人気ブログランキング |

入試情報3

平成22年7月7日(水)
1131号

「入試情報その3」

入試情報を書いていきたいと思います。
今日はその3です。

苫小牧市内公立高、5校の定員は1040名です。
市内の中学生が1600名
郊外の生徒を合わせて約2000名が同じ学区の生徒となります。

実際の生徒の動きを考えます。
それは進学校やレベルの高い学校がよくて
田舎の学校が悪いといったものではありません。

しかし、現実に苫小牧郊外のむかわ町や安平町の優秀な生徒、
例えば、内申ランクがオール5のAランクの子やそれに続くBランクの子が
地元の鵡川高校や穂別高校、追分高校にいくのか?

どうでしょうか?

きっと行かないと思います。
彼らは苫小牧市内の上位校や
一気に学区を飛び出して札幌の受験
室蘭栄の理数科を目指すことになるはずです。


そうなればやはり、みんなが本当に行きたいと思う
公立高校の定員は1040名なのです。

ならば高専の定員200名もあるはず・・・
となります。


ところが・・・・

札幌には高専がありません。
道内の高専は、函館、苫小牧、旭川、釧路の4ヶ所なのです。
その結果、どうなるか?

今日は24節気の「小暑」です。
小暑とは「暑さが次第に強くなっていく」という意味だそうです。
また、梅雨明けが近い頃でもあり
梅雨明けとともに、本格的な暑さが始まります。
七夕ですね~
by topzemi-aobajuku | 2010-07-07 14:07 | 大野木塾長 | Comments(0)

1986年開塾~!青葉塾長ブログです


by Topzemi-aobajuku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る