人気ブログランキング |

青葉塾 塾長ブログ

aobajuku.exblog.jp

1986年開塾~!青葉塾長ブログです

学力を考える8


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2013年3月26日(火)
1415号

「学力を考える8」

苫小牧でも新高校一年生の教科書販売が
あったようです。

一言、アドバイス~!

英数国と教科書ガイドを買っておくと安心~!

中学生の時は教科書ガイドはいつでも買えましたが
高校になると、高校で教科書は全部違います。
そのため、教科書ガイド自体の在庫が十分では
ないのです。
必然、この時期に買いそびれると、手にいれることが
できなくなる可能性が大きくなります。

ガイドがあれば、
塾など通わなくても?
大丈夫~?
自分でどんどん勉強することができるのです。

さて、学力を考えるシリーズもきりがなくなりそうですの
一度、最終回とします。


大切なことは、学力は誰でもつけることができるということです。
元から頭が悪い人などいないことをまずは信じることです。

そこからスタートしなければなりません。


まずは親御さん自身が
わが子の無限の可能性を信じることです。

本人は、「自分はできない・・・」
「俺は頭が悪い・・・」といわばすり込まれているため
なかなかそのことを理解してはくれません。

問題は、その可能性を阻害しているものを
的確に把握できる塾や先生に巡り会えるか・・・

学習塾は、いまではそれなりに社会的地位を獲得して
いますが、私が塾を始めた頃など

「塾なんかいっても無駄ですよ~」
「はやくやめた方がいいですよ~」

と学習塾を全面的に否定する先生(学校の)は
結構、いらっしゃいました。
どちらかというと小学校の先生に多かったように思います。
中学校になると現実があるため、逆に、塾でも行った方が
いいですよ~と勧めていただける先生もいましたが・・

ただ、これは私の感じたことですので
すべての先生がそうだといっていうわけではありませんので・・

そんな中、多くの学習塾が生き残ってきました。
また、大きな塾となったところもあります。
なぜでしょうか?

そこで、自分自身の成長を感じられる先生に出会い、
変わっていった多くの子供たちがいたからに違いがありません。


これは、と思った先生がいた場合は、
わが子のため、その先生とよく話し合われることです。

今、できない理由は何か?


今度はそれを埋めていく作業が必要になってきます。
それが学力のベースになります。
「読み書きそろばん」です。



そのベースができるまでは
成績は上がらないかもしれません。
また、以前と変わらないかもしれません。

しかし、人は成長するのです。
それには個人差があります。
しかし、必ず、成長します。


それを信じて、応援することです。

親ができることはそれしかありません。

青葉塾はそんな泥臭い塾でもありたいと思っています。



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2013-03-26 16:35 | 大野木塾長 | Comments(0)

1986年開塾~!青葉塾長ブログです


by Topzemi-aobajuku