人気ブログランキング |

青葉塾 塾長ブログ

講習開始&お問い合わせ


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら



2017年3月21日(火)
2348号

「講習スタート&お問い合わせ」

学校では今週末に終業式ですが
青葉塾では一足早く、講習会がスタートです。
ただ、個別の場合はコマを自由に選べますから
まだこれからの受講も可能です。
家でコロコロしているようでしたら~
ご検討下さい。

塾に行ったことがなく、ランクがE・Dランク位の
生徒さんなら、間違いなく成績はアップします。
理由はいろいろあるのですが、経験的にいって
間違いありません!
ならば、F・G・Hランクあたりでしたら・・・
本人に頑張る気持ちがあれば大丈夫です。

昨年の成績アップをブログに書いたのですが・・・
2016年7月15日号にもありますね。

去年の1学期、中3生はランク飛び越えが3~4名いました。
中3の内申点は1教科が3点です。
そしてランクの幅が20点あります。
ということは3点×7教科=21点ですので
ただ単にランクアップではなく、ランクの飛び越えは
実にすごいこと、大変なことなのです。
実技も含めた9教科で7教科以上がアップして初めて「飛び越え」
ができるのです。GランクがFを飛び越えEランクになる!これが
「飛び越え」です。

塾屋さん、この春期講習、大手塾もどこもかしこも
やれ、「無料ですよ~」、「2000円~」「5000円~」
~とまさに大安売り~!


青葉塾は、それをやめました。

昨日、お問い合わせをいただきました。
お母さんとしては心配で心配で、何とか成績アップを・・
とお考えになり、塾に行かせたいとお考えになっていたようです。
しかし、本人はいきたくない・・・とのこと・・

意外と、こういったケースはよくあります。
そのお母様からは、いろいろと説明していただいたのに
申し訳ないと丁寧なメールをいただきました。
有り難いことです。
時期が来ましたら、またご検討下さい。



そして、その返信に以下のようなメールを送らせていただきました。



ご連絡有り難うございます。
いまだに塾=勉強ばっかり=面白くない~
的な考えを持つ子は多いようです。
もったいないことです。
親はわが子のことを一杯心配しているのに・・・ですね。
確かにその一面もあるのですが
学校とは違った勉強空間であることも確かです。

これはちょうど一年ほど前の中3生のお母様からのメールです。啓明中です。
2016年1月4日です。

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。
あんなに、塾はめんどくさい。と言い切っていた本人が、塾に行くと言い出し、更に休みの間、祖父母宅に泊まりに行った際、勉強道具をもち、行ってきました。本人言うには、勉強もそうだけど、塾が楽しいと。先生が面白い。等話してくれてます。変わらず、ゲームはやってますが、何とか両立しようとしてます。
どうぞ宜しくお願い致します。
○○(ここに保護者名あります)


お母様がおしゃるには、「塾には絶対行かない」と言い続けていたそうです。
が、たまたま友達と行こうかとなり、来てくれました。
無事、第一希望に合格して、今頃は部活に燃えているはずです。
ソフトテニスでは胆振大会まで勝ち上がる強者です。


○○くんが○○番とすれば、ランク的には○ランク位かと思います。
これくらいの子が実は一番、成績はアップするのです。
青葉が短期だけの講習会をしない理由は、子供たちを「お客さん」
にしたくないからです。休み中だけの短い講習でできることは
実は多くはありません。勉強ですから、本人がいやだと思っても
やっていただかなければならないこともあります。
そのため、青葉は「無料体験」は行っていません。
逆に「一ヶ月の体験入塾」をお願いしています。
お月謝分だけで、一ヶ月間通塾をしていただきます。
今回のAコースも考え方は同じです。
一ヶ月もあると「お客さん」にはできないのです。
次回は6月に期末対策に体験入塾の募集をします。

今回はお問い合わせ有り難うございました。
大手塾さんの格安の講習会でなく青葉の講習会をご検討
いただき感謝申し上げます。
いつでもお知らせ下さい。
有り難うございました。


ということで、講習会のスタートです。
新中2,新中3のみなさんは
講習会テキストを見て~びっくりでしょう~
英数テキストは解答も含め6分冊~!
でも大丈夫です。
じっくりやっていきますので~!
みなさん、頑張って下さい!


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2017-03-21 21:44 | 大野木塾長 | Comments(0)
<< 二次募集 講習準備 >>