人気ブログランキング |

<   2010年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧   

命日   

2010年 09月 30日

平成22年9月30日(木)
1216号

「命日」

ちょうど10年前の平成12年9月30日
いまでもはっきり覚えています。
その日は土曜日でした。
ちょうど、中学生の中間テスト前で
青葉塾恒例の勉強会の最中でした。
午前11時過ぎだったと思います。

実家の兄から電話がきました。

「毅か、おじいさんが亡くなった。」

頭が真っ白になったように思考が一瞬
止まってしまったことを、いまでもよく覚えています。


その年の6月に病気が見つかり
手術、予後は芳しくなかったのです。
手術後の6月、そして、9月と
お見舞いに行っていました。
鳥取の米子です。
亡くなるつい、2週間ほど前にも見舞いに
行っていたのです。


さらに、当時、髙校生だった長男は
高知の明徳義塾の一年生でした。
ちょうど、その日は明徳の運動会の日で
お母さんは高知に行っていたのです。
その翌日にはお見舞いに鳥取のおじいさんの
もとを訪れることになっていたのです。


何という巡り合わせでしょう。




しかし、突然、その日が来てしまったのです。



それよりも、もう数十年目も前
私が大学2回生のとき
母も病気で亡くなっています。



大学卒業後、遠く離れた北海道で
暮らすことになった私
親父さんには、物心両面で
たいへんお世話になりました。

その親父さんが、
満足な親孝行もしないうちに
遠くに逝ってしまったのです。
大きな悲しみです





早いもので、あれからもう10年です。
今日の苫小牧、あの日と同じような
秋晴れのスカッーとしたいい天気です。





お葬式後には、実家と色々な
トラブルが起こり、残念ながら
実家との音信は途絶えることに
なってしまいました。
悲しいことです


たった二人しかいない兄弟にも
関わらず、それ以来、
電話することも、会うことも
まったくなくなってしまったのです。



誰が悪いのか
そんなことを詮索しても
詮無きことです。



あれから、もう10年経つのです。

その兄と


9月の盛和塾の例会で会ったのです。
横浜です。3400名もの参加者が
いるなか、よく気がついたものだと
われながら感心します。

しかし、その後ろ姿をみた瞬間
えっー

きっとそうだと思いました。
しかし、確信は持てません




何といっても、場所は、横浜
それも盛和塾の会場です。
確かに、九州から
遠くはアメリカ、ブラジル、中国と
多くの方が参加されています。
それにしても・・・・・

あり得ない話だとおもいませんか





しかし、やはり兄でした。


ほんの5分ほどですが
話すこともできました。
ずっと昔のように




不思議なことがあるものです。


今日は大好きだった親父さんの命日です。

合掌

by topzemi-aobajuku | 2010-09-30 16:15 | 大野木塾長 | Comments(2)

宅建   

2010年 09月 29日

c0171889_2394212.jpg
c0171889_239575.jpg
c0171889_2310667.jpg
c0171889_23102151.jpg



平成22年9月29日(水)
1215号

「宅建」

今日は午前7時42分苫小牧駅発の電車に乗って
札幌に行って来ました。
5年ぶりの宅建免許の更新講習です。
宅建???
青葉塾は不動産もやってるの???

宅地建物取引主任者だったような・・・
ペーパー宅建主任者の大野木です!
将来的には不動産業に進出!




ってことは予定にありませんが
せっかく取った主任者証ですので
いつでも使える状態にするため
更新に行ってきました。
5年前の講習は、北海道庁の第二合同庁舎だった
ように記憶していますが、
今回は札幌駅前のアスティ45の4階でした。
ちょうど天気も良かったので
窓越しに見えた道庁まで
昼休みに散歩にいってきました。
ほんの5分ほどで着きました。


札幌駅
道庁の赤レンガ
道庁前の大銀杏です。
すばらしく大きなイチョウの木でした~

午後4時過ぎまで
ひさしぶりに勉強してきました!

by topzemi-aobajuku | 2010-09-29 23:10 | 大野木塾長 | Comments(0)

勇気を持つ   

2010年 09月 28日

平成22年9月28日(火)
1214号

「勇気」

真の勇気を持つ    稲盛和夫

仕事を正しく進めていくためには
勇気が必要です。 
ふだん私たちは、
周囲の人から嫌われまいとして、
言うべきことをはっきり言わなかったり、
正しいことを正しく貫けなかったり
してしまいがちです。
仕事を誤りなく進めていくためには、
要所要所で正しい決断を
しなければなりませんが、
その決断の場面では、
勇気というものが必要となります。
しかし、そこでの勇気とは蛮勇、
つまり粗野で豪傑といわれる
人のもっている勇気とは違います。
真の勇気とは、
自らの信念を貫きながらも、
節度があり、
怖さを知った人、
つまりビビリをもった人が
場数を踏むことによって
身につけたものでなければなりません。



私たちは日頃から、些細なことでも
右か、左かと悩むことが結構あります。
また、こういった事を話すと・・・
と躊躇(ちゅうちょ)することもしばしばあります。

しかし、思い悩んでもことは進展しないのです。
何らかの判断をしなければなりません。
その判断をするときに、実は「勇気」が
必要になってくるのでないかと思います。

by topzemi-aobajuku | 2010-09-28 16:06 | 大野木塾長 | Comments(0)

切に生きる   

2010年 09月 27日

平成22年9月27日(月)
1213号

「切に生きる」

瀬戸内寂聴さん
もうだいぶお歳となられたようですが
まだまだお元気でいらっしゃいます。

その寂聴さんは
「切に生きる」という言葉を
好んで使われています。

マハトマ・ガンジー
(1869年~1948年)
インド独立の指導者であった
ガンジー、
最後は兇弾に倒れたガンジーは
次の言葉を残されました。

「Live as if you were to die tomorrow.
Learn as if you were to live forever.」

「あなたの命は明日までという気持ちで
 一日一日を過ごしなさい。
 あなたの命が永遠に続くがごとく
 いくつになっても、学び続けなさい。」

私が和訳すればこんな感じでしょうか。

どちらにしていも
人の命は有限であると
常に感じながら
今、このときに全力を尽くし
生き抜くこと、

また、
有限であるからこそ
今日の自分より
明日の自分が
成長できるように
日々の学びを継続し
己を磨くこと、

この2点を意識する
人生こそが
「切に生きる」
ことに繋がると
そんなふうに
思います。

by topzemi-aobajuku | 2010-09-27 10:24 | 大野木塾長 | Comments(0)

勉強法   

2010年 09月 26日

平成22年9月26日(日)
1212号

「勉強法」

勉強法について
定期テスト前の子ども達もいます。今回は、テストの勉強法について考えてみます。
普段からの勉強の積み重ねが大切なことはいうまでもありませんが、これからできることを「やり切ること」が一番大切です。

①テスト範囲の学校ワークはすべて終わっていますか。
②すべての教科で、ワーク終了後にすることは、学校ワークと同じ問題がでたときにできるか?
 これを確認してください。そのためには、解答部分を隠して何回も繰り返すことが必要です。
③みなさんでよくあるパターン
学校のワーク自体をまったくやっていない。まったく話にならない!
 実は、このレベルで止まっている人が実に多い のも実際のところです。
やってはあるが、解答も中途半端・・・。ただ、やっただけの状態。そうです。なんにもなりませ ん。このレベルの人も結構、多い! 次の一歩が、君の学力を大きく伸張させるのだ!
またワークをうめるために、解答をただ、まるうつし。答をうつしたあとに、ご丁寧に赤まるまで
 つけてまったくの自己満足の世界・・・・。形式主義のかたまり!

 先生、「形式主義って何?」ってきそうですから、いいですか、

 「形のうえでやっただけで、なんにも身についてないということ」
しかし、①②のひとよりだいぶマシ!

④そこで、どのようにやればいいかというと!
まずはテスト範囲までのワークを教科書等で調べながらこつことやる!
「解答こそ、勉強の命」 解答に多くの時間をかけてていねいに見直していく!
☆大概の人はこれができません。
みなさんのまるつけは、○か×かのどちらか。
×なら、正答を書いて終わりにしてませんか?
これでは、あなたの弱点はなにも改善されていないのです。
★つまり、できない問題はそのままであるということを自覚しなければなりません!

結論 ワークをやる→解答する→何度も見直し→100%をめざす!
 これで80点は必ず取れる!

by topzemi-aobajuku | 2010-09-26 19:14 | 大野木塾長 | Comments(0)

土曜日   

2010年 09月 25日

平成22年9月25日(土)
1211号

「土曜日」

今日は土曜日ですが
青葉塾では恒例の勉強会が
朝一から入っています。
まずは午前9時から12時まで拓勇教室
午後からは午後1時から日新教室となっています。
中学生はテスト前となっている学校が
多くあります。
塾でも学校ワークの質問を受け付けたり
演習時間で学校ワークをやったりしていますが


テスト前のこの時期になっても
イマイチ、イマニ・・・・・・・
自覚が足らない・・・・
と思いつつも

まずは学校ワークを終わらせるのが
勉強の基本だよ~
といいつつ、子ども達にハッパをかけています。
もう午前10時30分です。
このあと、私も授業です。

塾の最終コマが終わるのが
午後9時55分
それじゃ
頑張ってきます!

by topzemi-aobajuku | 2010-09-25 10:34 | 大野木塾長 | Comments(0)

  

2010年 09月 24日

平成22年9月24日(金)
1210号

「秋」

今週になってここ北海道は
急に涼しくなってきました。
昨日は本州もだいぶ気温が
下がったようですが
昨夜の夕方、拓勇教室に向かう
車のなかでふと気温をみると
なんと

12度!


暑かったころの延長で
半袖だったのですが
どうりで寒いはずです。


10度を下回ると
紅葉は一気に進むそうです。


一足早く
北国は
もう秋の気配です。

by topzemi-aobajuku | 2010-09-24 13:17 | 大野木塾長 | Comments(0)

愛のまなざし   

2010年 09月 23日

平成22年9月23日(木)
1209号

「愛のまなざし」

すべては
愛である
どん底に
落ちたひとを
救いあげるのも
愛のまなざし
千里万里を
飛びゆく
鳥たちの
あのまなざしを
見つめよう
強くあれ
優しくあれ
清らかであれ

坂村真民



青葉塾の2学期の学習計画表
その表紙にある言葉

強くあれ
優しくあれ
清らかであれ


真民先生が出典です


背筋がぴーんとしてくるような思いですね
多くの中学ではこれからが中間テストです。

強く
粘り強く
取り組んでほしいものです。

by topzemi-aobajuku | 2010-09-23 17:48 | 大野木塾長 | Comments(0)

ほんとうのがんばり   

2010年 09月 22日

平成22年9月22日(水)
1208号

「ほんとうのがんばり」

長く続けてきたことでも
一回休んだのがもとになって
それきり ダメになってしまう人がある
せっかく立派に築いたものが
ちょっとのことで あっさり
根こそぎ 崩されてしまうことがある
調子のよいときにがんばるのは
誰でもできる
調子の悪くなりかけたとき
さじを投げたくなったときの
がんばりこそが
ほんとうのがんばりだ

東井義雄



普段から

「がんばろう」
「がんばってね」

口癖のようになっているかもしれません。

しかし

己の能力を伸ばしていくための方法は



努力



しかないのです




時には めんどくさくなり
やめたくなるときも しょっちゅうです

でも それでも

やはり 努力 しかないと信じ
がんばるしかないのです

by topzemi-aobajuku | 2010-09-22 12:31 | 大野木塾長 | Comments(0)

聞くということ   

2010年 09月 21日

平成22年9月21日(火)
1207号

「聞くということ」

聞くということは
相手の存在を大事にすること
聞くということは
相手を理解すること

東井義雄



一気に涼しくなりました。
もう半袖だと寒いくらいです。
みなさんのところはどうですか。

聞き上手という言葉がありますが
私などもなかなかそうはなれません。
しかし、人は話を聞いてもらうことは
大きな心の安らぎにもなるのも事実です。

小さな子どもたちは
親にまとわりついて
一杯お話しをしてくれます。
きっとそれは子ども達に
大きな心の安定を
もたらしているように思います。

by topzemi-aobajuku | 2010-09-21 15:59 | 大野木塾長 | Comments(0)