ブログトップ

青葉塾 塾長ブログ

<   2008年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

大晦日

平成20年12月31日(水)
654号

「大晦日」

年内の授業も昨日で終了しました。
青葉塾は今日から1月3日までお休みとなります。
新年度は1月4日(日)、午前9時から始まります。

さて、講習会も前半が終了しました。
高校生クラスは、学校での授業、講習会もあり、
全員が揃ってのスタートはクリスマス後となりました。
中学生の講習会は、今月14日の実力判定テストから
始まった分、順調に予定をこなしています。
個別は順次スタート、小学生も順調に進んでいます。
あとは、年明けからの後半戦で一気ですね。


さて、この年の瀬にきて、苫小牧は雪になっています。
雪かきモード全開!
講習会も全開!
前半戦の講習会が終わったとたん、
熱がでて昨日、今日とダウン気味です。
このお休みの間に元気になってきます。


一年間、青葉塾のブログにお付き合い頂き誠に有り難うございました。
厚く、御礼申し上げます。
来る年が、皆様にとり良き年となりますよう
お祈り申し上げます。
ありがとうございました!
by Topzemi-aobajuku | 2008-12-31 11:59 | 大野木塾長 | Comments(0)

あと2日

平成20年12月28日(日)
653号

「あと2日」

年内の講習会も、あと2日となりました。
今年も終わりですね。
過ぎてしまえば、あっという間の一年だったように思います。
みなさんはいかがですか。
3月からの拓勇教室新開校、ばたばたしました。
ここに来て、9ケ月ほど過ぎ、落ち着いた
いい状態で勉強ができているように思います。
拓勇でも、新たな歴史を作っていくことになります。

さて、今回の講習会、
私を含め先生がたが、午前9時から授業がスタート
終わりは午後9時20分、授業の前後を入れると
大変です。
受験生も大変ですが、先生がたも大変です。
共育ですね。
公立受験日まであと66日、
センター入試まで19日となりました。

努力あるのみです!
by Topzemi-aobajuku | 2008-12-28 22:14 | 大野木塾長 | Comments(0)

大雪

平成20年12月25日(金)
652号

「大雪」

昨日の塾の帰りは積雪はゼロ
気温も高めでした。


今朝、外からなにやら音が・・
ピー・ピー・・・グワーン
いやな予感がしました。
おそるおそる起きてカーテンを開けると
外は真っ白!吹雪も吹雪、大荒れです。
聞こえた音は、除雪車だったのです。
自宅前の駐車場の除雪に入っていたのです。
ふとんの中から飛び起き、急いで朝の支度を
整え、いざ!

少なくとも、子ども達が来る前に雪かきを
しなくてはなりません。
駐車場のスペースも確保しなくてはなりません。
始業時に間に合いました。

しかし、昼からは拓勇教室!
道は圧雪です。
車はノロノロ運転です。
結構かかりました。

着きました。
駐車場は一面の雪原状態!
吹きだまりになっていて
どうみても30㎝~40㎝はあります。
教室に入れません!

ひたすら雪かき、雪かき!

大変でした。でも、授業は問題なし!
年内もあと3日ほどになりました。
みんな、頑張ろう!
by Topzemi-aobajuku | 2008-12-26 22:45 | 大野木塾長 | Comments(0)

イブ

平成20年12月24日(水)
651号

「クリスマス」

今日はイブです。
でも、しっかり授業がありました。
子ども達もご苦労様!
また、明日から頑張りましょう!
by Topzemi-aobajuku | 2008-12-24 23:32 | 大野木塾長 | Comments(0)

だるま②

平成20年12月23日(火)
650号

「達磨②」

来ました。おおだるま!
東京の青藍学院の塾長である林先生
からきましたよ。
林先生、有り難うございます。

東京、調布市深大寺のだるまです。
だるまさんに受験生ひとり一人に
名前を書いてもらいます。
これが、とてもいいのです。

だるまの目を入れるのは哲恵塾生ですね。
明日が楽しみです。
by Topzemi-aobajuku | 2008-12-23 21:59 | 大野木塾長 | Comments(0)

だるま

c0171889_19392917.jpg
c0171889_19395598.jpg



平成20年12月22日(月)
649号

「達磨」

今週から冬期講習会も本格的にスタートします。
いよいよですね。みんな、頑張りましょうね。


7、8年も前でしょうか。
東京の青藍学院の塾長である林先生が達磨さんを送ってくださいました。
それから、毎年、この時期になると大きな達磨を送って頂いています。
その中に、小さな姫達磨が入っていました。

「これはいいや」ともう5年程前から、毎年、受験生に、
小さな達磨をプレゼントしています。

みなさん、ご存じでしたか。
達磨は、向かって右側、達磨自身の左目にまず目を入れるそうです。
もちろん、大願成就=志望校合格!のあかつきに両目に目を入れることになるのです。

林先生の大きな達磨さんはまだきませんが、
一足早く、青葉塾で東京、深大寺参道のお店に頼んで
直送していただいた達磨がきました。

その数、70個以上!
そんなに受験生がいたかいな?
ってなもんですが、
大学受験生、高校受験生、そして中学受験生と合わせると
そんな数になってしまいました。

責任重大!
心して講習会にも臨まなければなりませんね。
明日から順次、受験生にプレゼントしていきます。
お楽しみに!
by Topzemi-aobajuku | 2008-12-22 19:41 | 大野木塾長 | Comments(0)

試練

平成20年12月21日(日)
648号

「試練」

試練に感謝する   稲盛和夫

もし成功というものを神が与えてくれたなら、
なぜこの成功を私だけに与えてくれたのだろうか、
これは神が私を試そうとして与えたものだととらえ、
さらに謙虚に努力を重ね、人々のために尽くすのです。



凡人の私にはなかなか出来ないことです。
しかし、いままでの失敗や試練が自分を
育ててきてくれたことは実感できます。
人は生きている限り一生、勉強です。
そう思い、試練に負けることなく
前進するのみです。
by Topzemi-aobajuku | 2008-12-21 22:15 | 大野木塾長 | Comments(0)

可能性②

平成20年12月20日(土)
647号

「可能性②」

青葉塾は、「人間の無限の可能性を追求する」
塾でありたいと思います。
また、それを信じる塾でもありたいと思います。

現在、100点しか取れない子はダメか、
また、本当に頭が悪いのか、


決してそんなことはありません。
それは、今までの取り組みの差
積み重ねの差であるのです。
それを積み上げていけば問題はないのです。


しかし、事はそう簡単にはいきません。

一番の問題は、本人の意識にあります。
「自分はできない」「とってもできない」・・
などなど否定的なことしか考えつかないのです。
これが一番の問題です。
それには、小さな成功体験を積み重ねていくしかありません。

また、多くの場合、勉強の習慣がありません。
勉強をしない→できない→点数がとれない→いやだ・・
負の連鎖ですね。

いかにこれを打ち破っていくか。
ここに塾の手腕が問われるのです。
by Topzemi-aobajuku | 2008-12-20 15:27 | 大野木塾長 | Comments(0)

無限の可能性

平成20年12月19日(金)
646号

「可能性」

人間の無限の可能性を追求する

仕事において新しいことを成し遂げられる人は、
自分の可能性を信じることのできる人です。
現在の能力をもって「できる、できない」を
判断してしまっては、新しいことや困難なことなど
できるはずはありません。
人間の可能性は、努力し続けることによって
無限に広がるのです。
何かをしようとするとき、
「まず人間の能力は無限である」
ということを信じ
「何としても成し遂げたい」
という強い願望で努力を続けることです。
常に自分自身の持つ無限の可能性を信じ、
勇気を持って挑戦するという姿勢が大切です。

 稲盛和夫




塾での指導において、心がけていることがあります。
子ども達のなかには、テストの点が悪かったり、
暗記物が出来なかったするときに、
「おれ(私)、頭が悪いから」
と平気で口にする子がいます。
自分で自分の能力を見限ってしまっているのです。
500満点で450点も取ってくる塾生がいます。
一方、100点ほどしか取れない塾生もいます。
その差は何か?
能力的な差は基本的にない、と考えています。
ならばその差は何か?
勉強に取り組む姿勢、またその積み重ねの差であると
考えます。


教師のひとり一人が、子ども達の無限の可能性を信じ
粘り強く、指導に当たっていくこと、
また、それを後押しする保護者の応援こそが
子供たちを変えていく大きな源になっていくのです。
まず、わが子の無限の可能性を信じ、応援することが
大切にもなっていくのです。
by Topzemi-aobajuku | 2008-12-19 09:45 | 大野木塾長 | Comments(0)

屋久島

c0171889_0292065.jpg



平成20年12月18日(木)
645号

「屋久島」

昨日、東京からお客様がいらっしゃいました。
話のなかで今春行った屋久島の話がでました。
その時のブログは残念ながら今秋にexcite ブログに
変えたので、見ることはできません。
そこで、リクエストにお答えして再度、アップしてみます。
ホテルからの夜明けは12/2号にアップしてあります。
今日の写真はモッチョムです。
海岸線から一気に峰が続いています。
by Topzemi-aobajuku | 2008-12-18 00:31 | 大野木塾長 | Comments(0)