人気ブログランキング |

<   2009年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

春期

平成21年3月21日(土)
713号

「春期の準備」

青葉塾では、すでに春期講習会のスケジュールに
入っています。
そのスケジュールも来週からがいわば、本番です。
そのためのテキスト集作りに追われていました。

その準備も完了!
いま、コピー機が印刷している最中です。
それが終わって、製本すると完成です!

一気に講習会に突入ですね。

今日の苫小牧はいい天気です。
今日も一日、頑張りましょう!
by Topzemi-aobajuku | 2009-03-21 12:30 | 大野木塾長 | Comments(0)

卒塾の会









c0171889_1162840.jpg
c0171889_1164591.jpg
平成21年3月18日(火)
712号

「中学部卒塾の会」

14日の土曜日、希望者が集まって
卒塾の会を行いました。

みな、元気で!

修錬館の前でとった写真と
ぼろぼろだった私の弾き語り・・
by Topzemi-aobajuku | 2009-03-18 11:09 | 大野木塾長 | Comments(0)

合格発表

平成21年3月17日(火)
711号

「合格発表」

平成21年度北海道公立高校
入試結果が発表になりました。

今日は、先生方みなで午前9時30分に集合!
10時の合格発表を待ちました。

以前は、各高校に分かれて合格発表を
見に行ったのですが、ネットでの
発表となりずいぶんと便利になりました。

時間です。なかなか各高校のホームページが開きません。
アクセスが集中している証拠です。

でました。順次、各高校の発表が!

苫小牧東 全員合格です! 7名合格!
苫小牧南 全員合格です! 5名合格!
苫小牧高専 4名合格!
と上位校は安泰でした。
激戦の苫工でも10名合格となりました!
苫西 3名合格!
白老東、ここも激戦でしたが、受験生8名全員合格となりました。
登別明日、総合経済でも合格がでました。
あとは追分高、厚真高など確実に合格となっています。


上位校のみならず、中堅校でも確実に合格がでました。
今年の卒塾生のなかでは帯広の白樺高校に特待合格
地元、駒大苫小牧高への特待合格の生徒、
北星学園女子、Lコースを第一志望校にして
合格していった子などなど・・

個性豊かな子ども達でした。

受験生のみなさん、ご苦労様でした!
新たな高校で頑張ってください!
by Topzemi-aobajuku | 2009-03-17 16:33 | 大野木塾長 | Comments(0)

チラシ

平成21年3月16日(月)
710号

「チラシの作成」

土曜日の中3生の卒塾の会
参加は16名となりましたが
盛り上がりました。
参加したみんなは、ありがとうね~
今回、参加できなかったみんなは
また、会いましょう~


日曜日は、苫小牧駒澤大学の卒業式でした。
父母会長の私は、例のごとくひな壇に!
すぐ前は駒大苫小牧高校の小玉校長先生に
その横は駒大岩見沢高校の校長先生、
すぐ横には、○○の会長さんとかとか・・・

つまりは偉い人に囲まれていたわけです。
それもあとしばらくの辛抱?
長男も無事卒業しました。
パチパチ~

ということで、次回の総会で
お役ごめん、と相成ります。
まるまる4年間務めさせていただきました。
貴重な体験をさせていだきました。
感謝です。


問題はその後です。
チラシの折り込みは3月17日(火)
北海道新聞です。決まっています。
16日、月曜日の午前10時までにチラシを
販売所に持ち込まなければなりません。

合間、合間に作成に入っていました・・・
できない!

前回とは違ったもの、
より良きものに、といった思いが
強い分、できません。

午後8時過ぎて、ようやく片面が完成しました。
すぐに印刷に・・

午前2時を過ぎたころに原稿の残りの片面も
何とか完成し、午前3時前にようやくお布団に
でも、目覚ましは午前7時です。

片面印刷が手つかずの状態です。
午前9時には仕上げないことには
間に合いません。

完成、終了しました!


満足度は80%くらいですが、
いいチラシです。
青葉塾の思い、私の思いが
届けばいいと思います。

今回の目玉は

一、母子家庭割引の新設!
母子家庭で頑張っているご家庭は
意外と多いのです。

二。特待制度の新設!
これまた。喜ばれると思います。

三、月謝は全体的に値下げ
企業努力の結果です。


青葉のこの取り組みはきっと他塾にも
波及するはずです。
そしたら、ユーザーである生徒、保護者の皆様に
とってはプラスになります。

うちが先鞭をつけます!

これから授業にいってきます~

でも少々ねむくなって・・・・

でもがんばります!
by Topzemi-aobajuku | 2009-03-16 16:32 | 大野木塾長 | Comments(0)

実力判定テスト

平成21年3月14日(土)
709号

「実力判定テスト」

今日の苫小牧は雨模様です。
街の至る所に雪山が残っていますが
だんだん小さくなって春の訪れを
感じさせてくれます。

今日のこの時間、子ども達(中学生)
は実力判定テストです。
実力判定というぐらいですから
実力がもろにでるはず。

たいていの場合は

「難しい~」
「わからん~」
などなど

それでいいんです。

そこからがスタートなのです。
テストの結果を真摯に受けとめ
来週からの春期講習に取り組んで
ほしいと思います。

さて、今日はお昼の12時30分に
テストが終わり、午後1時40分から
は中3生対象の卒塾の会です。

午後3時前まで、みなで盛り上がろうと
思います。

準備は万端・・・
とは言い難いかな~

飲み物、おかし、シュークリームなど
食べる方の準備は万端!


大まかな進行予定は決まっています。
でも、きっとそうはいかないはず

楽しく追い出しです~

その後、午後4時からは平常授業です。

長い一日になりますね。
頑張ります!
by Topzemi-aobajuku | 2009-03-14 10:51 | 大野木塾長 | Comments(0)

春の雪

平成21年3月12日(木)
708号

「春の雪」

昨日からの暴風警報・・
今朝起きると、あたりは真っ白です。
約7~8㎝の積雪です。
塾の前、歩道と急いで雪かきモードに突入です。

その雪も、この時間になって(午後3時すぎ)
もうとけてしまいました。

もう春の雪です。

早いもので、確実に春はそこまで
きています。

冬来たりなば
春と遠からじ

とはよくいったものです。
春は出会いと別れの季節です。
苫小牧市内の各中学は今日明日と
卒業式が集中しています。
来週になると小学校の卒業式です。

みなの前途に祝福ですね。

卒業、おめでとう~
by Topzemi-aobajuku | 2009-03-12 15:25 | 大野木塾長 | Comments(0)

卒塾

平成21年3月11日(水)
707号

「卒塾の会」

高校入試も終わり、あとは合格発表を
待つだけとなりました。

今週の土曜日は中学部の卒塾の会です。
会報からの抜粋記事です。

●3/14(土)中3卒塾式を行います。(拓勇・日新合同→日新修錬館)
 □ 中3 卒塾の会を開きます。 3/14(土) 午後1:40~2:40 日新修錬館です。 費用は無料、希望者です。
◎青葉塾卒塾証書授与 ◎各先生から贈る言葉 ◎各先生の裏芸~必見! ◎できれば皆でビンゴ大会などなど
☆差し入れ、カンパなどお待ちしています~!

裏芸のために密かに練習を始めました・・・
昔取った杵柄・・・とはいいますが
もうぼろぼろでした・・
何とか形にしたいと思っています。


高校部は、15日から一泊二日の予定で
登別温泉卒業旅行を企画しているようです。

卒業生を送り出し、新学期の開講です。


昨日の続きです。
胆振教育局の不誠実な対応に怒りを覚えました。

その後、あっちこっちと情報網を駆使しました。

今年の登別明日の当日欠席は2名です。
ということは実質不合格3名となりました。

塾の子はきっと大丈夫です~!
by Topzemi-aobajuku | 2009-03-11 21:22 | 大野木塾長 | Comments(0)

怒った

平成21年3月10日(火)
706号

「怒った!」

公立高校入試が終わって一週間、
来週には合格発表もでます。
今年の入試は難しかったのは
間違いありません。
しかし、その全体像はまだまだ見えてきません。

高校入試では、当日欠席が合否に大きく影響して
きます。



今年、登別明日中高一貫校の後期日程(高校受験組)
を受けた子がいます。
数字上は不合格者は5名です。
でも、欠席数がわかればちょっとは
安心できます。



昨日、北海道教育委員会(札幌)に電話してみました。
本局(札幌)には来ていないので、胆振教育局に
電話してくれとのことでした。

インターネットで電話番号を調べ、電話しました。



「今年の登別明日の当日欠席を教えていただきたのですが?」
と私、

しばらく向こうでなにやら相談しているようで・・

「おたくはどちらさんですか?どういったご関係ですか?」
と若い担当者

「大野木といいます。私どもは苫小牧で青葉塾という学習塾をしています。
塾生が受験したものですから、合否の資料に教えていただきたいと
思いますが。」
と私

「しばらく、お待ち下さい。」
と、担当者
なにやら電話口で相談しています。


「当方では教えることはできません。」
と担当者


「秋口には道教委も欠席情報を公開していますし、
当日の新聞にも主な高校の欠席はでていましたよ。
公開できない理由は何ですか。」
と私、

だんだんと怒りがこみあげてきます・・

「本来、そのような情報は公共のものでないのですか?
保護規定があるのなら教えて下さい。
きちんと情報公開のルールに則って請求しますよ。」
と私

「当方では教えることはできません。
情報公開のルールはありません。本庁にかけあって下さい。」
の一点張り



「責任者を出しなさい。」
と私

なにやら相談後に

「ただいま接客中ででられません。」
と若い担当者



どこに当日欠席者数を教える
デメリットがあるのでしょうか。
何が不都合なのでしょうか。

私にはとうてい理解ができません。
まったくもって役人仕事
どうにもなりません。

かれこれ20~30分もやりとりしていました。
授業の時間も迫っています。

やもなく電話をきりましたが
何ともやりきれません。


昨日はそのことに怒っていました!
やり方がフェアーではない!
by Topzemi-aobajuku | 2009-03-10 15:23 | 大野木塾長 | Comments(2)

合格だ②

平成21年3月8日(日)
705号

「合格だ!②」

大学受験、前期試験の結果が順次、発表されています。

首都大学東京、合格です!
名寄市立大学、合格です!
釧路公立大、合格です!
王子総合病院付属看護専門学校、合格です!
日鋼記念看護学校、合格です!
日本大学、合格!
専修大学、合格!
愛知大学、合格!
京都産業大学、合格!
神奈川大学、合格!
札幌大学、合格!
北翔短期大学、合格!
札幌国際短期大学、合格!
北翔大学、合格!
千歳科学技術大学合格!

これに、弘前大学、2名と
北海道教育大学、2名を加えて

みなおめでとう~!

今年度は、北大受験者はいませんでした。
ということで、3年連続合格とはなりませんでした。

北大を受験すれば十分、合格といった子も
いたのですが、一人一人の第一志望校が大切ですね。

しかし、後期試験に向かう子もいます。
青葉塾では、いましばらく受験は続きます。
by Topzemi-aobajuku | 2009-03-08 19:22 | 大野木塾長 | Comments(0)

A君のこと②

c0171889_0352262.jpg


平成21年3月7日(土)
704号

「A君のこと②」

気になっていたA君の続きです。

 大野木先生へ
今までどうもありがとうございました。
大野木先生はいつも明るい顔でおしえてくれてどうも
ありがとうございます。
少しおこられるかずが多くてめいわくをかけたと思いますが、
テストでいい点数が取れたのも大野木先生のおかげです。
『どうもありがとうございました。』
今までおせわになりました。
このありがたみは一生忘れません。
いつかまた会いましょう。
 
 ○○○○ (メモリースティックで隠してあります)


救われました・・

「辛く当たりすぎたのだろうか・・
もっと優しくするべきだったかな・・」
いろいろと考えました。

この手紙ではっきりしました。


以前、お母さんが
「成績があがんないですね・・・」
とおっしゃていました。

残念ながら、お母さんは状況をわかっておられません。
でも、それはお母さんのせいではありません。
ごくごく普通のご家庭ではそのような認識しか持たれないのです。
教育のプロでも、専門家でもないごく普通のお母さんは
自分のお子さんしかみていないのです。

塾を始めてもう23年もたちました。
いろんな子がいました。
いろんなケースを見てきました。
だてに20年もやっていません。
経験上、その子とちょっとでも一緒に勉強すればわかります。
その子のいい点、悪い点・・・
その子の課題、現状などなど・・

でも一般のご家庭では、子育て真っ最中です。
わからなくて当たり前なのです。



学校の先生がうらやましいと思ったことも
あります。
毎年、4月なると、1クラス30名近くの
子供達がいるのです。
私たちにはありえない話です。


私塾はそうはいきません。
一年、一年が勝負です。
塾なんぞ、いっぱいあります。
別に青葉塾である必然はないのです。

この時期、あっちの塾、こっちの塾
チラシもいっぱい入って来ます。
その中で選んできて頂けることは
ほんとうに有り難いことなのです。
きっと、塾人はみなそう思っています。



話を戻しましょう。


この手紙を塾の帰りに私に手渡して
「あとで読んでください。」
といってA君は帰っていきました。
きっとA君は、お母さんの希望で
もっと有名?な塾に行くのだと思います。
有名?塾では、きっと素晴らしいシステムが
あって、だれもが成績があがる・・・


あり得ない話です。
ブランド塾
ただ、それだけで
成績は上がりません。



本来、人が人を教える教育というものは
もっともっと泥臭いものなのです。


A君、また会いましょう~

また、返っておいで!

有り難う!
by Topzemi-aobajuku | 2009-03-08 00:35 | 大野木塾長 | Comments(2)