人気ブログランキング |

<   2009年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧   

携帯   

2009年 01月 31日

平成20年1月31日(土)
679号

「携帯電話」

多くの公立校では携帯の学校への持ち込みが禁止
の記事が道新の一面にでています。

携帯電話の持ち込みを「原則禁止」にしている
公立小学校は昨年12月時点で、94%
公立中学校は99%と、ほぼ全校に上ることが
文部科学省の全国初調査でわかった。


ならば、塾は?

青葉塾では禁止していません。
色々な理由がありますが、
まずは安全上の問題が一番です。
何かあったとき、すぐに連絡が取れる
携帯は、やはり安心ですね。
何かと物騒な世の中ですから、安心は
大切なキーワードです。
修錬館はセコムシステムで
セキュリティー管理を
しているぐらいです。

しかし、こと勉強面でというと
その弊害は大きいと言わざるをえません。

特に女の子は、仲良し組で、
低きに流れる傾向が見られます。
少し時間があくとすぐに携帯とにらめっこ!
まったく、困ったものです。
携帯使用と学力の関係の資料もありますが、
携帯使用はマイナス要因の方が強いようです。

携帯を使う自由、それに伴う義務、
その関係を理解して、節度ある使用が
望ましいと思っています。


今日はこのあと、午後1時から4時まで
中1、中2の実力テスト対策です。
拓勇教室は明日、実施します。

みな、ガンバロウ!!

by Topzemi-aobajuku | 2009-01-31 12:53 | 大野木塾長 | Comments(0)

決意③   

2009年 01月 30日

平成20年1月30日(金)
678号

「決意③」

決意の第三弾です。

○もっと勉強して、絶対に第一志望校に受かる。
◎絶体合格。
□絶対合格する!各教科35点くらいとれるようにして頑張る、合計175点!
△受かるようにがんばる。毎日3時間勉強する。
▽絶体合格する
◎合格
□合格する!!
○第一志望校に入れるように、勉強をもっと頑張る!!
◎この調子より上に向けてがんばる
☆とりあえずがんばります
△西校に受かって、1人で旅に出る。
▽40日を過ぎたので、できるだけのことをやる
□出来るだけ頑張る
☆最善つくす!
□絶体合格するぞ!!
▽倍率高くなるからがんばる~!!100点こすよーにする!!
そしてうかるっっっ

みな、頑張れ!

絶体or絶対?
子ども達の文面をそのまま記載してありますよ~



苫小牧高専の推薦の結果がきのう発表になりました。
2名とも合格です!
おめでとう~!
その2名、昨日は塾がない日なのですが、
自習室にきて勉強していました。
合格が発表になった日ですよ!
その気持ちが大切!
二人とも中1からの生徒です。
精神的にも少しは成長してくれたようですね。
とてもうれしくなります。
今回合格した一人の子のお兄ちゃんも青葉の塾生でした。
その子も高専にいっています。
兄弟で高専です。親孝行ですね。
でも、長い人生、いろいろなことがあります。
二入とも昨日の気持ちを忘れずに、これからも
努力してほしいと思います。
合格おめでとう、高専でも頑張れ!

by Topzemi-aobajuku | 2009-01-30 11:22 | 大野木塾長 | Comments(0)

決意②   

2009年 01月 29日

平成20年1月29日(木)
677号

「決意②」

決意の第二弾です。

◎推薦での合格を祈る。
合格したら高専の勉強の予習をして
授業についていけるようにする。
受験をするとしたら自分の苦手な国語
英語で点数を落とさないようにしっかり
勉強して得意な教科ではトップの点数を
とれるように応用をしっかりやる。
○高校に受かることができるように最低でも
2時間は勉強する。歴史や公民、数学を中心にして
勉強していく。高校に受かったら、大学に行こうと
思うのでしっかり勉強したい。
■高専に受かって数学を思い切り勉強したり、友達と
いっしょに入るために受験に向けて、本当に頑張っていこうと
思う。とくに数学のレベルが高いので数学や、社会もいっぱい勉強して
1ヶ月後には完ぺきにして受験を受けたいと思います。
☆毎日5時間は勉強して、苦手を克服する。社会は1年と2年の頃の
歴史と地理を毎日復習して完璧にする。数学は苦手な分野を何回も解く。
理科はとくに1分野の計算系をできるようにする。
高校に行ったら最初の方から勉強頑張って出来ないところは出来るようにして
苦手を作らないようにする。たのしくすごす。東に絶対受かるように毎日頑張る

一人一人の決意が長い~
気合いの決意ですね。

by Topzemi-aobajuku | 2009-01-29 15:11 | 大野木塾長 | Comments(0)

志願状況②   

2009年 01月 28日

志願状況の第二弾です。
会報をそのままアップしてみます。
論説調になっています。 


★公立高校入試大予想① H20年1/28 青葉塾 No5

平成21年1月27日、最初の志願状況が発表になった。
まさに志願先によって明暗をわけた。
苫東は志願者が増えなかった。
その分、苫南、苫西に集中してしまったようだ。
一方、経済高校は昨年とは変わって志願者が30名ほど減った。
例年、激戦の苫工は過去4年間では一番低くなった。
しかし、それでも不合格は72名となっている。厳しさには変わりない。
 白老も過去4年間で一番低くなった。チャンスだ。
しかし、苫西からの志願変更はあると考えるべきだ。
まだまだ油断はできない。
中高一貫校として中学受験では、3倍の高倍率の登別明日は、
今年が後期日程(高校での入学者は今年が最期)のラストチャンスだが、
過去3年間同様に志願者が増えなかった。
今年の受験者もラッキーだ。
苫高専は、一般受験の人数が未定なのでまだまだこれから。
 地方校の追分、厚真、鵡川、穂別は定員割れ状態だ。
このままいけば、まず安心だ。
各高校とも、志願変更、また推薦不合格組がどこに再出願するかによっては、
まだまだ変わる。
年回りの運、不運は入試にはつきものだ。
要は、「点数をとって入る」との気構えを持つことが大切だ。

 それでは、各校ごとに概説していく。  
■苫東→今年も楽勝!という状況だ。
苫南からの志願変更は実際には難しいだろう。
それでも、若干名の志願変更はあろうが、このまま受験のパターン。
そうなれば、平成18年、19年の再現か?
今年は、推薦組の再出願がなくなった分、苫南に流れるとは考えにくい。
40名~50名の欠席で15名~20名の不合格。
やはり、チャンスだ!

■苫南→非常に厳しい状況だ。
苫西の倍率が思いの外、高いので、
苫西への志願変更もやりにくい状況となった。
推薦で不合格になる37名の再出願が難しい状況だ。
思い切って登別明日への変更など視野に入れてもよいかと思う。
現状は50名の不合格がでる。

■苫西→状況は過去4年間で一番厳しい状況だ。
当日欠席が少ない分、50名の不合格がでる。
現実には白老東が低いので、そちらへの志願変更は予想される。

■白老東→過去4年間で一番の低倍率となった。
しかも、例年、合格ラインは高くない。
今年はチャンスだ。
しかし、志願変更での増加は十分、ありうるとみた。

■苫小牧工業→現時点で72名の不合格が出る。
依然として高倍率だ。
推薦で定員の半数が決まってしまう以上、本試験での合格には、
約2倍の関門をクリアーしなければならない。頑張るしかない!

■苫小牧総合経済→今年はチャンスだ。
学科でのばらつきはあるが、第二希望まで書けるので、
他学科の高得点者がスライドしてくることもある。
100点前後の勝負とみた。まだまだこれからだ。

■登別明日→今年も低倍率となった。
例年、志願変更は多くない。ラッキーだ。
最低ラインは上がらない。このままなら定員割れ必死。
苫小牧から遠いのか?
人気がないのが不思議だ。

■苫高専→一般受験の総志願者数がでていない。
それによって難易度は、大きく変わる。

受験生のみんな、誰もが不安、不安に思ってもしかたない! ベスト尽くすのみ!

by Topzemi-aobajuku | 2009-01-28 15:45 | 大野木塾長 | Comments(0)

志願状況   

2009年 01月 27日

平成20年1月27日(火)
676号

「出願状況発表」

北海道公立高校の出願状況が
発表されました。

少しだけコメントを入れてみます。

苫小牧東 定員280名に対して346名の志願者です。
当日欠席を入れるとほぼ無風状態です。
今年もラッキーです。
昨年、同時期が361名ですので、前年比-15名と
なっています。


苫小牧南 定員200名に対して273名の志願者です。
昨年、同時期が261名ですので、+12名
当日欠席は約20名ほどです。
となれば、約50名が不合格となります。
激戦となりました。
推薦で37名が不合格となります。
その子たちがどこに再出願するのかで
大きく変わってきます。
登別明日、敢えて苫東に志願変更なども考えられる
状況となりました。


苫小牧西 定員160名に対して216名の志願者です。
昨年、同時期が191名ですので+25名となりました。
当日欠席が望めない分、実質50名の不合格がでます。
苫南同様、激戦です。

あとはまた書きます。

by Topzemi-aobajuku | 2009-01-27 23:47 | 大野木塾長 | Comments(0)

決意   

2009年 01月 26日

平成20年1月26日(月)
675号

「決意」

高校受験に向け
塾生の決意を書いてもらいました。
今日はその第一弾です。


●ぜんりょくでとにかく頑張る!
◎とにかく必死に勉強する。公立に向かってやる!
○私もう合格しました。ま、みなさん頑張って! (私立の推薦合格です!)
△来月に面接があるのでしっかりと準備をしていきたい。(公立高の推薦入試です)
◎今出来る事やって、とりあえず頑張る
▽合格できるように真剣に勉強する。
■必ず白東に受かるようにがんばる。私立だけは行きたくないからがんばる。
○今のままじゃ、全然やばいから、必死で勉強して、点数アップしてがんばる。
◎今まで勉強してきたことを受験で全部だせるように頑張る。
▽工業必ず合格する。
△自分の精一杯の努力をする。
□受験までに1点でも多く点数が取れる勉強をする。


みながんばるぞ~!

by Topzemi-aobajuku | 2009-01-26 23:24 | 大野木塾長 | Comments(0)

-13度   

2009年 01月 25日

平成20年1月25日(日)
674号

「-13度」

昨日までの晴れが・・・
今朝起きると外は真っ白
昨夜のうちに10㎝~15㎝の雪が
午前中は雪かきモードになってしまいました。
夜になって、外に出てみると
気温は、-13度!

今年一番の寒さです。



さて、受験も迫ってきました。
多くの子は受験に向け
集中してきているようです。

しかし、教えることは難しいと
つくづく思うときがあります。

教えるというよりは
ものの考え方、見方を
教えてあげるほうが
より大切だと思っています。

それさえ、本人が自覚し気づいてくれれば
あとは、自然に成績など上がっていくのです。

成績を上げるのは、先生の力でもなく
実は自分自身なのです。
先生はそのコーチングをしていくだけなのです。

しかし、多くの場合、先生自体がそれに
気がつかないように思います。





根のある草は
芽をふく
自ら伸びる
花を開く


東井義雄

by Topzemi-aobajuku | 2009-01-25 23:54 | 大野木塾長 | Comments(0)

晴れ   

2009年 01月 24日

平成20年1月24日(土)
673号

「晴れ」

全国的には大荒れの天候のようです。
先ほど。JK会(指導、研究のための私塾のネットワーク)
の松田先生からのチャットによると
松田先生のいる愛媛県の伊予市でも
今日は雪だそうです。
愛媛とみかん
地理の必出!

愛媛と雪
・・・・・

イメージが湧きませんね。
それだけ、全国的には
大荒れだということでしょう。

さて、ここ苫小牧は
この時間になって晴れ間も見えてきました。
いい天気!

今春、3月から青葉塾では
新年度に移行します。
しかし、今年は日能研リーグの時間割が
新しく入るため、調整にとまどっています。

いましばらくかかりそうですが、
2月初旬にはお知らせできると
思います。

今日も一日、頑張りましょう!

by Topzemi-aobajuku | 2009-01-24 14:43 | 大野木塾長 | Comments(0)

くもり   

2009年 01月 23日

平成20年1月23日(金)
672号

「くもり」

昨日から北海道は気温が高めです。
昨日、塾の帰りの外気温は3度でした。
暖かい~

今日も朝から雨模様です。
地球温暖化の影響でしょうか。
大きな力でもって、まさに change!
が必要な時代になってきたように
思います。


さてさて、講習会も終わって一段落です。
しかし、来週の土日は中1、中2の
実力対策、中3の最終道コンと続きます。


2月いっぱいは、ばたばた日が続きそうです。

このようなときこそ、
日々の雑務を大切にしていくことが必要ですね。

今日は頑張りましょう!

by Topzemi-aobajuku | 2009-01-23 11:57 | 大野木塾長 | Comments(0)

だるま   

2009年 01月 22日

c0171889_1137471.jpg


平成20年1月22日(木)
671号

「だるま」

東京の林先生から送っていただいた
大「だるま」、受験生全員が名前を書きました。

こともあろうに昨日、
中3生がかばんにひっかけて
落としてしまった・・・



少々、ひびが・・




しかし! だれも気がついていません!




・・・だと思います・・


そこはそこ、
北海道神宮の破魔矢と熊手で
しっかりとお祓いをしました!
だから大丈夫です!!

でも大事をとって置く場所を変えました~

来月になると大学受験組は
私大入試の受験ツアーが始まります。
気合いと集中です!

by Topzemi-aobajuku | 2009-01-22 11:38 | 大野木塾長 | Comments(0)