ブログトップ

青葉塾 塾長ブログ

2019年 02月 01日 ( 1 )

志願状況7


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


2019年2月1日(金)
2492号 「公立高校志願状況その7」

春から青葉塾は進化します!
「Aoba Reborn!」
①3月入塾は3月分月謝→無料!
②講習会から入塾で→講習料無料!
といった特典もあります。
詳しくは資料請求を!

1月はあっという間に過ぎ去り、はやくも2月です。
2月は如月です。
日本では旧暦2月を如月(きさらぎ、絹更月、衣更月と綴ることもある)と呼び、現在では新暦2月の別名としても用いる。「如月」は中国での二月の異称をそのまま使ったもので、日本の「きさらぎ」という名称とは関係がない。「きさらぎ」という名前の由来には諸説ある。

十五の春は、挑戦の春です。
平成31年公立高校入試の志願状況が発表になりました。
今日はその7です。
いわば番外編です。

今日は千歳高校です。
千歳高校は苫小牧からみれば、「校区外」になります。
千歳高校には
普通科(定員240名)
国際教養(40名)
国際流通(80名)
の三学科からなっています。

普通科は学区の「しばり」があるので
石狩学区以外からの受験者は定員の5%となっています。
しかし、一昨年、昨年と普通科は二次募集がでました。

今年は初回で296名(5%で19人)となっています。
5%の枠が12人ですから、ここから7名も不合格です。
定員が240名ですので単純に296-240=56名もの
不合格です。これは結構、厳しい数字です。

苫小牧市の西部地区からみると「なんで、千歳~」になるのですが、東部の沼ノ端、青翔地区からみれば、苫小牧南に行くことを思えば・・・かえって近いのです。それでいて、合格ラインは苫南とほぼ同程度です。道コンSS50です。しかし、進学実績は生徒数も多いこともあるのでしょうが、苫南より上~なのです。となると、選択肢として「おもしろい」ことになります。そのあたりが浸透したのでしょうか・・・また、2年連続の定員割れ、二次募集のせいでしょうか・・・今年は大変です。といっても、実は25名程度の当日欠席が見込めますので実際は30名ほどの不合格となります。でも、大変ではあります。

今年の千歳の普通科は苫南より大変!
校区外の枠はCにアップする・・!?
きっと最終は10~15名ほど減るようには思いますが
でも、ここ二年間のようなわけにはいきません。
まさに、点数勝負です。
実は二年ほど続けて青葉塾から受験者がいたのですが
今年はいないので・・・今年は余分な心配がない~
です・・・



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング
by Topzemi-aobajuku | 2019-02-01 16:41 | 大野木塾長 | Comments(0)