人気ブログランキング |

青葉塾 塾長ブログ

aobajuku.exblog.jp

1986年開塾~!青葉塾長ブログです

模範解答2


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2013年5月19日(日)

1461号

「模範解答2」

「私は答えは渡さない~」
「うちの塾は答えを渡さない~」
は結構なことです。
まして、学習塾であれば、それは自由競争~!
その善し悪しを判断されるの保護者の皆様であり
生徒たちだからです。

と書きました。


何で?

いまさら

こんな記事を?




今月になって、新規入塾生が二人・・・

その二人が二人とも他塾さんからの切り替えです。
それぞれに在籍していた塾に不満をお持ちで
青葉での体験入塾後に当塾への入塾を決めて
いただきました。
当塾としてはたいへん有り難いことです。

が、やめられた他塾さん
(方やその地域では老舗塾、方や大手塾)
にとっては、やはり面白くはありませんね。

子供たちに以前の塾で使っていたテキストを
持ってきてもらいました。
(塾専用教材であれば青葉塾と同じものを使っている
かもしれません。同じものでれば、新たに購入していただく
必要もありません)

それぞれに同じテキストがありました。
使えます!

ところが、解答がないのです。

子供たちに聞いても、解答はくれない・・・・

何ということでしょう!
親切ではありませんね!
代わりに私がもらいに行ってもいいのですが・・

実は、親御さんも子供たちもよく知らないようです。
1.模範解答がしっかりあること
2.塾側が渡そうと思えば渡せること
怒ちゃいます!

青葉塾では解答付きでテキストを配布しています。
勉強はある意味、「自分でするもの」だと思っています。
「自分でする」ためには「解答」は必需品となるのです。
昨日、書かせていただいたように、当塾は
「答え合わせの授業」をするつもりはありませんし、
していません。
いわば、模範解答を「人質」にとるようなことは長くしていません。

しかし、以前は教科によっては担当講師の要望で
解答を渡さなかった時期があります。

その場合は、退塾となったときには
「解答は必ず配布する」という不文律がありました。

解答があれば、退塾後もテキストを有効に使うことが
できますし、問題集として、「自学」も可能です。


少なくとも自塾の生徒として来ていた子
そりゃ、気分は良くなくとも
それはそれ、せめて解答くらいは渡してやれよ~!
と本当に思いませんか・・・


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2013-05-19 21:01 | 大野木塾長 | Comments(0)

1986年開塾~!青葉塾長ブログです


by Topzemi-aobajuku