人気ブログランキング |

青葉塾 塾長ブログ

aobajuku.exblog.jp

1986年開塾~!青葉塾長ブログです

インフルエンザ

平成21年9月18日(金)
851号

「インフルエンザ」

ここ苫小牧でもA型インフルエンザが
流行して来ているようで、一部の学校では
学級閉鎖となっているようです。
保護者の方々も大変、心配されて
いることと思います。

しかし、もう私たちの身近なところに
ウイルスは存在するようですから
これからは、上手に付き合っていく
ことを考えなくてはならないようにも
思います。


例年、そうなったときに
学校から塾禁止令が出されます。
学校が学級閉鎖、学年閉鎖になっているのに
塾にいくことは相成らん、というものです。
なかには、ここぞとばかりに、
かなり強い指導がなされるようです。



確かに一理あるかとも思います。
人から人に感染しますから
塾に行って感染したら、学級閉鎖の
意味がないというような考えでしょう。


しかし、学級閉鎖になっても
元気な子どもたちもいるのです。
保護者の皆さんは、月謝を払って
おられるのです。
「休みなさい!」
とおっしゃるならば
学校でその分の補習をとる
べきだと思いませんか。

ある意味で、まったく理不尽な理屈だと
思います。
何の権利があって、そこまで指導が
できるのか?
まさに親方日の丸的発想だと思います。


小中学生の保護者の皆様の
切実な心配事の一つは、
間違いなく「成績」だと思います。


かくして、塾に電話が・・・・


「先生、学級閉鎖になったら
学校の先生が塾には行っては
いけないといったそうですが
どうしたらいいでしょうか。
うちの子はぴんぴんしているのですが・・」




みなさんならどうされますか?
by topzemi-aobajuku | 2009-09-18 23:45 | 大野木塾長 | Comments(0)

1986年開塾~!青葉塾長ブログです


by Topzemi-aobajuku