人気ブログランキング |

学力を考える6


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!

2013年3月24日(日)
1413号

「学力を考える6」

昨日の続きです。

そうです!
勉強すればいいのです~!

しかし、これが実に難しいのです。

親御さんはたいてい
いや、たまには

「勉強しなさい~!」

とおっしゃているはずです。

それで
「ハイ、わかりました~」
といけばいいのですが・・・




たいてい、そうはなりませんね・・


話を戻しましょう。


「学力を考える」でした。

整理しましょう。

学力はだれでもあるレベルまではつけることができるのです。
しかし、その前提が必要になる場合があります。

「読み書きそろばん」です
これができている子は通塾は特効薬になります
一気に上がります。
もともと能力があったわけですから
適切な指導があれば一発です~

しかし、多くの場合はそうはなりません・・・


そうです。学力のベースになる
「読み書きそろばん」が不十分だからです。




この見極めが大切です。
しかし、それには少しだけ先生の能力がいるかもしれません。
長くやっていれば、「みえる」わけではありません。


ならばどうするか・・・



まずは勉強できる知力を鍛えることです。
しかし、それには時間がかかるのです。
今回、青葉塾がエブリデイ週5日コース
を設定したのもそのためです。
勉強のベースができていない子には
じっくりと向かい合うことができます。

さらに、これには別の大きな狙いもあるのです。

トップ高をねらっている子
さらにはトップ高に上位で合格して
さらに上をめざしている子供たちには
より深い難度の高い学習を提供できるのです。
そういった子は勉強のベースがある程度
できていますからどんどん進めることが
できるのです。
ぜひ、そういった子どもたちにも
青葉塾の門をたたいてほしいものです。


一般に進学塾は学力の低い生徒はとりません。
うちの塾は最低でもオール3以上の生徒だけを
教えます~、といった塾です。

学力の低い子は手間がかかる割にやはり
成績がなかなかあがりません。
そうです、勉強する体力ならぬ知力が
ついていないからです。
必然、できる子だけを相手に授業をすることに
なります。

しかし、塾屋の立場でいえば、できる子は
だれがやってもできるのです。
少々、教える方がへたくそでも、生徒自らが
勉強してくれるのです。

青葉塾は勉強ができる子も
苦手な子も受け入れています。

一人一人の子どもたち
みな、無限の可能性を秘めているのです。

続きます。


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
by Topzemi-aobajuku | 2013-03-24 19:03 | 大野木塾長 | Comments(0)