人気ブログランキング |

2016年 04月 28日 ( 1 )

子育て


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!




2016年4月28日(木)
2181号

「子育て」

以前ですが月刊誌「致知」にあのイチロー選手のお父さんである鈴木宣之氏とヴァイオリストの五嶋 節さんの対談が出ていました。
対談のテーマは「子供の天分をどう伸ばすか」
その道で大きな成功を収めたお二人の子供達、子育てにかけたお二人の色々な示唆に富んだお話があります。その中でも鈴木氏の最後の言葉に、子育ての要諦があるように思いました。

鈴木氏 「・・・、仕事と大人の付き合いに明け暮れて家に帰れば寝るだけでは、子供を持った男の人生としては中途半端です。溺愛でいいんです。少なくとも、二十歳になるまでは徹底的に子供に付き合ってあげることですね。それが、子供の天真を見いだし、発揮させる鍵になると思います。」と締めくくられています。

鈴木氏は「溺愛でいいんです」とおっしゃっています。
「親はわが子の応援団長なのです」 子供のすべてをそのままに受け入れ、どんなときにも味方であり続けること。それこそが、子育ての要諦ではなかろうかと考えています。

その鈴木氏、イチロー選手がオリックスに入団が決まったとき、プロ野球選手である前に、立派な社会人であってほしいという願いを込めて「品格ある野球人」という色紙を送られたそうです。まずは、人としても立派であってほしいとの願いが込められていますね。「溺愛」と「甘やかすこと」とは別のもののようです。そのあたりが難しいところでもあります。



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2016-04-28 14:43 | 大野木塾長 | Comments(0)

1986年開塾~!青葉塾長ブログです


by Topzemi-aobajuku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る