十五の春2


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


「冬季講習会要項」完成しました。
郵送も可能です。
お問い合わせ下さい。

 青葉塾では冬季講習生の募集に入っています。トップページに要項がアップされています。
個別ではどこよりも自由に、クラスではどこよりも長く設定しています。
さらに詳しい冬季時間割等は「冬季要項」をご請求下さい。
各教室にもありますのでお寄りいただくこともできます。宜しくお願い致します。
 さて、11月もはや後半です。多くの中学では中3は期末テストも終わりました。その結果に基づき仮評定もでて総合A、B、Cの平均点である実力点との相関で月末からは三者懇談です。いよいよ志望校決定です。他の学年も週明けには期末テストがひかえています。何かとあわただしい月となっています。こんな時こそ、「すぐやる、今ややる、必ずやる」です!

2017年11月21日(火)
2455号

「十五の春2」

昨日、塾からの帰り、外気温は-2度でした!
強烈に寒いです。
まだ、寒冷地仕様になっていない初冬・・・晩秋・・
では身体が寒さに慣れていませんので・・寒いです。
そんな北海道です。

さて、十五の春をを泣かすな・・・

先週からずっと、この25日(土)開催の「青葉塾進路説明会」の資料作りをしています。あちこちから資料、データを集めて分析し、表や文書を作成しなければなりません。毎年のことですが、結構、大変です。例年、資料集は50ページほどになります!
説明会は三部構成です、一部は札幌日大、立命館慶祥、いま話題になっている京都育英館の直営になった北海道栄の私立三校から直接、進路担当の先生にお越しいただきお話をして頂きます。これが、実に面白い~!結構、本音トーク!うちの塾の子に本当に聞いてほしいと思って毎年、行っています。うちの塾の子にも「先生、別に私立は行かないし・・・僕は違う私立受けるし・・・」といった子もいるのですが・・・
「何ともったいない~! 別にそこに行かなくても聞いてみな~ そんな学校もあるんだ~ めちゃ参考になるよ~」です。塾生で出欠表を出してない子は要チェックです~!
外部生も参加できます(資料代で1100円必要)のでご希望のご家庭はお知らせ下さい。事前の準備、お席の限りもありますので事前のご予約が必要です。※日新校はもう一杯ですので拓勇校での参加となります。

その資料を作りながら「十五の春」を考えていますが、そうそう前回のMくん(MでなくNくんでした・・なおみくん)ですが無事、合格し、今は大阪で所帯も持ち元気に頑張っているようです。今でも帰苫の際は顔をだしてくれます。本題に戻りましょう。

実際のところ、「十五の春」で泣くことは難しいのです。例えば今春の苫西、定員160名最終受験者は165名ですので、数字上は不合格は5名だけです。さらには入学辞退、繰り上げ(補欠)合格もありますので実質は3~4名でしょう・・・160名受かって落ちたのは4名・・・苫南は今年も定員割れでしたので・・・不合格者はゼロです。二次募集もでて合格者は200名、苫東も数字上は28名の不合格ですが、こちらも入学辞退を考えれば25名ほどでしょう・・合格者は240名、落ちたのは25名ほど・・どう考えても・・・落ちる方が,難しい!

そうです!まず「高校入試は落ちる方が難しい」のです。これは苫小牧の場合です。今春の札幌西を見てみましょう。定員は320名です。最終受験者は469名です。今春、札幌・東西南北のなかで一番の志願者数でした。となれば何と149名もの不合格です。そうなると・・Aランクでもかなりの不合格がでています。Aランク道コンデータでSS60の生徒でも7名の不合格、こればBランクになるとSS60で合格者は1名、不合格者は9名となっています。こればかなり厳しい数字です。苫東であればAランクというだけで・・・きっと落ちません・・・BランクでもBの上ならば・・・落ちません・・・札幌上位校は、苫小牧とはまさに別世界なのです。

でもご安心下さい。ここは苫小牧です!

まず、今日お伝えしたいことは~

「高校入試は落ちる方が難しい~!」ことです。

ただ、これば倍率に大いに左右されます。
まさに年々の運不運なのです。
かく言う、苫東でも100名の不合格、苫南でも60名以上の不合格が出た年もあるのです。最近は減っていますが苫工は例年60名程度の不合格がでています。が、胆振学区では最近は少子化にともなう生徒数減少が続いており、大幅な志願者増は考えにくくなっています。

続きます。

※前回の記事について、コメントをいただきました。
「匿名希望」さん、コメント有り難うございます。きっと以前の記事についてのコメントだと思いますが「匿名」さんご指摘のことは知りませんでした。真偽はわかりませんが、きっとそれらしいことがあったのだと思います。気にしておきたいと思います。有り難うございました。

一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
# by Topzemi-aobajuku | 2017-11-21 10:59 | 大野木塾長 | Comments(0)

十五の春1


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


「冬季講習会要項」完成しました。
郵送も可能です。
お問い合わせ下さい。


 青葉塾では冬季講習生の募集に入っています。トップページに要項がアップされています。
個別ではどこよりも自由に、クラスではどこよりも長く設定しています。
さらに詳しい冬季時間割等は「冬季要項」をご請求下さい。
各教室にもありますのでお寄りいただくこともできます。宜しくお願い致します。
 さて、11月もはや後半です。多くの中学では中3は期末テストも終わりました。その結果に基づき仮評定もでて総合A、B、Cの平均点である実力点との相関で月末からは三者懇談です。いよいよ志望校決定です。他の学年も週明けには期末テストがひかえています。何かとあわただしい月となっています。こんな時こそ、「すぐやる、今ややる、必ずやる」です!

2017年11月19日(日)
2454号

「十五の春」

例年、この時期は、中3生の学校での三者懇談を前に進路相談を受けることが多くなっています。

ランクもあって、実力点も合格ラインであれば~

「きっと~大丈夫です~頑張ってください~」

でOKですが・・・


そうはうまくいきません。

一番多いのが

「ランクはあるのですが、実力点がたらない・・」ケースです。

行きたい高校の最低ランクはクリアーしているわけですから要は、本番で合格点がとれればいいのですが、現時点では実力点がたらない・・・といったケースです。

ランクが合格者の平均以上であれば、当日のミスも許されます。
(大きなミスは微妙ですが・・・、小さなミスであればランクが補ってくれます)
しかし、最低ランクの子でれば、そのミスは致命傷となる危険があります。
ましてや、現時点での実力点がない子であれば、それはなおさらです。

三者懇談で、担任に言われることは明白です。
「え~、◎◎高校を受けるんですか?ランクはまあ、何とか足りてますが・・・実力点が全然足りません・・無理じゃないですか・・・やめておいた方が・・・」

ずっと前に、絶対評価の頃ですが・・・Gランクで苫南を志望したMくんがいました。三者懇談ではっきりと「無理です。やめなさい~!何をいってるのですか!」と・・・担任が怒り出したといったケースがありました。この子は事前にお母さんから相談を受けていたので、「きっとそう言われますよ」とお話ししていたのでお母さんも「想定内でした・・」とのことで無事、乗り切ったこともありました。


ここからがポイントですが、三者懇談は12月です。
本番の高校入試は3月です。
来年は3月6日です。
実はテストまで100日以上もあるのです。はっきりしていることは、「ランクは上がらない」ことです。逆にいうと「ランクは下がらない」ともいえます。上がっても下がっても1教科で3点ですので、上がるにこしたことはありませんが、気にすることはありません。
大切なことは実力点は「まだまだこれから伸びる~!」
「伸びしろ」はあるのか、ないのか・・・これがポイントです。その子の持っているポテンシャルといいますか・・・潜在能力的はものです。一緒に授業をやっているとだいたいはわかります・・・

上記のMくんはその「伸びしろ」を感じさせる子だったのです。だから、事前に相談を受けたときは「お母さん、きっと大丈夫です。でも学校では反対されますよ~」とお話していたのです。
しかし、まあひやひやものですが・・

そこで~


「十五の春」になります。

十五の春をを泣かすな・・・

十五歳で無事、中学を卒業して晴れて高校生となります。
無論、高校生になる道を選ばず、実社会に出ていく子ども達もいます。しかし、それはほんの僅かな数となっているようです。必然、ほとんどの子ども達は高校生になっていきます。義務教育と違い、高校進学には入学試験があります。ここ北海道では、地方の郡部ではほとんどが定員割れ・・・十五の春は泣きません~!

しかし、札幌圏や旭川、帯広、苫小牧など大きな地方都市では、そうはいきません。
「十五の春に泣く」ことになる子ども達もでてきます。

新聞を初めとしたマスコミでは、「十五の春は泣かすべきでない~」とことさら、合格実績作りのために難関校や上位校にけしかけてる「学習塾は、けしからん」的な論調もあるようです。
ただ少なくとも「実績作りのため・・・上位校をけしかけている・・・」部分は違っているように思います。ただ、十五の春に泣くことは悪・・・・?!でしょうか・・・

この点を考えてみたいと思います。


一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
# by Topzemi-aobajuku | 2017-11-19 18:08 | 大野木塾長 | Comments(0)

会報発行


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


「冬季講習会要項」完成しました。
郵送も可能です。
お問い合わせ下さい。


青葉塾では二学期生の募集に入っています。一気に11月です。今月は中3は総合C、期末と続きます。他の学年も期末テストがひかえています。この11月は気が抜けませんね。日々努力です。そんななか、青葉塾では継続して一ヶ月の体験入塾生を募集しています。今月は期末対策三連ちゃんです~!体験期間中は各勉強会はすべて塾生と同じ扱い(勉強会は無料)で受講できます。また、勉強会だけの受講も可能です。1回1100円です。2回以上は2000円です。一度、ご検討下さい。青葉塾のホームページ上に今年度の「入会案内の簡易版」をアップしました。簡易版となっていますが、だいたいのイメージはつかめると思います。さらに詳しい時間割等は青葉塾「入会案内」をご請求下さい。各教室にもありますのでお寄りいただくこともできます。宜しくお願い致します。

2017年11月15日(水)
2453号

「青葉塾会報9号発行です」

本日、青葉塾会報12号発行です。
何と~12ページ!
記事が盛りだくさんです。

一、冬季要項あり
二、冬休みの個別時間希望あり
三、前計画表のアンケートあり
四、クリスマス会の申し込み書あり
五、進路説明会の申し込み書あり
これは中3生は11/13(月)から別紙で配布しています。

と盛りだくさんとなっています。
子供たちのカバンの中をご確認下さい。
宜しくお願いします。
今日は塾生向けのお知らせでした。



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
# by Topzemi-aobajuku | 2017-11-15 16:00 | 大野木塾長 | Comments(0)

冬季要項完成


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


「冬季講習会要項」完成しました。
郵送も可能です。
お問い合わせ下さい。

青葉塾では二学期生の募集に入っています。一気に11月です。今月は中3は総合C、期末と続きます。他の学年も期末テストがひかえています。この11月は気が抜けませんね。日々努力です。そんななか、青葉塾では継続して一ヶ月の体験入塾生を募集しています。今月は期末対策三連ちゃんです~!体験期間中は各勉強会はすべて塾生と同じ扱い(勉強会は無料)で受講できます。また、勉強会だけの受講も可能です。1回1100円です。2回以上は2000円です。一度、ご検討下さい。青葉塾のホームページ上に今年度の「入会案内の簡易版」をアップしました。簡易版となっていますが、だいたいのイメージはつかめると思います。さらに詳しい時間割等は青葉塾「入会案内」をご請求下さい。各教室にもありますのでお寄りいただくこともできます。宜しくお願い致します。

c0171889_15205235.jpg

2013年11月6日です。
定番~支笏湖です。
左端が樽前山です。

2017年11月9日(木)
2452号

「冬季講習要項完成~」

平成29年度冬季講習会要項が完成しました。
青葉塾トップページにもup~!
ご希望の場合はメール等でお申し付け下さい。
即~お届けします~!

定員間近なクラス、個別コマもありますので
まずはご予約を~!

一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
# by Topzemi-aobajuku | 2017-11-09 15:22 | 大野木塾長 | Comments(0)

できるために最終の2


人気ブログランキングへ
応援のワンクリックをお願いします!



新しくなった「青葉ホームページ」はこちらをクリックしてください。
青葉塾のホームページはこちら


「冬季講習会要項」完成しました。
郵送も可能です。
お問い合わせ下さい。


青葉塾では二学期生の募集に入っています。一気に11月です。今月は中3は総合C、期末と続きます。他の学年も期末テストがひかえています。この11月は気が抜けませんね。日々努力です。そんななか、青葉塾では継続して一ヶ月の体験入塾生を募集しています。今月は期末対策三連ちゃんです~!体験期間中は各勉強会はすべて塾生と同じ扱い(勉強会は無料)で受講できます。また、勉強会だけの受講も可能です。1回1100円です。2回以上は2000円です。一度、ご検討下さい。青葉塾のホームページ上に今年度の「入会案内の簡易版」をアップしました。簡易版となっていますが、だいたいのイメージはつかめると思います。さらに詳しい時間割等は青葉塾「入会案内」をご請求下さい。各教室にもありますのでお寄りいただくこともできます。宜しくお願い致します。

2017年11月5日(日)
2451号

「できるために 最終編の2」

「できるために」のまとめ編です。
今日はその2です。

昨日は、まず「勉強の環境作り」ですと書きました。

ならば、親としてどのように接していけばよいのでしょうか?

わが子に気を遣うことではありません。
交換条件をだして勉強してもらうことではありません。

勉強することは子どもの義務なのです。

人が人として生きていくために
これから長い人生を生きていくために
学生時代にはしっかり勉強するべきなのです。
親は歳の順ですから先に引退し、いなくなっていくわけです・・

わが子が自分の力で自分の道を切り開き、生きていって
もらわなければならないのです。
そうであるならば、親も覚悟を持って子育てに臨まなくてはならないのです。


知育、徳育、体育とあります。

なかには部活、部活、クラブチーム、スポーツ少年団・・・
一番の優先事項は部活やスポーツになっている子もいます。


部活を引退するまでは土曜日も日曜日もなし~
部活が最優先・・・先生方も大変ですが・・
部活至上主義ですね

なかには部活を三年間続けると高校入試に有利などと
いったお話もあるようですが・・・
やらないよりは・・・・程度でしょうか・・
ただ、そのレベルが全国レベルだと話しも違います。

そこでは基本的に、部活と勉強の両立をはかるわけですが
多くの子供たちにとっては難しいようです。
そのスポーツや部活で全国に行けるような子は
生きていく道もあります。
ただ、多くの場合は、部活やクラブチームに引っ張られて
勉強は二の次になっているようです。

塾屋の立場では「部活と勉強、同じだけ力を入れてね~」
なのですが、なかなかそうはいきません。

部活、クラブチームを頑張っても「学力」がなければ
苫東や苫南には入れません。
優先順位をどこにおくのかといった問題ですが、
そのあたりを親としてどうしたいのか?
それが一番大切になってきます。

部活が一番ならばそれも良しです。
それは各ご家庭の考えになってきますので
私どもがあれこれ言うべきことではありません。
しかし、「それじゃ、こまるな・・・」とお考えになるなら
勉強させればいいのです。

青葉塾では昨日、土曜日、一回目の期末対策でした。
1組は必修、午後2:00~6:00
2組は部活生、午後6:30~9:30
そして栄光の3組~!これは希望者です。
午後2:00~9:30,お弁当持ちです。

私なら、わが子が300点も取れないようなら
無条件で3組~です。
問答無用です。
できないならば勉強するしかないからです。

できない子ほど・・・

「家でやるから・・・」とか
「塾は集中できない・・・」とか
「テスト前は自分でやるから・・」とか

もっともらしい理由をつけて来ません・・・

親も、わが子に気兼ねして・・
勉強しているようだし・・・

となるのですが・・・
それで400点、450点も取ってくるならばいいでしょう・・
まあ、無理です・・・

その2では、できるためには「勉強させること」です!
部活があってもその間隙をぬって塾に送り届け
勉強させることです。
わが子の「勉強するから・・」を信じてはいけません~



一日一回、応援のワンクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
# by Topzemi-aobajuku | 2017-11-05 17:30 | 大野木塾長 | Comments(0)