人気ブログランキング |

2018年 10月 04日 ( 1 )   

秋色その13   

2018年 10月 04日

c0171889_10155451.jpg

c0171889_10162792.jpg


人気ブログランキング応援のワンクリックをお願いします!


新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


2018年10月4日(木)
2603号 「秋色その13」

しばらくぶりの秋色シリーズの再開です。
ブログのトップに写真で載っけていましたが
お気づきになりましたか。

2012年10月8日です。
旭岳です。

旭岳(あさひだけ)は、北海道上川郡東川町にある火山である。大雪山連峰の主峰で標高2,291m。北海道最高峰。
大雪山(たいせつざん、だいせつざん)は、北海道中央部にそびえる火山群の名称である。
旭岳、北鎮岳、白雲岳、愛別岳、凌雲岳、黒岳、御鉢平、赤岳、熊ヶ岳、安足間岳、緑岳、比布岳、北海岳、烏帽子岳、小泉岳の総称
大雪火山群の地形図
一つの山ではないことを明確にするため、「大雪山系」という呼称もしばしば使われる。大雪山系と言われる場合、広義には表大雪、北大雪、東大雪、十勝岳連峰を包含する大雪山国立公園の南北63 km, 東西59 kmと広大な広さとなる。
「大雪山」は本来、現在「表大雪」と呼ばれている、御鉢平カルデラを中心としたエリアを指す呼称であり、「大雪山系」がそのように使われることもある。先住民アイヌは「ヌタップカウシペ、ヌタプカウシュペ nutap-ka-us-pe」(川がめぐる上の山)もしくは十勝岳連峰と合わせて「オプタテシケ op-ta-tes-ke」と呼んでいた[3]。
国の特別天然記念物(天然保護区域)及び国指定大雪山鳥獣保護区(大規模生息地、面積35,534 ha)に指定されている。
普段、よく使われる「大雪山」ですが、「大雪山」という名前の山はない~!!のです・・・

で、旭岳です。
富良野から美瑛を抜け、東川町に入って旭岳温泉を目指します。ここにロープウェイがあります。
北海道最高峰の旭岳の山麓駅(標高1100m)から終着駅である姿見駅(標高1600m)を結ぶロープウェイ。片道10分間の空中散歩では四季折々の雄大な自然が一望できます。

標高はそんなに高くはないのですが(北海道では高いのですが、3000m級の山々が連なる日本アルプスと比べるとです)北海道の緯度が高いため、本州の3000級の山々に匹敵するのだそうです。

午前6時25分で何と「一度」です!
c0171889_109227.jpg


午前7時21分、始発に乗ります。
c0171889_10102299.jpg

c0171889_10103781.jpg

c0171889_10142154.jpg


今週末の連休など、お天気が良ければいいのですが、今年は台風でだめですね。
この時期に行く機会があればですが、問題は駐車場です。ホテルに宿泊であればホテルの駐車場が使えますが、そうでない場合は、「朝イチ」です!10時くらいに向かえば・・・かなり厳しい!というより駐車場に入れず・・・待ち!基本、片側一車線ですので、「登り」が大渋滞です。温泉街にたどり着くのが大変です。前がつまってますからホテルの駐車場にもたどり着けない可能性があります!

で到着するとぐる~と散策できます。
c0171889_10113871.jpg

c0171889_1011597.jpg

c0171889_10121056.jpg

c0171889_10124125.jpg

c0171889_10131134.jpg


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキング

by Topzemi-aobajuku | 2018-10-04 10:16 | 大野木塾長 | Comments(0)