置にあった旧式でも
いいかい?
とうちにあった扇風機を
あげちゃいました~



今日は雨降りですが
むしむしと暑い日が続いています。
by topzemi-aobajuku | 2010-09-03 12:19 | 大野木塾長 | Comments(0)

考え方その2

平成22年9月2日(木)
1188号

「考え方その2」


こうだったから こうなった
こうだったのに こうなれた
こうだったからこそ こうなれた 

 高橋圭子





たいへん含蓄のある言葉です。

こうだった・・・


お父さんがいなかった・・・・
お母さんがいなかった・・・・
生まれつき足が不自由だった・・・
生まれつき・・・・・

あるいは、家がとても貧乏だった・・・
などなど・・・・・



それは多くの場合、
生きていく上でのたくさんの困難を
表しているのだと思います。
それは、「逆境」と呼ぶこともできるのかもしれません。


その困難を、その逆境を
どのように受け止めるか?
考え方ですね。




幸せに生きていくヒントは
そこに隠されているように思います。
by topzemi-aobajuku | 2010-09-02 16:23 | 大野木塾長 | Comments(0)

考え方

平成22年9月1日(水)
1187号

「考え方」

月刊「致知」のメルマガにいい記事が載っていました。



「積極的プラス思考型人間」になれ
国分秀男(元古川商業高校女子バレーボール部監督)
『致知』2005年11月号
 特集「開発力」より
http://www.chichi.co.jp/monthly/200511_index.html

────────────────────────────────────

合計77回全国大会に出場して、
12回全国制覇(全国私学大会含む)しました。
しかし、それは裏を返せば優勝したのは12回だけで、
あとの65回は全部負けたとも言えます。

勝てば勝ったで、好むと好まざるに拘らず敵が増え、
いいようもないわびしさや孤独感と戦わなければなりません。

人は成功した部分だけを見て他人を羨んだりしますが、
その陰には何十倍、何百倍もの苦しみがあるものです。

長い人生、誰もが苦しい場面に遭遇する時があります。
しかし、それをどう受け止めるかが大事です。

これまでたくさんの人を見てきましたが、
概ね3つのタイプに分かれると思います。


1つは苦しくなると「もうダメだ、無理だ」と思う
「絶望諦め型」。


2つ目は「いやだけど、しょうがないからやるか」という
「消極的納得型」。


そして3つ目は「この苦しみが俺を磨いてくれる。
これを乗り越えれば一つ賢くなれる」と考える
「積極的プラス思考型」。


結局、歴史に名を残すような偉人や成功者は、
3番目の人間からしか生まれません。


1、2、3のどのタイプの人間になるかは考え方一つです。

お金がかかるわけじゃない、
努力がいるわけでもない。
時間もかからない。

物事の見方をちょっと変えるだけでいい。


だから偉人の話を聞き、良書を読むのです。
過去に事を成し遂げた人たちが
どうやって困難を乗り越えてきたか、
それに触れることで考え方を変えることができると思います。


私は辛い時はいつも

「俺よりももっと苦しい目に遭って
頑張った人がいたじゃないか。
 あの人ができたんだから、俺だって乗り越えられる」


と言い聞かせ、夢に食らいついてきました。

この世で我慢の時なくして夢を実現した人は一人もいません。
夢を追うなら、わが身に降りかかるすべてを
積極的プラス思考で受け止め、簡単に諦めないこと。
それが人生を開発していく基本ではないかと思います。



一流の人の言葉は違います。
全ては考え方の問題なんですね。

その事柄をどのように自分のものとしてとらえることができるかです。

道コンの再テストを行っていましたが、
まったく同じことがいえます。
点数を取っている子は
点数を取る考え方をしているのです。
点数を取る心構えをしているのです。

それを指摘されたとき
素直に受け取ってくれるか
講師力も問われているのです。

やはり、人は一生、勉強ですね。
by topzemi-aobajuku | 2010-09-01 12:11 | 大野木塾長 | Comments(0)

1986年開塾~!青葉塾長ブログです