人気ブログランキング |

2010年 02月 06日 ( 1 )

中学受験その2

平成22年2月6日(土)
984号

「入試を考える、その2」

今日の苫小牧はいい天気となっています。
でも、寒い~!
自学館のトイレは凍り付いてしまい
水が流れません!
お湯を沸かして、氷を溶かしました。
昨日から札幌雪祭りです。
天気も良さそうですし気温も低いので
雪像は万全だと思います。
本州のみなさんも一度お越し下さい~

さて、昨日から、JK会の主要メンバーでもある東京の青藍学院の林先生が
自塾の青藍通信に載せられた文章を転記させていただています。
入試とは何か
勉強の本来の目的は何か
大変、示唆に富んだ文章です。
今日はその第二回めです。



「中学受験」
ただここで目を転じてみましょう。大リーガーのイチロー選手、プロゴルファーの石川遼選手、今度プロ野球に入団が決まった花巻東高校の菊池雄星選手。プレーもさることながら彼らに共通するのは彼らの日頃の発言やあり方、言うならば彼らの生き方が実に感心させられるところです。イチロー選手のストイックとまで言える練習ぶり自己管理ぶり。まさに人生を野球に賭けている深さ、一途さがその発言から伺えます。石川選手の何時如何なる時にも前向きな発言がテレビから流れてくるのにいつも感心しているのは私だけではないと思います。試合で思うようなプレーが出来なかった時でも、その直後のインタビューで常に前向きな発言がある彼。何時も気持ちを切り替えて前向きに進もうとする日頃の物事の考え方生き方がそのまま出ていて実にすがすがしい。昨年夏の甲子園を賑わした花巻東高校の菊池雄星選手。彼の発言も実に生き方をわきまえた発想が出ていて感心させられます。ケガをしてこのまま投げたら一生野球が出来ないかも知れないという不安の中、最後となった準決勝で途中登板し投げ抜いた彼。その理由が「みんなのためならたとえこのまま野球が出来なくなっても・・・」と語っていた。大リーグからも誘いがかかっていた選手の発言。普段は学校のトイレ掃除も日課のうちに入っているという。これが今時の高校生かと驚きました。

プレーの前に人間的な成長あり。実はこれはスポーツの世界だけではなくどんな世界にも通用する事ではないでしょうか。特にこれから人生の基礎を創り上げようとする子供達にとって様々な習い事(ピアノ、習字、サッカー、水泳など)は全て人間性を創り上げるためにあるといっても過言ではないと思います。少なくともそのことを通じて様々な試練を乗り越え、また乗り越えるための発想の仕方を学び体験することに依ってしか真の上達はあり得ないのです。

by topzemi-aobajuku | 2010-02-06 11:50 | 大野木塾長 | Comments(0)

1986年開塾~!青葉塾長ブログです


by Topzemi-aobajuku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る