人気ブログランキング |

<   2010年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧   

銀メダル   

2010年 02月 28日

平成22年2月28日(日)
1005号

「銀メダル」

今日は中3生のラスト講座でした。
そのためもあって早めに起きていました。
いつものようにテレビをつけていると
女子スピードスケートの決勝だというではありませんか。
何と、準決を勝ち抜き、決勝に進んでいるとのこと。
地元、苫小牧の駒大苫小牧高校の卒業生が2名、代表に
なっているのです。
これは応援しなくてはなりません。
決勝が始まりました。
リード、リード、リード!
ひょっとして!
だんだんとヒートアップしてきている自分が!
最後の半周、まだリードしています!


金、金、金!


すごいぞ~!



ゴールしました。

しかし・・・・

でも頑張りましたね!
勝利の女神はドイツに微笑んだようです。
でも、田畑さんですか
もう長く競技生活を送っておられるはず
最高の銀メダルになったように思います。
おめでとうですね!


スーパー中学生の高木さんにとっても
きっと良かったと思います。
次は、自分の力でメダルをとるチャンスがあるのです。



中3生のラスト講座
良かったです。
皆が集中していました。
各担当とも、気持ちよく授業が出来たように
思います。

自らの運を信じ
自らの感を信じ
自らの力を信じ
Never give up!

by topzemi-aobajuku | 2010-02-28 23:31 | 大野木塾長 | Comments(0)

ラスト講座   

2010年 02月 27日

平成22年2月27日(土)
1004号

「ラスト講座」

明日は、中3生対象のラスト講座となっています。
午前9時から12時まで、日新校、拓勇校で同時に実施します。
最後のヤマ張りです。当たるも八卦・・・とはいいつつ、各講師が
一所懸命考えました。受講料は500円です。
その費用も3月6日(土)に行う卒塾式の費用に充てさせていただきます。
いよいよですね。
皆の健闘を祈るのみです。
来週からは、無料体験のスタートです。
新学期開講となります。
頑張ります!

by topzemi-aobajuku | 2010-02-27 21:56 | 大野木塾長 | Comments(0)

説明会   

2010年 02月 26日

平成22年2月26日(金)
1003号

「説明会」

明日の土曜日は第二回目の説明会です。
お待ちしています~!
塾紹介のDVDを一緒に見ましょう~!
時間等は青葉塾のホームページをご覧下さい。
宜しくお願い致します。

by topzemi-aobajuku | 2010-02-26 16:06 | 大野木塾長 | Comments(0)

真剣   

2010年 02月 25日

平成22年2月25日(木)
1002号

「真剣①」

今日は、国公立大学の2次試験日です。
この時間には、多くの受験生が頑張っている
ことと思います。

だれもが、真剣に答案に向かい、全神経を集中させ
格闘しているはずです。


私たちが甲子園に感動し、オリンピックに感動する・・・
カーリングも折々に見ていました。
日本を応援していましたが残念でした。
でも、一人一人の選手のその真剣な表情やまなざし
どの国の選手もみなが真剣そのものでした。
冬のスポーツはヘルメットをつけたり、ゴーグルをつけている場合が多くて、
なかなかその表情を垣間見ることはできません。
その点、カーリングは各選手の息遣いまで感じることができました。
かっこいいいな~、きれいだな~と思いました。
その真摯な姿勢に「かっこいい」と思ったのです。

実は勉強も同じだと思っています。
一つの問題が解けなくて、解けなくて、頭をひねっている・・・
一つ一つの事柄が覚えられなくて・・・・
それを覚えようと真剣になって取り組む姿勢・・

私たちが大切にしたいのはそういった姿勢なのです。

何かの困難に直面したとき、
人は大きく二通りの生き方があるのでないかと思っています。
その困難から逃げ出してしまう生き方が一つ
これは手っ取り早い方法には違いありません。
しかし、何ら問題は解決してはいないのです。
子ども達にしても実は同じなのです。
「宿題が多いし~」
「単語テストで覚えるのが面倒だし~」
「眠いし~」

子供ですから尚更ですね。
逃げ出したくなることも多いのです。

で、どうするか?
一番手っ取り早いのは
「あの塾は行っても宿題ばかっり多くていやだ~」
「暗記ばっかりで面白くない~」
「先生がきらい~」

☆青葉塾が宿題が多くて、暗記が多いわけではありませんので!
 一般論としてお取り下さい。


それを聞いた善良な親御さんは?
「そんな塾ならいってもだめだね~」
「やめたら~」
「もっといい塾があるかも~」





まんまとお子さんの作戦勝ち!
そういった性根ではどこにいっても
結局は同じですね。
注意しなければならないこともあります。
本当にそういった塾なのかもしれません。

すぐに塾の担当者に会いにいかれるべきなのです。
しっかり大人の視線でものごとの本質を見極めなければならなのです。

また書きます。
またお越し下さい。

by topzemi-aobajuku | 2010-02-25 11:29 | 大野木塾長 | Comments(0)

運気   

2010年 02月 24日

平成22年2月24日(水)
1001号

「「運気を上げるための4つのポイント」

致知の最新号に面白い記事がありました。
また、致知のメルマガにも載っています。



         佐々木洋(花巻東高等学校硬式野球部監督)

       『致知』2010年3月号 特集「運をつかむ」より
       http://www.chichi.co.jp/monthly/201003_pickup.html#pick4

────────────────────────────────────


私はずっと「おまえは運がいい、運がいい」
と言われ続けているんですね。


「菊池を獲得できて運がいい」


とか


「棚ボタで選抜に出て準優勝した」


とか言われてですね、
前は「俺だって努力しているんだ」とムッとしていました。


でも最近、運というのは、
運をつかむために自らをコントロールしている人のもとにしか
来ないんだなと分かって、素直に喜べるようになりました。


* *


では自分の何をコントロールしているかというと、
1つは先ほどの言葉です。


2つ目は一緒にいる人。
親は選べませんが、友人は選べますよね。
あるいは私が国分先生に会いたいといって、
自分の意思で誰にでも会いに行って
刺激を受けることができるわけです。


3つ目が表情、態度、姿勢、身だしなみ。
2つ目にも通じますが、
チャラチャラした格好をしている子は
やはりそういう友達と一緒にいます。


また野球でも逆転されてシュンとしたり、
点を入れて大騒ぎしているチームには
あまり脅威を感じないんですね。

逆に負けている時に笑顔で
ファイティングポーズとかが出るチームって怖いなと思う。

特に監督が不安になったりすると
一瞬でチーム全体に伝染しますから、
表情、態度のコントロールは常に心掛けています。


そして最後はやっぱり感謝と謙虚さですね。
とにかく敵をつくらず、味方をつくることが
運を呼び込んでくると思います。


例えば、うちのチームは宿泊したホテルから帰る時は
すごくきれいに掃除させるんです。

甲子園の時もホテルの方が


「花巻東の使った後はベッドメイクが要らないくらい
きれいにしてくれた」


と喜ばれまして、ホテルの人たちが
球場までわざわざ応援に来てくれたりしたんです。


彼(菊池雄星選手)は例えばゴミが落ちているのを見ると


「神様が自分を試している」


と思うと話していました。
そうやって、いつも神様が
自分を見ていると思っているんです。

それから私が前にうちの選手たちに


「成功している会社の社長さんの家を
 探っていったら一つだけ共通項があって、
 どの家もトイレの蓋が閉まっていたらしい」


と話したら、どこに行っても蓋を閉めて回っています(笑)。

もしも、態度が横柄だったり、
悪口ばっかり言っているチームは人が
どんどん遠ざかっていきます。

謙虚にしていると味方が増え、
その人たちに感謝の気持ちを伝えると、
さらに応援してくれるようになる。

何をやってもツイている人と、
何をやっても空回りする人の差は
この4つではないかと思っています。

by topzemi-aobajuku | 2010-02-24 15:30 | 大野木塾長 | Comments(0)

1000号   

2010年 02月 23日

平成22年2月23日(火)
1000号

「1000号」

毎日の積み重ねが1000号となりました。
当面は、ブログをお休み中のオーちゃん先生
の1144号を目標に頑張ってみたいと思います。
よろしくお願いします。

by topzemi-aobajuku | 2010-02-23 13:47 | 大野木塾長 | Comments(2)

前を   

2010年 02月 22日

平成22年2月22日(月)
999号

「前を」

前向き人生   

人生は一度きり
だから
ころんでも
立ちあがり
前向きに
生きていくのだ

坂村真民



今日は大変、語呂のいい日だったことを
先ほど教えてもらいました。
平成22年2月22日
今日という日もまた二度とない日なのだと
思わなくてはなりませんね。

by topzemi-aobajuku | 2010-02-22 23:57 | 大野木塾長 | Comments(0)

大善   

2010年 02月 21日

平成22年2月21日(日)
998号

「大善」

「大善は非情に似たり
小善は大悪に似たり」


私たちは常日頃から子ども達と接しています。
青葉塾を始めたのが1986年ですから昭和61年です。
平成となって早、22年ですから、もうずいぶんと時がたちました。
その頃に担当した子ども達は、もう40歳くらいになっています。
今の塾生の親の世代ですね。
もうびっくりです。
JK会の主要メンバーである福岡、久留米市の平田先生の場合は
かつての塾生が親となり、今度はそのお子さんが2代目として
塾生となるケースも多いそうです。
すごいですね。
さて、一人一人の子ども達
皆が大人になって社会に出て行くことになります。
その時になって、しっかりと自分で生きていくこと、
自分で自分の道を切り開いていかなくてはなりません。
人生はドラマです。一つとして同じドラマはありません。
一人一人が人生という舞台で主役となるのです。
だれも、その主役を変わってあげることはできないのです。
そのドラマを描くための土台は何でしょうか
その土台を形作る大切なものは教育だと思います。

将来、この子が社会に出て困らないためには
時には非情にならなくてならないときもあるのです。
いつも、細かなことに目をつむりご機嫌をとれば
子どもたちにとっては居心地はいいかもしれません。
しかし、それは小善につながることなのです。
大善をなす勇気だけは持ち続けなければなりません。
今日はそんなことを考えました。

by topzemi-aobajuku | 2010-02-21 21:34 | 大野木塾長 | Comments(0)

説明会   

2010年 02月 20日

平成22年2月20日(土)
997号

「第一回説明会」

今日は新年度生募集の第一回説明会でした。
日新、拓勇とも生徒本人、保護者の皆さんが一緒にご参加いただきました。
お忙しい中、また、数ある塾の中で青葉塾をご選択頂いたことにまずは感謝です。
塾紹介の映像もばっちりでした。
公立高の推薦合格も、苫南2名、苫西1名、苫工3名、総経2名とみな合格でした。
続け~!ですね。
明日も、朝9時からテスト対策、受験対策授業です。頑張ります!

by topzemi-aobajuku | 2010-02-20 21:23 | 大野木塾長 | Comments(0)

  

2010年 02月 19日

平成22年2月19日(金)
996号

「雪」

久方ぶりのどか雪です。
しかし。気温が高いために
雪かきをしたところはきれいにとけました。
午前中と午後ではまったく別の世界にいるようです。
午前10時頃、雪かきをしている最中は真っ白でした。
それがこの時間(午後2時30分)になって道路の雪も
すべてとけてしまいました。
さて、高校受験組の推薦合格がでました。
総合経済、苫工、苫南と昨日の時点で判明しています。
いまのところ全員合格となっています。
明倫中だけがまだなようですが、きっと大丈夫だと思っています。
私立入試も終わって後は国公立大の2次試験、
苫高専入試、そして3月3日の公立高試験と続きます。
明日は新年度に向けた説明会
明後日の日曜日はラスト3の最終日
そして拓勇教室の勉強会です。
頑張っていきましょう。

by topzemi-aobajuku | 2010-02-19 15:04 | 大野木塾長 | Comments(0)