人気ブログランキング |

青葉塾 塾長ブログ

aobajuku.exblog.jp

1986年開塾~!青葉塾長ブログです

2010年 02月 07日 ( 1 )

中学受験その3

平成22年2月7日(日)
985号

「入試を考える、その3」

今日は中3生対象の入試対策講座ラスト3の1回目
日新、拓勇と両教室で同時しました。
みなが楽しそうに勉強していましたよ。
たいへんいい状態ですね~!
それは良かったのですが、昨夜からの雪
雪・雪・雪・・・雪!
日新は15㎝くらいでしょうか
でも拓勇は25㎝~30㎝!
車が入らない!駐車場が雪の下!
へとへとでした。
シャツも汗でびしょり!
ご苦労さんでした。

さて、今日で3回目です。JK会の主要メンバーでもある東京の青藍学院の林先生が
自塾の青藍通信に載せられた文章を転記させていただています。
入試とは何か
勉強の本来の目的は何か
大変、示唆に富んだ文章です。


「中学受験」
受験もその一つだと思うのです。ここまでの数年間または数ヶ月、学んできたことは日々の授業や勉強への取り組みを通じて実は自分を見つめること、自分を成長させるにはどうしたらいいのか、何が必要なのかを学んでいるのです。これらの一つの集大成が「受験」なのだと思います。そして今まさにその受験に子ども達は向かおうとしています。これまでの受験勉強の日々や受験当日は勿論大切な経験ですが、子ども達の成長に繋がる受験にするためには当日だけではなく、その後の結果の受け止め方、自分の振り返り方がこれからの考え方、生活の仕方にも繋がってほしいと願っています。入試の成否とは別に自分の人生における一つの節目にどう関わっていくのか、どういう態度で臨むのか、その結果をどう受け止めるのか。そこから学び収穫したものは必ずや後々の生き方に影響するはずです。

最後に平成17年春の全国選抜高校野球大会で駒大苫小牧高校の林裕也主将の開会式での宣誓文をご紹介します。中には小学生のリトルリーグ時代から10年近い年月をかけて追い続けてきた甲子園への夢。その高校球児達がようやく手にした甲子園への切符。今まさに勝負に挑もうとするに当たっての宣誓。
「この世に生を受け、十数年生きてきた中で、夢を実現させようとし、一生懸命立ち向かうこと。そこに僕たちの人生があることに気がつきました。夢を追い続けるひたむきな姿が美しく輝いているということを学びました。僕たちのために多くの方々が見守って下さったことも知りました。ここまで成長させていただき、支えて下さったみなさん、ありがとうございます。 今、高校野球って素晴らしいということを実感しながら、感謝と一生懸命を胸に、甲子園という夢の舞台に挑むことをここに宣誓します。」

by topzemi-aobajuku | 2010-02-07 19:04 | 大野木塾長 | Comments(0)

1986年開塾~!青葉塾長ブログです


by Topzemi-aobajuku