人気ブログランキング |

青葉塾 塾長ブログ

aobajuku.exblog.jp

1986年開塾~!青葉塾長ブログです

自主性その8


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら

4月になり、青葉塾のホームページ上に今年度の「入会案内の簡易版」をアップしました。簡易版となっていますが、だいたいのイメージはつかめると思います。さらに詳しい時間割等は青葉塾「入会案内」をご請求下さい。各教室にもありますのでお寄りいただくこともできます。宜しくお願い致します。


2017年5月7日(日)
2370号

「自主性を考える8」

連休も終わりです。
今年の連休は全般的にいい天気でした。
西へ東へお出かけになったお宅も多かったように思います。
そんな連休もおしまいですね。
明日から「勉強モード」に切り替えです。

c0171889_17531090.jpg

c0171889_17534265.jpg



さて、「自主性」の続きです。

単語テストでも歴史用語テストでも何でもいいのですが、「覚える」ことはなかなか大変です。「暗記」の回路ができている子にとっては、そうでもないのですが、その回路がまだまだな子にとっては実に大変なことになります。本来、小学生の低学年から少しずつその回路を作ってこれたらいいのですが、学校任せにしていたり、本人任せししていると、学年だけは上がっているのに・・・・
の状態になっている場合も結構あります。
そこで、塾でその確認テストをしたとします。すっとできる子は問題ありません。しかし、そうでない子は大きく二通りのリアクションがあります。
「なかなかできないけれど、なんとか合格しようと頑張る子」と、すこしやっただけで「無理無理~、こんなに覚えられない~と文句を言い出す子」です。後者のケースでは家に帰っても文句たらたらでしょう・・・「あんなにできないよ~、あの先生、おかしいんじゃない~無理無理~」実は、そんなときこそチャンスなのです。親の出番です。まず、子どもが言っている内容を見せてもらいましょう。そして、それに対してどれだけわが子が練習したのか、見せてもらいましょう。わが子の弁にも一理ありとなると、直接、先生と掛け合うことも必要です。が・・・多くの場合は・・・単に「やってないだけ~」
そこで次の段階ですが、わが子の言うことを一杯きいてあげた後に、「でもね~、先生の言っていることも間違ってないかも~、この際だから、頑張りなさいよ~」とおしりを押して上げるのです。妥協は禁物です。非情に見えようが妥協してはいけません。
ここで、子どもの理屈、言い分が通るようでは、「そこまで・・・」です。塾を変えようが、家教にしようが、同じような状況になったとき・・・同じです。意外ですが、スポーツをやっている子に多いように感じています。野球、サッカー、アイスホッケーとクラブチームでやっている子ほど優先順位が違うのでしょう・・・か。こと自分の好きなことはやるけど、いやなことは・・・・の傾向が強いように思います。
戻しましょう。そこで行き着くところは、やはり各ご家庭の考え方になるのです。
わが子をどうしたいのか?
わが子にどうなってほしいのか?
そこに行き着くのです。

勉強は本人次第だし、別にできなくても生きていけるし・・・もありです。やっぱ、頑張ってほしいし、公立にはいってほしいし・・・もありです。どちらのお考えでも問題ありません。それはそれぞれのご家庭の考え方ですから、外からつべこべ言うものではありませんね。
そこで後者のケースですが、やはり頑張ってほしい~とお考えになる場合は、親も覚悟を決めなければなりません。

続きます。

一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2017-05-07 17:53 | 大野木塾長 | Comments(0)

1986年開塾~!青葉塾長ブログです


by Topzemi-aobajuku