人気ブログランキング |

2011年 05月 30日 ( 1 )

勉強会

c0171889_16542521.jpg


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

平成23年5月30日(月)
1450号

「しあわせ」

しあわせは
いつも
自分の心が
決める

相田みつを


他の誰でもありません。
自分にとって、どんな小さなことでも
それを、しあわせと感じる心があれば
それはしあわせなんですね
そういった小さな暖かな心を
持ち続けたいものです

今日は、午前10時から青葉塾での勉強会がありました。
月刊「致知」を使った勉強会です。
毎月、1回実施しています。
致知編集部の推薦記事、若しくは、気になる記事を
各自が400字程度にまとめて発表するのです。
そして、それに対するコメントを皆で発表し意見交換を
おこないます。
今月号、6月号の致知の特集は「新生」です。
この度の東日本大震災を真正面から取り上げた特集です。

今回の私のまとめたものを載せたいと思います。

6月号  「新生」
①感じたこと 致知の推薦記事のなかで特に気になる言葉、事柄を書いてみます。
この度の東日本大震災に際し、ただただ驚くばかりです。人はいとも簡単になくなってしまうこと、
また、災難はいつ何時起こるかもだれもわからないこと、しかし、人は生きなくてはなりません。
何があろうと前を向き、進んで行くしかないこと、そんな多くのことを気づかせてくれたと思います。さて、今回の致知のタイトルは「新生」です。まさに日本は、新生に向けて進むことが求められています。まずは、佐々敦行(あつゆき)氏と渡部昇一氏との対談です。とかく、民主党政権のことや菅総理のことはニュースとなっていますが、お二人の対談もその点を厳しく突いておられます。菅さんの学生時代の話は大変、興味深く拝見させていただきました。最近の番組でも菅さんは追求するのは好きだが、追求されるのは嫌いで、国会の延長もしない旨の話を聞き、さもありなんと思ったところです。しかし、批判は簡単ですが、どうするかとなったとき、困ってしまいます。国家政治を語ったところで私たちの力ではどうすることもできません。しかし、今回の菅さんからリーダーとはどうあるべきか、また危機管理とはどうあるべきか、反面教師として少しは勉強させていただたように思います。また、P26以下の京大大学院教授の藤井聡さんの「一億総どら息子状態の日本に鉄槌が下された」「自然治癒力の回復が復興だ」など興味深い記事もありました。
色々な人がいろいろな意見を言っている現在、何を指針すれば良いか、多くの日本人も困っているように思います。松下幸之助さんが、「日本の政治家には国家百年の計がない」と86歳で松下政経塾を作ったといいいます。まさに氏の嘆きが聞こえて来そうな気がします。このような状況にあって私たちができることは、教育しかないように思います。ご縁を頂き、青葉塾に来てくれた子ども達に、よりよきものを提供することが私達の努めです。それは学力だけに限らず、ものの考え方や習慣、姿勢など伝えていくものがたくさんあります。そのためには私達自身が勉強しなければなりません。個々の講師の成長が、きっと青葉塾の成長につながるものと信じています。


いま、読み返してみれば、記事を読んでいないと
話がみえない部分も多々ありますが、少しは
勉強会の中身がご理解戴けるかもしれません。

今日も一日、頑張って来ます!

人気ブログランキングに登録しました!
一日一回、応援のワンクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ
by topzemi-aobajuku | 2011-05-30 16:54 | 大野木塾長 | Comments(2)

1986年開塾~!青葉塾長ブログです


by Topzemi-aobajuku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る