人気ブログランキング |

青葉塾 塾長ブログ

2012年 01月 29日 ( 1 )

倍率3

人気ブログランキングへ

応援のワンクリックをお願いします!

2012年1月29日(日)
1689号

「公立高校志願状況発表3」

今日は中学3年生の最終道コンです。
日新校、拓勇校で受験生が真剣に
問題に取り組んでいました。

真剣なまなざし
真剣な空気
そうでなくちゃ~
と思ってしまいます。

苫小牧東高の高倍率の件で
今日も子ども達から質問がありました。
さすがに、まずいと思っている子も
多いように思います。

そこで、その子にも約束したので
もう少しデータを載せたいと思います。

昨日も書いた平成17年度入試の件です。

苫東 定員280名 今年と同じです。

平成17年1月27日 倍率発表です。
この年は初めて苫東に推薦枠ができた年です。
志願者は424名 うち推薦が177名
推薦枠は56名ですからすごい倍率です。
3倍以上です。結果、Aランクでの不合格も多数!
大変な年でした。
この後、18年、19年、20年まで
推薦枠がありました。

志願者424名です。
まず推薦で56名が合格
推薦不合格者は121名です。
その後、再出願となって
最終志願者は351名です。
ただし、実質は351+56=407名が
出願したことになります。
結果として424-407=17名の減です。
志願変更は僅か17名だけだったのです。
この時点で不合格予想は127名です。
しかし、当時欠席が66名でました。
結果、61名の不合格となっています。

そして今年の志願者は437名!
平成17年度+13名となっています。

さらに、平成15年度に参考になりそうな
数字があります。
この年は推薦がありませんので、
状況は今年に近いように思います。

平成15年度 
苫東 定員280名
1/28 倍率発表 志願者432名
(それでも今年より5名少ない)

2/28 最終発表 志願者409名

志願変更は、わずか23名となっています。



志願変更には勇気がいると書きました。
なかなか実際には出来ないものだと
思っています。
多くて30名程度だと予測します。
しかし、それはわかりません。

乱暴な予想をしてみます。

437名から志願変更で-37名
(実際はもっと少ないかな・・・)
志願者400名
当日欠席50名
(近年は50名弱続いています)
受験者350名

定員280名
不合格70名
補欠合格10名

最終実質不合格60名!

Eランクでの合格は5人に一人
Dランクで10人に五人~六人

Cランクでは10人に一人~二人は
不合格の可能性があります。
A、Bランクでの不合格もでるはずです。
ちなみに平成17年度にはAランクの
不合格も出ました。
海に近い中学校です・・・
(青葉塾ではありません~!)

次が、一番大切なことです。

入試は、その年々の運、不運があります。
志願変更の数もだれにもわかりません。
大切なことは、いろいろな状況を、各ご家庭で
じっくりとお話になって決められることです。
仮に落ちて、私学に行くことになっていいのか?
その場合は、経済的なこともでてきます。
そういったもろもろのことを加味して
決められことをお勧めします。

弱気に志願変更したことで
モチベーションが下がって
しまうことも十分、考えられます。
志願変更先の倍率が上がって、
そこでの不合格の可能性もあります。
思いの外、志願変更が多くて、
さらには当日欠席も多くて、
結果、ラインがそんなに上がらずに、
変更しなかった方が良かったことも十分
考えられます。
反面、私学に行くことになると、学費が
だいぶかかります。
制服もありますし、通学の交通費も考え
なくてはなりません。
高校無償化も卒業するまで
続かないかもしれません・・・


E、Dランクの合格は厳しいのは
間違いありません。
しかし、間違いなくEランク、Dランクでの
合格者もでるはずです。
(Dは結構いるはずです)

ということです! S君、よく相談してくださいね!

Never give up!


人気ブログランキングに登録しました!
一日一回、応援のワンクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ